Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「スペクトラム」って言われてしまうと返す言葉はなかったりするんだけどとりあえず面白そう

公開日: : 心理・精神医学本

最近チェックしていなかったんですが、気づいたら『現代のエスプリ』の最新巻が出てました。
個人的には「スペクトラム」を連発する臨床家に会った時には俺シグナル(何か危険を察知した時に頭の中で鳴るような気がする)が警報を発したりするわけですが、それはそれで興味深いことであるわけで。

スペクトラムとしての軽度発達障害 1 (1) スペクトラムとしての軽度発達障害 1 (1)
石川 元

至文堂 2006-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

編集が石川元氏ということで、以前ご紹介したこの辺の流れになりますかね。

アスペルガー症候群を究める I  現代のエスプリ (No.464) アスペルガー症候群を究める I 現代のエスプリ (No.464)
石川 元

至文堂 2006-02
売り上げランキング : 184685

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アスペルガー症候群を究める II  現代のエスプリ (No.465) アスペルガー症候群を究める II 現代のエスプリ (No.465)
石川 元

至文堂 2006-03
売り上げランキング : 129323

Amazonで詳しく見る by G-Tools

目次を見る限り、かなり面白そうです。

【目次】
■座談会/「軽度発達障害」は教育と医療とのインターフェイスになりうるか
(上野一彦/横山浩之/中根 晃/石川 元)
■スペクトラムと呼ばれるファントム
・統合失調症スペクトラム障害の「スペクトラム」とは何か (阿部隆明)
・自閉症スペクトラム障害説―援助対象が「スペクトラム」でなければならない理由 (佐々木正美)
・スペクトラムとしてのチック障害(斉藤卓弥)
・重ね着症候群と軽度発達障害(衣笠隆幸)
■微細脳損傷―言語性・非言語性学習障害―軽度発達障害は纏綿たる奔流か
・微細脳損傷・微細脳機能障害の今日的意義 (星野仁彦)
・DAMP症候群と軽度発達障害 (平林伸一)
・「軽度発達障害」という「診断」を設定することで発見されるもの、隠蔽されるもの (生地 新)
・ADHDは発達障害か? (原 仁)
・いわゆる軽度発達障害に境界知能/軽度知的障害を加えるかどうかと言う背景 (小枝達也)
・LD・ADHDを発達障害に含めない見解について (磯部 潮)
・なぜ軽度発達障害という名称が用いられないのか (島 治伸)
・発達障碍とは何か―関係発達の視点による「軽度」の再検討 (鯨岡 峻)
・インターネットにおける軽度発達障害 (吉川佳余)
■マージナルな知力
・通常の学級において不適応を来す境界知能・軽度発達障害(1)―学業上の問題 (長尾圭造)
・通常の学級において不適応を来す境界知能・軽度発達障害(2)―クラスメートとの問題 (長尾圭造・北畑 歩)
・高校・短大・大学での軽度発達障害の現状及び対応策 (佐藤克敏)
・通常の学級を卒業し運転免許も取得している―成人後に顕在化した発達障害について (市橋香代)
■関連障害と近接領域
・子どものうつと軽度発達障害 (傳田健三)
・てんかん/異常脳波と軽度発達障害 (川崎葉子)
・摂食障害と軽度発達障害 (井口敏之)
・軽度発達障害と児童虐待との微妙な位置関係 (田中康雄)
・反抗挑戦性障害/行為障害と軽度発達障害 (原田 謙)
・不登校と軽度発達障害―アスペルガー障害を中心に (塩川宏郷)
・青年期のひきこもりと発達障害 (小林真理子・近藤直司)
■矯正から学ぶ
・少年犯罪と軽度発達障害―家裁調査官の視点から (藤川洋子)
・発達的な視点を導入した矯正教育の取り組み (品川裕香)

教育・医療に関わらず、心理臨床家ならば読んでおきたい一冊ではないかと。
「スペクトラムって何?」という私と同レベルの人も、日頃の臨床実践の中でバリバリ発達障害に関わっている人も、それぞれの視点で新たな知見が得られるのではないかと思いますよ。
私は購入決定です。

1日1回クリックして、順位確認後、飛んだ先からまた当ブログに戻ってきていただけると大変うれしかったり学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑