Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

ドラゴンボールに学ぶフリーター・ニート問題とスクールカウンセラー

公開日: : スクールカウンセラー

ネット上では散々話題になっていて今さら…的な感じはないわけではありませんが、思うところがあってご紹介。最初のネタ元は…たぶん2ちゃんねるのニュー速VIP
フリーザ様に学ぶフリーター問題
セルゲームに学ぶ「再チャレンジ支援税制」
孫一家に学ぶ「就職氷河期」問題
三井寿に学ぶ派遣社員問題
戸愚呂面接官に学ぶ中途採用基準
仙水忍に学ぶ公務員制度
ドラゴンの騎士に学ぶパラサイトニート問題
大魔導師ポップに学ぶ新卒の重要性
これが30過ぎた男の月収なのか
ワムウに学ぶホワイトカラーエグゼプション
ダービーに学ぶ就職氷河期前後における学生の待遇
『フリーザ様に学ぶ~』などはスクールカウンセラーで食いつないでいる臨床心理士資格保持者にとっては他人事ではないのでは?(どこで働いていたって不安定な職ですし、私も他人事ではないんですけどね)


スクールカウンセラーと言えば、こんなニュースもあったりして。
いじめ対策に14億円増 早期発見などに取り組み(中国新聞)

全国で子どものいじめによる自殺が相次いだことを受け、二○○七年度予算財務省原案では、いじめの早期発見のための調査研究費や、スクールカウンセラーの配備など、文部科学省関連でいじめ問題対策に前年度比十四億円増の六十二億円が認められた。いじめの実態を把握するため、緊急カウンセリングを行う費用など、本年度三十一億円の補正予算案も組んだ。
財務省などは「万全の措置を取る」としているが、いじめ問題の解決に特効薬はないとされるだけに、これらの対策がどれだけの効果を上げられるかは未知数だ。
いじめや不登校などで児童生徒の心のケアを行うスクールカウンセラーの配置には四十一億円、二十四時間三百六十五日対応できる電話相談の態勢構築に九億円がそれぞれ認められた。
また、いじめの未然防止や早期発見のための取り組みを研究する新規事業と、子どもや親の相談にあたる教員OB、警察官OBの小学校配置にそれぞれ五億円、不登校の児童生徒への支援を行うNPOなどへの委託事業に一億円が付いた。
補正予算案では、年度内に小学五年から中学二年までの全児童生徒を対象にカウンセリングを行って、いじめの実態把握を行うため、カウンセラーや相談員を緊急配置する費用二十三億円、電話相談態勢の強化に七億円が盛り込まれた。
また、法務省関連では、いじめや虐待などの相談を人権擁護委員が電子メールで受け付けるシステムづくりのため、補正予算案に三千四百万円を計上した。早ければ○七年度から運用を始める。

んー…一律に増やすことで、使えないスクールカウンセラーの相対的増加に繋がらなければいいのですが…。
結局は個人の力量次第であるということを常に意識したいものです(とか言うと、お前の力量は高いのか?って人がいたりしますので、先に「そんなことは言っておりません」と言っておこう)。
結局、スクールカウンセラーはどこまでいっても、ぶっちゃけ「フリーター」でしかないわけで基本的な待遇の改善ってのも必要だと思うのですよね。単に数を増やすのではなく、できるだけ良い人材を確保できるようなお金の使い方ってのはないものなのですかね?
さてさて…どうなることやら。

1日1回クリックして、順位確認後、飛んだ先からまた当ブログに戻ってきていただけると大変うれしかったり学問・科学ランキング

関連記事

教室の黒板

公立学校教員の業務の一部をSCが担うのは可能なのだろうか?

少し前のブログ記事ですが、こちらなかなか興味深かったです。未読の方、まずは読んでみてください

記事を読む

教室

スクールソーシャルワーカーについてよく理解できた気がする件

13/10/17のエントリ、スクールソーシャルワーカー関連の新聞連載を読んでみて考えたことで

記事を読む

SC推移

改めて考えてみる。スクールカウンセラーの時給は適正?

※上記図表はあくまでも「イメージ」であり、当エントリで主張している内容とは直接関係はありません…

記事を読む

NHK@首都圏 SCニュース

東京都がスクールカウンセラーを全都立小中学校・高校に配置の方向

twitterでこんなニュースを発見。 【ニュース】いじめの問題が深刻になるなか、東京

記事を読む

no image

カウンセラーの聞き取り転用 「他者に開示してはならない」…の背景をまとめてみた

11/10/15の記事、カウンセラーの聞き取り転用 「他者に開示してはならない」…って当たり前じゃん

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さん、トラックバックいただきありがとうございます。
    スクールカウンセラー予算の四十一億円は、今年度とだいたい同じですね。平成19年度から削減される(または一般財源化される)予定だった予算が、削減されなくなったということのようです。私どもの県では、次年度は、今年度並み配置と聞いております。
    その24時間電話相談は、私どもの県ではクリスマスイブから始めます。県内の臨床心理士を総動員してシフトを組んでおりますが、なかなか人手が足りません。私も年明け早々深夜帯を担当します。時給はアルバイトの看護師さんぐらいです。
    >できるだけ良い人材を確保できるような
    >お金の使い方
    本当にそうですね。がんばった人に、何かごほうびが出るようなお金の使い方ができないかなと思います。たとえば、スクールカウンセラーの中で、実践研究を論文にして、その論文が良かった人には奨励賞が出て、次年度に研究費がもらえるというような、そんなことを期待します。

  2. >んー…一律に増やすことで、
    >使えないスクールカウンセラーの
    >相対的増加に繋がらなければ
    >いいのですが…。
    という問題よりも、今となっては
    >ぶっちゃけ「フリーター」でしかないわけで
    >基本的な待遇の改善ってのも必要だと
    >思うのですよね。
    これがなければ、よい人材が居ても、流出は避けられないのですよね。確保困難というか。未来に続かないのだったら、意味なしだとも思えるのですが。
    ちなみになぜがうちのblogからロテさんの所にTBが発信出来なくなりました。
    なにかしはったんですか
    それとも仕様?(苦笑)

  3. >んー…一律に増やすことで、
    >使えないスクールカウンセラーの
    >相対的増加に繋がらなければ
    >いいのですが…。
    という問題よりも、今となっては
    >ぶっちゃけ「フリーター」でしかないわけで
    >基本的な待遇の改善ってのも必要だと
    >思うのですよね。
    これがなければ、よい人材が居ても、流出は避けられないのですよね。確保困難というか。未来に続かないのだったら、意味なしだとも思えるのですが。
    ちなみになぜがうちのblogからロテさんの所にTBが発信出来なくなりました。
    なにかしはったんですか
    それとも仕様?(苦笑)

  4.  思うに,一定の力量を持った臨床心理専門職を量産することはできないわけです。
     だから,すべての中学校・高校に一定の力量を持った臨床心理専門職を配置することは,現実的には難しいと思います。
     個人的には,臨床心理学を学んだ教員を各学校で教育相談担当として配置しておく。「心の教室相談員」等のボランティアも積極的に利用する。
     臨床心理専門職は都道府県教育委員会で数名常勤配置しておき,各学校に対してアドバイスを行う,又は学校で対応しきれないケースについて直接対応する…という辺りが現実的かなと思ってます。
     また,学校で起こっている子どもの問題はすべて心理的問題に由来するとは限らないし,たとえ心理的問題に由来していても臨床心理学的手法によってのみ解決される訳ではないので,例えばスクールソーシャルワーカー等違う分野の専門家を導入することも考えていいのではないかなと思ってます。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑