Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

子どもの絵と心の発達

公開日: : 心理・精神医学本

最近、うちの娘にいたく好かれております。次の日が土曜日だとわかると、母親に「お父さん明日いる?」と聞きます。そんな言われたら土日に研修とか行けないじゃん!と思ったりもするわけですが、でもうれしいものです。時間がある時はたっぷり遊ぶようにしています。
で、よく一緒に絵を描いたりするんですが、これがまた面白いです。
最近、仕事上でも描画に凝ってたりするので…っても解釈的な視点で娘の絵を見るはずもなく、単に「うまいなぁ(はぁと)」と喜んだりしてるだけだったり。
でも発達的な観点から見たりはするわけです。
で、前にもちょろっと紹介しましたがこの本です。

子どもの絵と心の発達 子どもの絵と心の発達
モリーン・V. コックス Maureen V. Cox 子安 増生

有斐閣 1999-08
売り上げランキング : 360584
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


訳本であり、多少の文化差はあるのかもしれませんが、3歳児くらいだと文化差よりも発達水準の影響が大きいと思われるので(←この辺は根拠レス)、十分に参考になります。
で、人物画なんかを見たりすると、ちょっと前までは誰に教えられたのか「身体のある人」を書いていたので「ひょっとして天才じゃね?」とか思ってたりもしたわけですが(←親バカ)、最近は年齢相応の「頭部から手足の出た人」、いわゆる「頭足人」を描いてまして、「トンビはタカを産まないねぇ」と冷静になってみたりする次第。
実際、「頭足人」の段階の子どもでも指示すると身体はかけたりするのですよね。ってのは実際そうらしいです。上記の本を見るとその辺の発達過程がわかりやすくまとめられています。
もっとコンパクトにまとまっているのが欲しい!って人はこちらなんかどーぞ。

子どもの絵は何を語るか―発達科学の視点から 子どもの絵は何を語るか―発達科学の視点から
東山 明 東山 直美

日本放送出版協会 1999-07
売り上げランキング : 76396
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新書なんでさらっと読めますが、大事なポイントはしっかりおさえているので「子どもの絵」の心理学的考察の入門編としては最適かと。
そしてどちらの本も最後の章は「子どもの絵に対する対応」「絵の教え方」を扱っています。これは専門家以外にとっても参考になると思います。私は…子どもと一緒に絵を描くのが楽しいので、それで十分だったりもするわけですが。とりあえず褒めるのは大切ですよね。
何かの参考になれば幸いです。

そして1日1回クリックして、順位確認後、飛んだ先からまた当ブログに戻ってきていただけると大変うれしかったり。学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑