Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

鳥取大学医学部が「臨床心理学分野」を設立

公開日: : 臨床心理学

07/01/05のエントリ、浜松医大・阪大・金沢大・中京大の連合大学院「子どものこころ発達研究科」でもちょこっと触れた話題なんですが、鳥取大学医学部の大学院医学系研究科保健学専攻修士課程に「臨床心理学分野」が設置されることが決定したようです。
全国初 鳥大医学部が「臨床心理学分野」を新設(日本海新聞)
記事よりコピペ。

鳥取大学医学部(鳥取県米子市西町)の大学院医学系研究科保健学専攻修士課程に「臨床心理学分野」が、二〇〇八年度に新設されることが四日、分かった。臨床心理士が不足している県内の現状が背景にあり、医療系の大学院では全国で初。
同日、鳥取市内で開かれた同大学と鳥取県教委の意見交換会で明らかになった。
同分野は臨床心理士の養成を目指すもので修業年限は二年。井上貴央医学部長は、医療が多様化する中で精神・心身医学でも臨床心理士の役割が増していると指摘。「ニーズが非常に高い。入学定員など募集要項を近日中に発表したい」と説明した。

これ…いわゆる「指定大学院」であるとは明言されていないんですが、一応文脈的には指定大学院ってことでいいんですかね?
役割が増しているというのにはまあそれなりに同意しますが…お決まりの「ニーズが非常に高い」ってのはやっぱりどうなんでしょうかねえ?

県教委も悩みを抱える生徒の増加に対応しようと本年度、臨床心理士の資格を持つ常勤の教育相談員二人を公募したが、一人しか採用できていない。県教委の山口和彦参事監は「県内で有資格者が少なく、県教委も配置に苦労している。臨床心理学分野の新設は非常に心強い」と歓迎した。

とあるように、ニーズが高いのに人がいない…というよりは、臨床心理士有資格者が都市部に集中し、仕事が極端に少ないのと対照的に、地方では極端に有資格者が少ないという「格差」が根本的な問題なのではないかと思いますよ。つか、「医療の地域格差」なんて問題は近年かなり顕著になってきているわけで。
臨床心理士においても顕在化してきた地域格差を是正するためには、地方で心理士の養成課程を増やすよりも都市部から地方へ心理士が異動しやすい体制を作った方がいいんじゃないか…とも一瞬思ったのですが、それはそれで難しいことがたくさんありそうです。
当然のことながら都市部での方が研修やSVを受ける機会が多いでしょうし、特にぺーぺー心理職にとってはその辺は死活問題になってきます。んで、地方に住む方が都市部よりはお金がかからないとは言え、転居するにはお金が必要だしペーペーにその資金が捻出できるのかというと…
うーん…。
ともあれ、医学部の中に心理士養成課程ができるということは色々な意味で良いことですし、注目に値すると思います。鳥取大学の今後に注目したい次第であります。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると感謝感激でございます学問・科学ランキング

2007/06/06 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑