Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【男性なんすけど】女性心理臨床家のためのQ&A【いいっすか?】

公開日: : 心理・精神医学本

以前、倫理がらみの話題を取り上げた時に書いたような気もするのですが…って検索したんですけど見つからなかった…ホントに書いたのかな?まあいいや。
倫理的観点に基づいて「心理臨床に携わる人間が何をしてはいけないのか」「心理臨床に関わる人間がどう行動すべきなのか」ってことは具体的に決めることって、本当は必要ないと思うのです。
「自分が誰のために、何のために今行動しているのか?」を考えれば、その場面場面でどう振る舞うのかっては自ずから決まってくるものだと思うのですよね。
例えば、自分が今受け持っているあるクライエントのことをブログに書くなんて(実名等の個人情報が明かされていないとしても)言語道断なわけですが、それって結局、そうすることがそのクライエントにとってプラスにならないってことを考えれば、わざわざ「~してはいけません」なんて言われなくても気づくはずです。
てか、それに気づかない人間は何を考えてるのか?って感じなんですが…
…なんてことを、この本を読んでふと思い出した次第。
bn583.jpg

女性心理療法家のためのQ&A 女性心理療法家のためのQ&A
心理療法研究会 岡野 憲一郎

星和書店 2007-07
売り上げランキング : 17272

Amazonで詳しく見る by G-Tools


出版社のサイトの紹介文よりコピペ

あなたなら、どの治療法を選ぶ?


「これは困った!」という治療場面に対して、どのような対処法が考えられるのか?


心理療法家が治療中に体験する様々なとまどい、疑問についてお答えします。実際に困った場面であわてないためには、たくさんの対応の仕方を心に描いておくことが役に立ちます。そのため本書では、1つのQ(質問、疑問)に対してたくさんのA(答え、対応の仕方)を用意しました。ほのぼの笑える四コマ漫画付き!

四コマ漫画は今ひとつ笑えなかったりもしますが、おおむね妥当な(っつーか著者を見ればまともな本なのはわかりますわな)内容です。

「え,えっと…」 返答に困るQ&A

Q1 「私って何クサイですか?」と迫られたら?

Q2 患者さんがあれこれ質問攻めにしてきたら?

Q3 不潔恐怖の患者さんから握手を求められた!

Q4 終了間際に「最後に1つだけ,どうしても…」と言われたら?

Q5 引きこもりなのに「第二のイチロー」になる夢ばかり語られたら?


「え~,そんなぁ…」 不満を言われたときのQ&A

Q6 「話すことはない」と患者さんがだんまりを決め込んだら?

Q7 「面接の終結が不満だ。確かに最初の目標は達成したけれど…」と言われたら?

Q8 「こんなにひどい扱いをされたことはありません。やっぱり前の先生のところに戻ることにします!」と言われたら?

Q9 「困った時にすぐに具体的に助けてくれない先生とは話したくありません!」と言われたら?

Q10 主治医への不満を並べられたら?

Q11 男性患者さんに「女には頼れない」と言われたら?




…とまあ、ありがちな(そして結構困りそうな)質問が並んでおり、それぞれの質問に対する回答も非常にわかりやすく的確です。男性である私もおもしろく読めましたし、男性としても同じような質問をされた時にどう答えるべきかの参考には当然なります。
同じような内容(ありがちな質問に対する回答例)はこの本にも載っておりましたが

心理臨床家の手引 心理臨床家の手引
鑪 幹八郎 名島 潤慈

誠信書房 2000-12
売り上げランキング : 59610
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

それよりもさらに詳しい感じでグッドでございます。
…で、冒頭の倫理うんちゃらの話に戻るわけですが…
確かにいずれも困りそうな質問ではありますが、面接場面で何が起こっているのか、何を目標としてそのためにこれまで何をしてきたのかがはっきりしていれば(つまりアセスメントをきちんとして、見立てがしっかりとできていれば)、実はそれほど困る質問でもないのではないかと思ったりもします
いや、「おまえはできてんのか?」と言われたら半笑いになってしまう俺ガイルわけですが、少なくともそれが必要であることはわかります。
この『女性心理臨床家のための~』は一問一答式で非常にわかりやすいがために「なんかわかっちゃったような気になっちゃう」危険性を危惧する次第であります。
もちろん、ちゃんと考えて自ら回答を導き出すことができるような人にとっては非常に有益な本でしょうし(でもそういう人に必要なのかな?)、私程度が危惧するようなことは踏まえた上で単なる一問一答で終わる本にはなっていないのだとは思います。
とりあえず馬鹿みたいに高い本ではないですし、気軽に読めちゃう内容ですので、気になる方は手に取ってみると吉。
ちなみに

「いざという時,頼りにしてます!」 スーパービジョンに関するQ&A

Q31 スーパーバイザーにドタキャンされたら?

Q32 スーパーバイザーを怒らせてしまった!

なんて辺りをぶっちゃけて書いてあるのはなかなかおもしろいかも。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると大変ありがたかったり学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. この本面白そうですね。
     私も以前なら(HOW TOなんて所詮・・)と、斜に構えていたものです。
     とはいえ、最近はよく考えて対応しているけれども目を白黒させている、というよりも、どこかで聞いたことでいいからぱっと反射的に自信をもって対応できた方がいいかもしれない、と思うようになりました。
     経験をつんでいても、ぱっと来ない時ってありますし。
     またいい本を紹介してくださいね。楽しみにしています。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑