Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【タイトルが】心理学を変えた40の研究【キャッチーよね】

公開日: : 心理・精神医学本

Amazon.co.jpで最近見つけたこの本、大変気になっています。

心理学を変えた40の研究―心理学の“常識”はこうして生まれた 心理学を変えた40の研究―心理学の“常識”はこうして生まれた
ロジャー R.ホック 梶川 達也 花村 珠美

ピアソンエデュケーション 2007-05-16
売り上げランキング : 54776

Amazonで詳しく見る by G-Tools


Amazon.co.jpの紹介文よりコピペ

出版社/著者からの内容紹介

心理学史において、「最も有名」かつ「最も影響を与えた」学説40を、生物学とヒトの行動(ガザニガ他)、知覚と意識(ターンブル他)、学習と条件づけ(パブロフ他)、知能・認知・記憶(ロフタス他)、人間の発達(ピアジェ他)、情熱と動機づけ(マスターズ他)、パーソナリティ(ロッター他)、精神病理学(フロイト他)、心理療法(ロールシャッハ他)、社会心
理学(ラピエレ他)など、10の主要な心理学カテゴリーにもとづき分類。

出版社からのコメント
「心理学を変えた40の研究」は、現代における心理学テキストでの解説と発見当時の個々の実験の過程や興奮との間に潜む、それぞれの学説における解釈上の「ギャップ」を埋め合わせようとした書籍です。我々の行動に関する知識を根底から変え、新たな心理学研究の分野を切り開いた一大発見について、「インサイダー」の観点から見ることができる、心理学のルーツをより深く探るには最適の1冊です。

ね?面白そうじゃないですか?
なか見!検索でちょろっと内容も見ることもできるのですが、それを見る限りでは読み物として面白そうですし、自分の専門分野以外だと結構知らない話もありそう。
概論の講義をしてる教員の方々にとってはネタも拾えるかもですよ。
で、出版社がちょっと耳慣れないところだったりするのですが…
Pearson Education Japan
語学教材とかIT関連の書籍をメインに取り扱ってるところみたいです。
ってなわけで興味のある方はどぞー。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると大変ありがたかったり学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. おはようございます。
    この本の原著”Forty Studies That Changed Psychology”が,学部1年生のときの教科書のうちのひとつでした。
    「専門用語だと思うところに印をつけてくること」というのが先生からの最初の宿題でしたが,自分も含めて全然見当違いな部分をマークしていたのを懐かしく思い出しました。
    邦訳はまだ読んだことがないのですが,原著の方は研究を理解するために役立つイントロダクションが読みやすく,「心理学を勉強した」と言うのに最低限必要だと思われる主要な研究をざっくりと把握できて,個人的にとても良い本だと思います。
    今でも職場の机に置いて,時々パラパラめくっています。

  2. >Nateさん
    コメントありがとうございます。確かによさげな本です。欲しいです。
    > 「心理学を勉強した」と言うのに
    > 最低限必要だと思われる主要な研究を
    > ざっくりと把握できて,個人的にとても良い本だと思います。
    理論については詳しく書いてあっても、その研究の詳細については意外にわからなかったりするので、こういう本は貴重かもしれないですね。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑