Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【ジャケ買い】パオロ・マッツァリーノ著『反社会学講座』【最高!】

公開日: : 雑記

先日一人で夕食を食べる機会がありまして、メニューは「牛丼」一択なので迷う余地はなかったのですが、「一人飯には何か読むものが必須」な私は「食事の友」の一冊を探してたんですね。
※もちろん何か読みながらお食事するというのはお行儀の悪い行為なのはわかっているのですが、まあケースバイケースですよね。一人じゃなきゃそんなことしませんし、それなりのお店ではやっぱりそんなことしようとは思いません。つか、それなりにお店に一人で行くシチュエーションってのはあまり思い浮かばないわけですが。
で、この本見つけて思わずジャケ買いですよ。

反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1) 反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)
パオロ・マッツァリーノ

筑摩書房 2007-07
売り上げランキング : 7078
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


元々はこちら↓のサイトの内容を書籍化したもので、今年の7月に文庫版が出たみたいです。
スタンダード 反社会学講座
吉田戦車の絵に惹かれてのジャケ買いだったわけですが、思わぬ拾いものって感じでした。
Amazon.co.jpの紹介文よりコピペ

オトナ社会の紋切り型にメスを入れる「反常識の知」。面白くってタメになる、禁断の知的エンターティンメント!反社会学の目的は二つです。第一に、社会学という学問が暴走している現状を批判すること。第二に、不当な常識・一方的な道徳・不条理な世間体から人間の尊厳を守ること。

てなわけで、多くはネット上で既に語られている内容ではありますが、これを「読ませる文」としてまとめる力はすごいっす。深い内容を扱っていながらも、それこそ「食事の友」としてサクサク読める本になってます。
目次はこちらです。

第1回 なぜ社会学はだめなのか



第2回 キレやすいのは誰だ



第3回 満足ですかー!



第4回 パラサイトシングルが日本を救う



第5回 公平な社会を作るバカ息子



第6回 日本人は勤勉ではない



第7回 続・日本人は勤勉ではない



第8回 フリーターのおかげなのです



第9回 ひきこもりのためのビジネスマナー講座



第10回 ふれあい大国ニッポン Part1 データで読むふれあい



第11回 ふれあい大国ニッポン Episode2 ふれあいダークサイドの歴史



第12回 本当にイギリス人は立派で日本人はふにゃふにゃなのか Part1 イギリスの若者に説教の巻



第13回 本当にイギリス人は立派で日本人はふにゃふにゃなのか Part2 欧米の労働者よ、真面目に働けの巻



第14回 本当にイギリス人は立派で日本人はふにゃふにゃなのか Part3 欧米の大学生は本当に自立しているのかの巻



第15回 学力低下を防ぐには



第16回 それでも本を読みますか



第17回 夏季限定首都機能移論



第18回 スーペー少子化論争 Part1 スーペーさんが語る少子化の神話



第19回 スーペー少子化論争 Part2 少子化のせいじゃないと、私、困るんです! 経済・労働力編



第20回 スーペー少子化論争 Part3 少子化のせいじゃないと、私、困るんです! 年金・働く女性編



まとめ 渡る世間は自立の鬼ばかり

てな感じなんですが、全編ハズレなし!ですよ。
もちろんこの方、パオロ・マッツァリーノさん(生粋の日本人らしいです)のおっしゃっていることが全て正しいってわけじゃないですし、全部鵜呑みにして思考停止したまま読んでたら危険なんですが、色々考えるヒントにはなるかも…って堅苦しいことを言わずとも、とりあえず面白いので読んでみるのが吉です。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると大変ありがたかったり学問・科学ランキング

2007/09/18 | 雑記

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

くっそ忙しい

くっそ久しぶりの更新でいきなり「くそ」だなんて、アテクシとしたことがなんてはしたない…

記事を読む

テンピュール枕

ねーむーいー

超絶眠いです。ネタはあるのに、今日はもうブログを書くのは無理かもしれません。 せっかく

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑