Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

自己愛の傷つきを避けるために研究しない人と自己愛を満たすために研究する人

公開日: : 研究と臨床

関連するっぽいエントリは多分こちら。
臨床経験長いけど業績ゼロってヤバくね?(06/08/16)
臨床経験長いけど業績ゼロって人にとっての「批判されること」(07/09/03)
上記リンク先では「臨床経験長いけど業績ゼロって人の中には自己愛が傷つくことを恐れて研究してない人が少なからずいるのではないか?」という話をしたんですが、その逆もいるのではないかと思うのですよ。
「自己愛を満たすために研究してる」って人もいるのではないか?と(…「逆」かどうかは自分で書いてて微妙…まあいいや)。
これってどうなんでしょ?


実際、いると思うんですよ。例えば、他者から認められたいから…なんて理由で研究する人。つか、「お前が研究する動機としてそういうのが全くないのか?」と聞かれたら、「全くないです」と断言する自信ははっきり言ってないです。
んでもぶっちゃけ「全く(研究)やんないよりはまだマシじゃね?」とも思うのですよね。
基本的にどんな糞研究(この場合の「糞」は研究の内容ってことで)でも、私はやんないよりはマシだと思うのです。その糞研究に対する批判から何か有効な知見が得られる可能性もありますし、あるいはその糞研究が発端となって、内容的な進展が良い研究に繋がる可能性もあります。
どーせほとんどの研究はアレなわけですから(スタージョンの法則?)、だったら「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ってことで、出来るだけ多くの人が出来るだけ多くの研究をした方が、結果的に(どんなに糞研究が多くとも)その学問の発展に繋がるのではないかと。
…って今、過去ログ読み返してみたら、既に同じようなこと書いてるなぁ>自分
「役に立たない研究」は存在するのか?(05/09/26)
もちろん「自己愛を満たすために研究するのって別にいいんじゃね?」とは言っても、クライエント(or 被験者)に迷惑をかけないのが大前提になるわけですけどね。当然それは臨床系に限らず、ネズミさんを使ってる研究なんかでも無駄にネズミさんの命を奪って良いわけではありません。当たり前の話ですが(この辺も既に過去ログで触れてますわな→「データをムダにしない」ってことから考えてみる(06/05/01))。
あと、糞研究ってもあくまでも糞なのは「内容」についてであって、論理展開だったり方法論だったりはそれなりにまともなものである必要があるってことも前提条件ではあります。
で、結論は「研究がんばろうよ>俺」ってことなのでありました。(真面目に話せばそれだけじゃなく、こういうことを考えるのは職業的なアイデンティティとか資格問題について色々考えることにも繋がると思うわけなのですけどね)。
今日も色々とがんばりたいと思います。
※全部書いた後に読み返してみたら、「自己愛の傷つきを避けるために研究しない人」については全く言及してなかったわけですが…まあいいや。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると大変ありがたかったり学問・科学ランキング

2007/10/22 | 研究と臨床

関連記事

東大赤門

大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目指さない方が良い?

そんな暴論、誰が放った? 「大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目

記事を読む

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (14件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. Clを傷つけてない、方法論間違ってないと言い張れる時点で別に「糞研究」ではないと思いますが。糞つながりでこんなことになる心配も。
    糞研究増える→ジャーナルは糞研究だらけ→ジャーナルが糞になる→研究すること自体が糞になる→研究に手を出すだけで糞まみれ

  2. ”研究をなりわいとする方”なら自己愛を満たすために研究してもよいと私は思います。
    科学者から芸術家よりになってしまって、批判の多いところかもしれませんが。
    Clは傷つけてない、とは言っても、読まされる(聞かされる)側の身にもなってくれよ俺の時間返せ。という糞論文も多いです。数少ないながら、読む(聞く)側がモチベートされるよい論文もあります。
    最近身につまされたのは、”GIGO”という略語で、
    ”Garbage In, Garbage out”
    ということばの頭文字だそうです。
    ”ゴミのようなデータからはゴミのような結果しか出て来ない。ゴミ研究は他のゴミ研究に引用され、ゴミが増殖する”
    という意味だそうです。

  3. >うーんさん
    コメントありがとうございます。
    > Clを傷つけてない、方法論間違ってないと
    > 言い張れる時点で別に「糞研究」ではないと思いますが。
    あー…確かに「糞」は言い過ぎですね。「つまらない研究」と言い換えてもいいかもです。
    単に自分が興味ないだけかもしれませんが、「方法論が間違ってなくて倫理的にも妥当な研究だけどつまんない」ってことはあるんじゃないかと思うんですよね。
    「で?何がいいたいの?」みたいな…。
    > 糞研究増える→ジャーナルは糞研究だらけ→
    > ジャーナルが糞になる→研究すること自体が糞になる→
    > 研究に手を出すだけで糞まみれ
    ジャーナル1冊の中に1個でも宝石があればそれでいいんじゃね?なんて私は思うわけですが。打率1割でも当たれば、それだけでそのジャーナルの存在意義はあるように思います。
    あくまでも私個人の意見ですけどね。

  4. >さんちゃんさん
    > ”研究をなりわいとする方”なら
    > 自己愛を満たすために研究してもよいと私は思います。
    さんちゃんさんはご存じないかもしれませんが、そもそも「臨床心理士」という資格の中には、その業務として「調査・研究」というのがしっかり入っているんですよ。
    > 数少ないながら、読む(聞く)側が
    > モチベートされるよい論文もあります。
    ですから、どうせそういう論文の割合は少ないのでとりあえず「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」方式で「まず研究する」ってことが重要なのではないか?というのが私の意見です。
    もちろん、前に書いたように被験者(or クライエント)への倫理的配慮がなされており、方法論や論理展開などが妥当なものであることが前提条件になるわけですが。
    …となってくると、読む側の「文献検索スキル」次第な部分もあるなぁという気がしないでもありません。

  5. 1割が宝石なら全然糞ジャーナルではないと思います。
    というか、今私が読んでるジャーナルの「宝石率」はそのくらいだと思う。
    糞でもいいからとりあえず研究やっとけ、みたいな空気が醸成されると、1割どころか「何分」とか「何厘」みたいな状態になることを懸念してるわけで。
    そういう状態になると、ロテさんもおっしゃるような文献検索スキルをプロフェッションにするような「お宝ハンター」みたいな研究者(と言っていいのか?)も、生業として成立しそう。

  6. 痛いとこをつかれました(苦笑)
    昨年、臨床心理士の面接試験の際に、臨床心理士の4大業務に沿って、あなたの臨床経歴を述べてください、と尋ねられたのですが、巧くは答えられませんでした(汗)。面接官が助け舟を出してくださって、なんとか合格させていただいたような次第です。
    ただ、4大業務へのウェイト配分は各臨床心理士の裁量に任されていると理解しているのですがいかがでしょうか。
    考えてみると、(僕の指導教官なんかそうでしたが)自己愛を満たしアイデンティティを維持するために指導する教官もいますですね。
    僕は昨年自分のクリニックの患者さんの満足度が知りたくて、調査会社に10数万円を支払い、患者さんに説明して調査票を手渡し集計してもらいました。僕にとってまさにお金を払ってでも知りたい研究です。しかし目的は非常にローカルなものです。
    適用する場面を限定すれば役に立たない研究はない、というロテさんの言説に従えば僕には役に立つ研究ですが、
    どうもロテさんのいう研究とはニュアンスが違うようです。
    一方、開業してから、日本プライマリ・ケア学会という学会でポスターセッションを2年続けて出したのですが、採択率はほぼ100%と思われ、文化祭の出し物と変わりないと言うのが実感でした。
    数打ちゃ当たる、研究しようというロテさんの説を僕もある程度信じていたのですが、先日リサーチ・リテラシーに関する本など読んで、こうした発想はやはりプロの研究者に対して失礼ではないかと思うようになった次第です。
    マスター・キートンでのエピソードはあの天才漫画家が描いてこそ感動を呼ぶのであって、現実に適応できると考えてしまうのはややチルディッシュではないかと思っています。

  7. >Posted by: Anonymous | 2007年10月23日 12:32
    > 1割が宝石なら
    > 全然糞ジャーナルではないと思います。
    臨床系大学院…というかぶっちゃけ指定大学院での教育において、少し研究方面に比重を傾けるだけで、それに近い「宝石率」は達成できるのではないかと思うのですがね。
    前で述べているように、(研究における)被験者・クライエントへの倫理的配慮と論理的思考、そして基礎的な研究の方法論さえ身につけていれば、そんな極端な糞にはならない。
    んで、あとは積極的に研究を奨励しても(=下手な鉄砲でも数撃っても)、そこまで糞率は下がることはないんじゃないかな、と。
    結局のところ、私が今まで述べてきた「理想の養成課程」の話を踏まえてのことであるわけです。
    > ロテさんもおっしゃるような文献検索スキルを
    > プロフェッションにするような「お宝ハンター」みたいな
    > 研究者(と言っていいのか?)も、
    > 生業として成立しそう。
    あ、でもそもそも研究者の能力として「文献検索スキル」って結構大事なような気がします。情報収集と集めた情報の分析…ってな話をすると、それって臨床実践も一緒じゃねーかって話にもなるんですけどね。

  8. >さんちゃんさん
    > 痛いとこをつかれました(苦笑)
    この(苦笑)は何に対しての苦笑ですか?
    > 4大業務へのウェイト配分は
    > 各臨床心理士の裁量に任されていると
    > 理解しているのですがいかがでしょうか。
    それはそうですね。
    ただ、そもそも心理臨床家にとって研究が必要ないと思っているのであれば、4大業務に入れる必要などないでしょう。今現在、それが重要な業務として含まれているその「理念」には私は賛同しており、理念を概念的なものに終わらせないようにするにはどうすればよいのかということを日々考え、ここで研究の重要性を訴えているわけです。
    > 僕は昨年自分のクリニックの患者さんの
    > 満足度が知りたくて、調査会社に10数万円を支払い、
    > 患者さんに説明して調査票を手渡し
    > 集計してもらいました。
    調査研究の素養があればそんな無駄金を使う必要はないと思うのですが…まあ、お金があるって素晴らしいことですね。うらやましい限りです。
    > 数打ちゃ当たる、研究しようという
    > ロテさんの説を僕もある程度信じていたのですが、
    > 先日リサーチ・リテラシーに関する本など読んで、
    > こうした発想はやはりプロの研究者に対して
    > 失礼ではないかと思うようになった次第です。
    そもそも大学院って研究者を養成するためのところですし、そういう意味では大学院を修了したということは「プロの研究者」であると言えると思うんですが…。
    「専門職大学院」の設置の動きもありますが、それに対しては私は一貫して反対しています(「専門職大学院」で過去ログ検索していただければ色々出てくるかと)。
    臨床心理士の業務として「研究」が必要ないというのであれば、大学院修士課程修了を必須条件にする必要はなく、それこそ専門学校でも設置すればいいだけの話です。
    ただ、現状の教育ではとうてい「プロの研究者」を養成するという形にはなっていないため(そして、学生の多くも恐らくはそういったことを自覚していない、自覚できていないため)、それを改善するための教育についての提言をこれまでしてきたつもりです。
    > マスター・キートンでのエピソードは
    > あの天才漫画家が描いてこそ感動を呼ぶのであって、
    > 現実に適応できると考えてしまうのは
    > ややチルディッシュではないかと思っています。
    何でここで突然漫画の例えが出てくるのかよくわからないのですが、別に私は「全ての漫画家は浦沢直樹レベルの画力を持っていなければならない」と言っているわけではないですよ。
    とりあえず業務の中に「漫画を描く」(=研究をする)ということが含まれているのであれば、その養成課程で「漫画の描き方」(=研究の仕方)、それこそ枠線の引き方とかスクリーントーンの貼り方、原稿をどうやって仕上げるのかというそのの基礎だけは教える必要があると言っているのです。
    商業誌には載らないような同人誌レベルでもいいから、とにかく基礎だけはしっかり身につけてもらい、「漫画」という枠から外れないような能力を持ってもらって、それであとは「どんどん描いてくれ」というわけです。
    基礎的な描き方さえそれなりに押さえていれば明らかな糞漫画(ノートの落書きレベル)は減るだろうし、その中からひょっとしたら浦沢直樹レベルの漫画家も出てくるかもしれない…ということですよ。

  9. 文面を呼んだ限りの判断ですから,誤解しているかもしれませんが・・・
    さんちゃんさんがお書きになられた
    > 僕は昨年自分のクリニックの患者さんの
    > 満足度が知りたくて、調査会社に10数万円
    > を支払い、患者さんに説明して調査票を手
    > 渡し集計してもらいました。
    これって,「研究」ですか?単なる「調査」だと思うんですが。満足度調査=満足度に関する研究とはいえないと思うんですが・・・詳細がわからないのでなんともいえませんが。
    さんちゃんさんが「そうか,こういう満足度なんだな,じゃあこれからはこうしよう」と思って,それを実践する,あるいは「満足度が高いから現状のままでいいんだ」と自身の活動を総括する,こういった目的でアンケートをとられたのであれば,それは研究と呼ぶものではないと思います。
    少なくともその結果ならびにその結果に対する解釈(考察)を外部に公表しない限り,それは「研究」にはならないと思います。

  10. なので、「研究」であると見なされる「外部」とはいったい誰なのか、そして研究によってメリットを得るものは誰でどんなメリットなのかということを考えてみたかったのです。
    以下ある(私はとても不快だと感じる医師のブログなのですが)ブログより引用。
    「学会」と聞くと、アカデミックな集まりを連想するでしょう。私もかつてはそうでした。実際は、自分で一流論文を読めないお医者様達を、お勉強をした気にさせ、褒めあって偉くなった気にさせ、箔がついた気にさせる社交場なのです。業界の「社交クラブ」とでも申しましょうか。あと、休診の口実によく利用される、使い勝手の良い用語なのです。日本列島には、「人間ドック学会」まであるのですよ。
     もう私は十年以上、国内学会に出席していない。理由は、1)日ごろから欧米の一流誌を読んでいるから、学会のレベルがあまりにも低く、時間の浪費と感じるようになった。2)医局時代、助教授らが抗生物質メーカーの意に沿うデータを捏造するのを目の当たりにした。その助教授は後に「漢方学会」の会長を務め、科学の威を借り「ニセ科学」を広めた。3)学会とは「専門医、認定医制度」と連携して、医者に証明医療を勉強をさせない制度であることに気づいた、そして、4)「近藤誠」氏の著書に触れてからは、国内学会の敷居がますます高くなった。
     ただ、若い医者が学会発表を経験することは、重要だと思う。要点を整理し、そして簡潔に応答する訓練になるからだ。マイナス面は、学会発表すると達成感を味わえ、それに満足してしまうことだ。また、講演を聴くと「勉強した気になり、演題のレベルが低いこと、所詮、耳学問にすぎない」ことに気づかない。そしてメーカーが情報操作したテーマも多い。経験に照らし、新しい概念や知識を身につけていくには「一流?超一流の英米論文を全訳」するしかない。
    引用終わり。
    ロテ職人さんは関連のエントリで、
    「知りたい、と思う気持ちが動機であってよい、それなら役に立たない研究はない」とおっしゃっていますし、漫画マスター・キートンのエピソードをひいて、「研究がどこで誰に影響を与えるか分からない、だから数だけでも研究をしよう」と述べられています。そのことが現実にもたらすものはなんですかと問いたいわけです。

  11. もう少し踏み込んで言えば、不特定多数に見せかけて(思い込んで)、結局は特定多数を「外部」と感じているのなら、それは自己愛を満たしているだけであって、自身のクリニックの顧客満足度を知り臨床に反映させようとしている方がよほど(自身の)クライエントの役に立っているだろうと考えるわけです。

  12. 枝葉ですが
    >調査研究の素養があればそんな無駄金
    >を使う必要はないと思うのですが
    調査研究の素養があれば、各調査会社の方式の適否や調査にかかるバイアス、どの程度本当に使えるのか、の判断ができます。その意味では調査研究の素養は必要と思われます。

  13. >さんちゃんさん
    えーと…
    > 「知りたい、と思う気持ちが動機であってよい、
    > それなら役に立たない研究はない」とおっしゃっています
    繰り返しになりますが、前提として「クライエント・被験者に(出来る限り)迷惑をかけないこと」「研究の方法論・論理的思考ができていること」というのがあります。
    その上で「知りたい」という気持ちが動機になっていれば「役に立たない研究はない」と言っているのです。
    で、
    > 漫画マスター・キートンのエピソードをひいて、
    > 「研究がどこで誰に影響を与えるか分からない、
    > だから数だけでも研究をしよう」と述べられています。
    とおっしゃっているのと
    > マスター・キートンでのエピソードは
    > あの天才漫画家が描いてこそ感動を呼ぶのであって、
    > 現実に適応できると考えてしまうのは
    > ややチルディッシュではないかと思っています。
    は同じことですか?
    別にあの場面自体は、浦沢直樹の絵ではなくとも内容はしっかり伝わると思います。それで感動するかどうかはまた別の話ですが、少なくとも私は浦沢直樹の絵だったから感動したわけではありませんのであしからず。

  14. ちなみにさんちゃんさんのおっしゃる
    > 漫画マスター・キートンのエピソードをひいて、
    > 「研究がどこで誰に影響を与えるか分からない、
    > だから数だけでも研究をしよう」と述べられています。
    というのは
    ロテ職人の臨床心理学的Blog: 「役に立たない研究」は存在するのか?
    http://blog.rote.jp/2005/09/26-173002.php
    ですね。
    >さんちゃんさん
    > 「研究」であると見なされる「外部」とはいったい誰なのか、
    > そして研究によってメリットを得るものは誰で
    > どんなメリットなのかということを考えてみたかったのです。
    で、考えた結果、さんちゃんさんの中ではどんな結論が出たのか教えていただけますか?
    少なくとも上を読んだだけでは私には理解できなかったので、私の頭でも理解できるように教えていただけたら幸いです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑