Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「良い研究」ってどんな研究なのさ?

公開日: : 臨床心理学

nocteさんの心の探求、あるいは夜の世界の昨日のエントリ、相関分析を読んでふと思い出したこと。当該エントリの内容からはちょっと離れてしまうかもしれませんが。
大学院時代、先輩と話をしていてこのエントリのタイトル通り「良い研究ってどんな研究なのさ?」って話になったのですね。で、その時先輩が言っていたこと…ってなわけで、80%はその先輩の受け売りってことで。基本的に当ブログの大半は受け売りなのでその辺よろしく。あ、ちなみに受け売りの場合はちゃんと引用元だったり、元発言のソースを明記するのは基本的なマナーっつーか、とりあえず受け売り発言をあたかも自分が考えたことのように言っちゃったりしてしまうのは激しくカコワルイと思うわけです。
…って何か脱線しましたが…そう。その先輩の発言です。
よい研究ってのは仮説がシンプルで、変数もシンプルなものなんじゃないか
極端な話をすれば2変数の相関だけで言いたいことが言えるなら、それはすごい良い研究なんじゃないか
うん。私もそう思いますです。


もちろん「2変数の相関で何か言ってる研究」=「良い研究」ってわけじゃないですよ。
できる限り変数を統制してシンプルな仮説を立てた上で、今まで明らかにされていなかったことについて何か新しいことが言えるのであれば、それは良い研究なんじゃないかってことです。
逆に「やたらと変数の多い探索的な研究」はやめようぜとか思うわけです…って同じようなことをこのブログのどこかで書いたような気がしますので検索してみた。
ありました。
「データをムダにしない」ってことから考えてみる(06/05/01)
あー。我ながら良いこと言ってるなぁ(←自画自賛みっともない)。
で、nocteさんとこの昨日のエントリを振り返ってみますと…

学生の中には、多分一定の割合でいるのだろうけど、一生懸命頭を悩ませて研究計画を練って、研究をするのだけど、どうにもうまく考えがまとまらなかったり、説明がすっきりしない学生がいて、今回私のゼミにもそういう人がいた。

それってやっぱ集めたデータ以前の話で、仮説立てる時点ですっきりさせておく必要があったんじゃないかと思うのです。
nocteさんもその辺をわかってらっしゃるからこそ

もちろん、そこでうまく整理できなければ、理想的にはもう一度調査をやり直してみる、というのも手なのだけれども、変数の整理、研究デザインの整理に手間取って、頭を悩ませての調査の実施だったので、それをもう一度というのもなかなか難しい。心理学の専門家を育てるなら、それもありかもしれないけど(後略)

とおっしゃっているのだと思いますし、だからこそとりあえず「相関分析をきっちりやる」というところに戻るのでしょう。
…とは言っても、ホントにシンプルな仮説、シンプルな変数で何かを言うってのは実はすごく難しいことだったりして。だからこそなかなか研究計画が立てられないのだなぁ…ホントいいかげんがんばらねばなぁ…と自戒を込めつつ、改めて大学院時代のことを思い出してみたりする今日この頃なのでした。

1日1回ポチっとワンクリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしいのです学問・科学ランキング

2008/02/12 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑