Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

うつ病になった精神科医の本3冊

公開日: : 心理・精神医学本

先日、こんな本を見つけたのです。なーんか変わってるなと思ったのです。

普通の精神科医?―うつ病の闇への航海 普通の精神科医?―うつ病の闇への航海
明海 マーク・ソープ リー・ダンシー

星和書店 2007-12
売り上げランキング : 213176

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本書は、豊富な臨床経験をもつ精神科医が、自らのうつ病体験を克明に書き下ろしたきわめて珍しく貴重な記録である。うつ病患者さんの苦しみを十分に理解していたはずだが、いざ自分自身が病気になると、苦しみはその理解をはるかに超えたものだった。著者は、この苦しいうつ病の闇からいかにして回復したのか。

だそうで、(出版社は星和書店ですが)専門書というよりはエッセイ的な感じっぽいです。
で、何が変わってるかというと。

16頁にわたるマーク・ソープ氏の美しい海の写真もすばらしい。前半部分が日本語で、後半部分がその英語訳となっている。

ってなわけで、裏表紙は英語版になってます。
以下目次。

少し長いまえがき

この本を手にとられた方へ



1. 三万五千フィート上空での回想

2. きっかけ

3. 抗うつ薬

4. 生活上の支障

5. 精神科受診

6. 身体の病気?

7. うつ病の認識

8. 気持ちの沈み

9. 悲観

10. 自殺

11. 判断の誤り

12. 断酒

13. ジェットコースター

14. たどりつけない迷路の出口

15. 鯨をめぐる旅

16. 信頼

17. ある日の朝

18. 笑う

19. 存在の支え

20. エピローグ



●反射光― マーク・ソープ

●迷い込んだ不死鳥― 倉田洋二

あとがき

翻訳者からのメッセージ

読みやすい感じ。
…日本語版と英語版で1冊分の分量…とか言っちゃいけません。
・・・・・・・・・・
で、以前ご紹介した…とか思って検索してみたんですが、まだ紹介してませんでした。
うつ病になった精神科医と言えばこちらの本はなかなかいいっすよ。

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記 精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記
泉 基樹

廣済堂出版 2002-03
売り上げランキング : 21413
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらも専門家視点というよりは、患者視点に重点が置かれております。んでも、普通の患者さんの闘病記と較べるとやっぱり「精神科医がうつ病になる」ってことの意味についてはやっぱり色々と考えちゃうのかな…という感じですね。
・・・・・・・・・・
そしてもう一冊。

うつ病を体験した精神科医の処方せん うつ病を体験した精神科医の処方せん
蟻塚 亮二

大月書店 2005-09
売り上げランキング : 4298
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらはより専門家視点に重きが置かれてる感じかも…ってこれはチラ見しただけなのでなんとも言えないところ。
とりあえず後者2冊はどちらもAmazon.co.jpのカスタマー評価が結構高いので、興味のある方はいかがでしょうか?患者さんにも専門家にもお勧めかと。

1日1回ポチっとクリックして順位確認後、戻ってきていだけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑