Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

2007年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(後半)

公開日: : 心理・精神医学本

昨日アップした前半はこちら。
2007年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(前半)
どんだけ需要があるかわかりませんが、何はともあれチェケラ


第6位
方法としての行動療法
山上 敏子
4772409793
関連エントリ:
【あの連載が】山上敏子著 方法としての行動療法【まとまりました!】(07/07/17)
【日心臨07参加記録】山上先生のワークショップに参加した【1日目】(07/09/26)
マジで一つ質問してみたいのですが…>久野先生(07/12/25)
これまた良書(そればっかり)。いや、ほんと良書。タイトルに「行動療法」とついてはいますが、どんなオリエンテーションの人にも読んで欲しい本。つか、患者・クライエントを見る(診る?)とはどういうことか、その重要な視点の一つを与えてくれる本でございますよ。
そして4位が2冊。
第4位
軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例
上野 一彦 服部 美佳子 海津 亜希子
4821073242
関連エントリ:
WISC関連の本(05/06/28)
相変わらず売れ筋のこちら。一昨年の売れ筋ランキング第2位。説明必要ないっすね。
第4位
マンガ心理学入門―現代心理学の全体像が見える (ブルーバックス)
ナイジェル・C. ベンソン Nigel C. Benson 清水 佳苗
4062573237
関連エントリ:
心理学を知らない人のための心理学入門書(05/09/14)
一昨年はランク外でしたが、ふたたび登場。てか、なんでこんな売れたんだろ?中身は古いですが(こればっかりはいかんともしがたい)、まあ良い本でございますよ。個人的には心理板も遠くなりにけり…という感じ。遠い目。
そして第2位は2冊。
第2位
面接法
熊倉 伸宏
488002158X
関連エントリ:
【やっぱり】初めての面接の前に読んでおく本【基本でしょ】(05/02/25)
一昨年の売れ筋ランキング第9位。何だか妙にランクアップ。これ紹介したのももう3年前かぁ…とまたまた遠い目になってしまいますが、3年程度の月日は関係ないくらい価値のある本。読んでない人は読みましょう、としか言えない(ってか、何か投げやりになってるだけとも言えなくもない)。
第2位
摂食障害の精神分析的アプローチ―病理の理解と心理療法の実際 (精神分析臨床シリーズ)
松木 邦裕 鈴木 智美
4772409246
関連エントリ:
【やっぱり】摂食障害の精神分析的アプローチ【すごい】(07/03/12)
来ました。関連エントリで大絶賛してます。まずはそちらを読んでいただければわかりますが、やはり実践から生まれてきた本というのが強いっす。多職種が関わる精神科臨床のあり方ってを色々考えることができる本かと思います。
そして第1位。強いです。あの本。
第1位
精神分析的心理療法の実践―クライエントに出会う前に
馬場 礼子
4753399060
関連エントリ:
【読みやすくて】精神分析的心理療法の実践【(・∀・)??!】(05/03/03)
「受容」「共感」はそんな軽々しい言葉じゃない(05/03/25)
3年連続1位の偉業達成。これは「殿堂入り」というやつでしょうか?ホントにホントに馬場先生ありがとうな1冊。初心者のためだけの本ではないです。
・・・・・・・・・・
ってなわけで、当ブログで書籍(その他)購入してくださった読者の皆様。本当にありがとうございました。「こんな本ないですか?」的なリクエストありましたら、どんどん紹介していきたいと思いますので遠慮無くどぞー、です。
メールフォームからロテ職人にメールが送れますよ。
今後とも何卒ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

1日1回ポチっとクリックして順位確認後、戻ってきていだけると1000万パワー(当社比)学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑