Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

社会人経験と臨床能力の関連について改めて考えてみよう

公開日: : 臨床心理学

えーと、タイトルで「臨床能力」なんてサラッと言ってしまってますが、この辺の定義になるとネバーエンディングな話になってきそうなので、とりあえずは「社会人経験が臨床実践の質に与える影響について~」くらいの意味合いで…これはこれでめんどくさそうなタイトルになるので、結局タイトルのことはあまり深く考えない方向で。
で、関連過去ログ。
博士課程の保有者対象の教員採用試験の話から臨床家と人生経験の関係について連想…てか妄想してみる(08/02/29)
未読の方はまずそちらから。で、そのコメント欄で発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版のセーイチさんからこんなコメントいただきました。

社会人経験の有無ではなく質とするところはなるほど!と思いました。



ただ「どんなことをどのように感じてきたのか」というところがまだよく分からないのですが、「何を」「どのように」感じることが有効であるという風に思いますか?



そんな杓子定規のようなものではないかもしれないですけど、ロテ職人さんがどう理解しているのか聞きたいと思いました。

コメントありがとうございました。お返事遅れてしまって申し訳ありません(当ブログではコメントが超遅れるのがデフォなので気長にお待ちいただけたらと思う次第であります)。
で、とりあえず私が書いた文を今一度読んでいただきたいのですが

その考えをもっと進めていくと重要なのは「人生経験の質」であり「人生経験の量」じゃないと思うのです。「どんなことを経験してきたか」ではなく「どのように経験してきたか」だと思うのです。

これ、意図的に「何をどのように経験してきたか」とは書いていないのです。ぶっちゃけ「何を」というのは重要ではないと私は思っています。
以前書いたのは「社会人経験がない人間に社会人の悩みは理解できない」という言説についてですが、これに関しては前に述べたように「うつ病の経験がない人間にうつ病の人の気持ちはわからない」と同じ意味で傲慢な話であると考えます。クライエントが感じているのと同じ苦しみを、クライエントが感じているのと全く同じように治療者・カウンセラーが感じるというのは不可能です。「ピキーン」と眉間に光が走って他人と同じように感じることができるのはニュータイプだけです。
ただし、全く同じように感じることはできないけれども、それに近づけることはできると思います。そしてそれが「共感」ということなのだと思います(…で「共感」の定義の話になるとまたややこしいことになるので、その辺もまたスルーでよろしく)。
できるだけ「共感的」な治療者・カウンセラーになるためにはどのようにすればいいかってーと、これまた月並みな話ですが、まずは臨床実践のトレーニングが重要かと思います。たまたま個人の資質で共感性の高い人、共感的に話を聴くことのできる人はいるかもしれませんが、臨床実践においてはそれを要所要所で活用できることが重要になります。そのためにはやはりトレーニングは必須でしょう。
で、「共感性」を磨くにはどのようにすればよいかというと、これもまた何だか月並みな話になってしまいますが「感性を磨く」というようなことに行き着いちゃうんじゃないかと思います。そして「感性を磨く」にはどのようにすればよいかというと、やはり色んなことを経験して色んなことを感じ・考えるってことになるのではないでしょうか。
繰り返しになりますが、この「色んなこと」は何だっていいと思うのです。学生であればバイトしてみてもいいかもしれません。サークルに燃えてみるのもいいでしょう。サークルも無理に燃える必要もなく、ダラダラやってみてもいいかもしれません。恋愛とか肉欲に溺れてみてもいいかもしれません。読書もいいかもしれませんし、映画なんかもいいかもです。アニメ観るのだって意味があるかもしれませんし、テレビのくっだらないバラエティ番組を観てみるのもまたいいかもしれません。美味しい物を食べるのもいいかもしれませんし、美味しくない物を食べるのもいいかもしれません。一人でご飯食べてみてもいいかもしれませんし、友人と合コンに行ってみるのもまたいいかもです。社会復帰できる程度に引きこもり生活をしてみるのもまたいいかも。
それらと同じ意味で社会人経験もまた意味のあることなのかもしれません。
ってなわけで何だっていいと思います。そして重要なのは「そこで何を感じ、何を考えるか」なのだと思います。
色んなことを感じ、色んなことを考えることで、自分の持っている参照枠の幅?というかバリエーション?は拡がるんじゃないでしょうか。で、それが「感性を磨く」ということであり、将来的に「共感性」へと繋がっていくと今の私は考えます(というのは、将来的には考えが変わるかもしれないということで)。色んな感じ方、色んな考え方をできるようになること、そういう色んな感じ方、考え方があるのを知ることが重要なのではないでしょうか。
そしてどんなに貴重な経験をしても、そこで何も感じず、何も考えなければ、後には何も残らないとも思っています。だから重要なのは「何を」経験するのかでなはく、「どのように」経験するかだということなのです。
そういう意味で「社会人経験の有無」だけを問題にするのは意味がないと私は考えます。
・・・・・・・・・・
というわけで読みにくい文章になってしまいましたが、私が主張したいことおわかりいただけましたでしょうか?>セーイチさん&読者の皆様
上記発言はとりあえず何かエビデンスがあるわけではありません。あくまでも私が漠然と考えていることです。そして、誰か同じようなことを言ってるかもしれませんし、私自身どっかで読んだことを忘れていることなのかもしれません(というわけで、同じようなことを言ってる人がいたら教えてください)。
…んでも、何か特別なことを言ってるつもりはないんですけどね。だから、既に誰か同じようなことを言ってる確率は高いんじゃないかと思います。
そんな長文・駄文におつきあいいただきましてありがとうございました。コメントいただけたら(返信は遅くなってしまうかもしれませんが)うれしゅうございます。

そして1日1回ポチっとクリックして順位確認後、戻ってきていだけると、これまた大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

2008/03/11 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 経験まったく関係ない、とは、
    私も思いませんね。
    心理臨床のウデ=(経験そのもの)×(それを咀嚼するその人の力)+その他の要素
    なのだと思います。
    経験がいくらあっても、
    それを自分の中で咀嚼していく力が低いと、
    それはそれでダメなのだと思います。
    だから、年長だったり、
    心理臨床経験ウン十年とかでも
    たいしたことないカウンセラーが、
    存在するのだと思います。
    また、心理学の理論を学ぶことは、
    後者の(経験を咀嚼する力)の係数を
    上げるための方法の有力な一つ、
    だと思うんですよね。
    理論によって、経験はかなり整理されて、
    クライエントのために有効な用い方ができるように
    促進されるとは思います。
    (経験を咀嚼するための主たる方法として、
    心理学を用いるのが心理職なのだと思います。)
    ただし経験そのものが皆無に等しいと、
    やはり、その人は大したことないカウンセラー、
    頭でっかちのカウンセラーになってしまうと思うのです。
    まったく経験したことがないことを想像するのは難しいので、
    経験のバリエーションは
    やはり必要と思います。
    絵の具にたとえると、説明しやすいかもです。
    パレットの中に、ある程度の色がそろってないと、
    混ぜ合わせて、クライエントの色に近いものを
    何とか作ろうとしても、
    それには限度があるのですよね。きっと。
    「会社員としての社会人経験」という色をもっている人は、
    そうでない人よりは、その方面の色は出しやすいでしょう。
    しかし、そのものズバリの色は、そのクライエントさんしかもたないので、
    いずれにしても微調整が必要で、
    そのまま塗りつけるようなことはしてはいけませんよね。
    逆に、「会社員としての経験」色の絵の具はなくても、
    近い色があれば、何とか表現できますし、
    色の混ぜ合わせが繊細でうまい人であれば、
    十分いけると思います。
    絵の具の色の数=経験
    絵の具を合わせる力=経験を咀嚼する力
    と考えれば、
    たとえやすいように思いますが、
    いかがでしょうか。

  2. 経験は当人の咀嚼の仕方次第というのは、認知療法の基礎的な部分のように感じます。まぁ臨床能力との関連はいまいち分らないのですが…(主観的な問題ですし)
    これは臨床能力とはあまり関係無いかもしれませんが、クライエントさんのバックボーンを知るという上で、色んな経験が有効なのかと思いました。文献で知るのと体験では、より「共感」しやすいという意味で。
    あとこれも臨床能力と関係ないような気がするのですが、あまり同じことばかりを経験するのは、ヒューリスティックな思考を助長するような気がします。
     

  3. こんにちは。わざわざ一つのエントリーを立ち上げてくれてありがとうございます。
    かなり要領よくまとめられているので、僕の仲でもスッキリしました。
    「何を」というところが重要ではなく、「どのように感じるか」ということが重要ということですね。
    ちょっと連想したことですが、一人の人間が経験できることなんて、この全世界の事物に比べたら小さいものだろうと思います。
    そのすべてを経験することは非現実的ですが、未知の体験をした時に、それを自分とは関連がないと切り捨てるのか、それとも自分のとの関係の中で意味を見出すのかによって、同じ経験をしていても、そこで起こるプロセスは全く違うのでしょう。
    そして、それはクライエントという目の前の人をどのように体験し、どのように理解し、どのように意味づけするのかということに繋がってくるのかなと思いました。
    その辺り、精神分析なんかでは、ちょっと妄想的・自己愛的とも言えるほど、クライエントとセラピストとの繋がりを見出そうとしますが(笑)。これなんかも、極端ですが、どのように体験するのか、ということの一例かもしれないなと思いました。
    「社会人経験」という話からはかなりズレてしまったところもあるかもしれませんが、とりあえずこの辺で。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑