Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【実はとても】孤立を防ぐ精神科援助職のためのチーム医療読本【大切なこと】

公開日: : 心理・精神医学本

最近自分で書いた「社会人経験」がらみのエントリ
博士課程の保有者対象の教員採用試験の話から臨床家と人生経験の関係について連想…てか妄想してみる(08/02/29)
社会人経験と臨床能力の関連について改めて考えてみよう(08/03/11)
これらに関連して「社会人経験がない人間は基本的なビジネスマナーがなってない」的な言説を目にしたことがあります…ってどこで見たのかは完全に失念してしまいまして…なのでソースは出せないです。すみません。
まあ「それってどーよ?」って感じですよ。
「ビジネスマナー」がどんなことを言ってるのかわかりませんが、クライエントに迷惑をかけなければ、つまり臨床上問題がないならいいんじゃね?と思うのですよね。
もちろん、ビジネスマナー(とか一般的なマナー)が身についていないことで、その当人が恥をかくことはあるかもしれません。それが嫌ならそういうの勉強すりゃあいいだけのことであり、別に「社会人経験がないからダメ」って結論には至らないですよね。
なーんてことを考えていたらこんな本を発見しましたよ。出てから1年以上経ってる本なのですね。

孤立を防ぐ精神科援助職のためのチーム医療読本―臨床サービスのビジネスマナー 孤立を防ぐ精神科援助職のためのチーム医療読本―臨床サービスのビジネスマナー
野坂 達志 大西 勝

金剛出版 2007-01
売り上げランキング : 376836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

タイトルからしていいですよね。「孤立を防ぐ」「臨床サービスのビジネスマナー」。気になりません?


出版社のページよりコピペ。

複雑な精神科臨床において,究極の治療技術は「連携」=「チーム医療」。

本書は,精神科医や精神科看護,ソーシャルワーカー,心理職,作業療法士などの精神科援助職が病院と地域で「チーム」となっていくために,必要なスキルとテクニック,そして各職種の「ものの見方・考え方」を,初学者でもわかりやすいようにまとめたものです。

病院と地域とで縦横無尽にチームで当たれば,経験が乏しくても,患者さんの利益に繋がります。とはいえ,機関の「名称」は頭にあるものの,相手の「顔」がないままに,文書や電話,Fax,メールで情報提供をするだけになることも。これではチーム医療は進まない。そこで本書では,多岐にわたる経験豊富な精神科とその近接領域の援助職が「自分をどう使ってほしいか」を書きました。また,チーム医療の下支えとなる援助のコツや心構え,サービスマナー,連携の具体例,さらに,最近頭を悩ます「実習生のためのルール」までつけました。

本書を読めば,患者さんのケアのためになるだけでなく,精神医療にかかわる全ての方の仕事が楽に愉しくなることでしょう。

なんか難しそうですが、非常に読みやすい内容になってます。
ワタクシもこれまでの乏しい経験なりにいろんな職種の方と関わってきましたが、各職種それぞれの立場から「自分をどう使ってほしいか」が書かれているのを読んで改めてそれぞれのあり方について考えさせられましたよ。
ちなみに心理職で書かれている方はシステムズアプローチの人であり、これまたそういうオリエンテーションから導き出される「心理職のあり方」みたいなところを垣間見ることができなかなか興味深かったです。
そして
> 最近頭を悩ます「実習生のためのルール」までつけました。
これねえ。指定大学院の増加(それに伴う学生数の増加)もあり、現状で実習生を受け入れている職場も多いんじゃないかと思います。そんな受け入れ側も読んでみたらいいんじゃないかという内容でございますよ。
タイトルにある「ビジネスマナー」は一般的に言われるところの「ビジネスマナー」とは異なる部分があるかもしれませんが、その辺を考える上でよさげな本じゃないかと思いご紹介した次第。
興味のある方はぜひどぞー。

そして1日1回ポチっとクリックして順位確認後、戻ってきていだけると、大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑