Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【実はとても】孤立を防ぐ精神科援助職のためのチーム医療読本【大切なこと】

公開日: : 心理・精神医学本

最近自分で書いた「社会人経験」がらみのエントリ
博士課程の保有者対象の教員採用試験の話から臨床家と人生経験の関係について連想…てか妄想してみる(08/02/29)
社会人経験と臨床能力の関連について改めて考えてみよう(08/03/11)
これらに関連して「社会人経験がない人間は基本的なビジネスマナーがなってない」的な言説を目にしたことがあります…ってどこで見たのかは完全に失念してしまいまして…なのでソースは出せないです。すみません。
まあ「それってどーよ?」って感じですよ。
「ビジネスマナー」がどんなことを言ってるのかわかりませんが、クライエントに迷惑をかけなければ、つまり臨床上問題がないならいいんじゃね?と思うのですよね。
もちろん、ビジネスマナー(とか一般的なマナー)が身についていないことで、その当人が恥をかくことはあるかもしれません。それが嫌ならそういうの勉強すりゃあいいだけのことであり、別に「社会人経験がないからダメ」って結論には至らないですよね。
なーんてことを考えていたらこんな本を発見しましたよ。出てから1年以上経ってる本なのですね。

孤立を防ぐ精神科援助職のためのチーム医療読本―臨床サービスのビジネスマナー 孤立を防ぐ精神科援助職のためのチーム医療読本―臨床サービスのビジネスマナー
野坂 達志 大西 勝

金剛出版 2007-01
売り上げランキング : 376836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

タイトルからしていいですよね。「孤立を防ぐ」「臨床サービスのビジネスマナー」。気になりません?


出版社のページよりコピペ。

複雑な精神科臨床において,究極の治療技術は「連携」=「チーム医療」。

本書は,精神科医や精神科看護,ソーシャルワーカー,心理職,作業療法士などの精神科援助職が病院と地域で「チーム」となっていくために,必要なスキルとテクニック,そして各職種の「ものの見方・考え方」を,初学者でもわかりやすいようにまとめたものです。

病院と地域とで縦横無尽にチームで当たれば,経験が乏しくても,患者さんの利益に繋がります。とはいえ,機関の「名称」は頭にあるものの,相手の「顔」がないままに,文書や電話,Fax,メールで情報提供をするだけになることも。これではチーム医療は進まない。そこで本書では,多岐にわたる経験豊富な精神科とその近接領域の援助職が「自分をどう使ってほしいか」を書きました。また,チーム医療の下支えとなる援助のコツや心構え,サービスマナー,連携の具体例,さらに,最近頭を悩ます「実習生のためのルール」までつけました。

本書を読めば,患者さんのケアのためになるだけでなく,精神医療にかかわる全ての方の仕事が楽に愉しくなることでしょう。

なんか難しそうですが、非常に読みやすい内容になってます。
ワタクシもこれまでの乏しい経験なりにいろんな職種の方と関わってきましたが、各職種それぞれの立場から「自分をどう使ってほしいか」が書かれているのを読んで改めてそれぞれのあり方について考えさせられましたよ。
ちなみに心理職で書かれている方はシステムズアプローチの人であり、これまたそういうオリエンテーションから導き出される「心理職のあり方」みたいなところを垣間見ることができなかなか興味深かったです。
そして
> 最近頭を悩ます「実習生のためのルール」までつけました。
これねえ。指定大学院の増加(それに伴う学生数の増加)もあり、現状で実習生を受け入れている職場も多いんじゃないかと思います。そんな受け入れ側も読んでみたらいいんじゃないかという内容でございますよ。
タイトルにある「ビジネスマナー」は一般的に言われるところの「ビジネスマナー」とは異なる部分があるかもしれませんが、その辺を考える上でよさげな本じゃないかと思いご紹介した次第。
興味のある方はぜひどぞー。

そして1日1回ポチっとクリックして順位確認後、戻ってきていだけると、大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑