Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「私はロリコンです こども大好きです だから手は出さない」

公開日: : 雑記

COMIC LO意見広告画像
このあまりにも衝撃的なコピーに思わず保存してしまいました。
こんな記事を発見しましたですよ。
「マナー守って楽しいロリータ」 内省するロリコン誌の主張!日刊サイゾー

「YES!ロリータ NO!タッチ」。こんなフレーズを合言葉に刊行されているロリータマンガ専門の成年コミック誌「COMIC LO(コミックエルオー)」(以下、エルオー/茜新社)をご存知だろうか? ネット上でも幾度か話題になっており、雑誌の発している独特な主張が、「ロリコンであることを認めつつも真摯」「エロマンガなのに真面目で熱い」などと評価され、成年コミック読者には、共感を得つつもどこかコミカルな存在として受け取られている。


この『コミックエルオー』、私は書店で立ち読みしたことがありますが、そっち方面の性癖はありませんので個人的な感想は「ありかなしかで言ったらなし」でした。
ただ、こういうの好きな人が存在するということは理解できます。そして、小さな娘を持つ親としての立場から考えて、二次元(not 実写)か疑似(ロリータ物とか言いつつ、出演しているのは実は成人というビデオなど)で満足できるというかうまく折り合いを付けられるのであれば、むしろあった方がいいんじゃないかとも思います。

こうした独特な主張は、度々掲載されている意見広告のコピーにも顕著。「私はロリコンです こども大好きです だから手は出さない」「僕達(ロリコン)は、人間だ」「僕達は獣ではない?」「僕達は獣かもしれない?」「マナー守って楽しいロリータ」などの内省的なコピーが、ロリコンであることで揺れるロリコンたちの気持ちをストレートに吐露していると評判。

いや~、なんか秀逸なコピーの数々って感じですね。

また編集部みずから、「ロリコンは集まるとロクなことがない」という理由から、読者コーナーを設けないというストイックな宣言までしている。

きちんとそういう配慮もなされているわけですよね。

今年3月、日本ユニセフ協会が、児童を扱って性的な表現をしたアニメや漫画、ゲームなどを「準児童ポルノ」として規制の対象に含めるように求めるキャンペーンを始め、業界内が騒然となった。

なんかこういうのを厳しく規制しようって人ってのは、自分が理解出来ないものは異質な物として排除したい人たちなのかなと思ったり。
私も性犯罪に手を染めるような人間は厳罰に処すべきだと考えています。実際に手を出すような人間に対しては今よりも厳しい罰を与えるべきだし、効果的な矯正プログラムを考えるかそれが無理ならば再び世間に出すべきではないと思っています。
ただ、アニメや漫画、ゲームまでむやみやたらと規制するのは、やっぱり逆効果なんじゃねーかとも思います。
「臭い物には蓋」だけでは何も解決しないのではないでしょうか。
そんなことを考えさせられるコピーでしたとさ。

そして1日1回ポチっとクリックして順位確認後、戻ってきていだけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

2008/06/28 | 雑記

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

くっそ忙しい

くっそ久しぶりの更新でいきなり「くそ」だなんて、アテクシとしたことがなんてはしたない…

記事を読む

テンピュール枕

ねーむーいー

超絶眠いです。ネタはあるのに、今日はもうブログを書くのは無理かもしれません。 せっかく

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑