【で、】馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』【この本どうなの?】

公開日: : 心理・精神医学本

まず最初に言っておきますが、私はまだこの本は手に入れてないです…という前提でよろしくです。
・・・・・・・・・・
ネット内では何度か評判も目にしているのですが、この本が出てました。

精神分析的人格理論の基礎―心理療法を始める前に 精神分析的人格理論の基礎―心理療法を始める前に
馬場 禮子

岩崎学術出版社 2008-07
売り上げランキング : 7119

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これはあれですよ。当ブログ的には大ベストセラーと言っても過言ではないこの本

精神分析的心理療法の実践―クライエントに出会う前に 精神分析的心理療法の実践―クライエントに出会う前に
馬場 礼子

岩崎学術出版社 1999-09
売り上げランキング : 13488
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これの続編に当たる感じですな。
多分良い本なのだと思います。特に初学者にとっては。
出版社のサイトには「はじめに」ということで、この本のコンセプトに関して詳細に述べられております。個人的にはいちいち頷ける話であるなとは思うわけなのですが、個人的に特に気に入ったのがこのフレーズ。

それにしても,精神分析にはなぜこんなに理論があるのか,精神分析は何故こんなに理論を大切にするのか,と疑問に思われるかも知れません。特に心理臨床家は,ロジャーズの影響などもあって,無心に人と向き合うことが大事であり,理論で理解するのは独りよがりの思い込みに陥ることだとか,感性にゆだねることが大事で,知識を前提にすると感性を弱めるとか,理論や知識を排する考え方が根強くあります。



しかし,1人の人間が無心さや感性で理解できることはきわめて限られているという事実を受け入れることも大切でしょう。自分には到底追体験できないような人生経験をもっている人や,追体験できないような奇妙な考え方を示す人を理解する時に,たくさんの仮説をもって,これかもしれない,これかもしれないと見当をつけることができると,相手の話すことがある時パッと意味をもって繋がってくることがあるのです。仮説をもつことと,それを一方的に信じて相手に押し付けることとはまったく違います。取りあえずの仮説をもってでも無心に耳を傾けることはできるし,そうしてこそ,相手が大切なことを言った時にパッと理解することができるのです。仮説をたくさんもち,しかしそれを信奉せず,常に相手の表現を受け取り続け,仮説を変更し続ける姿勢をお勧めしたいと思います。

多分、このブログのどこかで「心理療法の過程は仮説生成-検証の繰り返しである」とかって話を何度かしてきたと思うのですが(まあ言ってることは大学院時代の先輩の受け売りなので、偉そうなことは言えないんですがね)、まさにその辺とリンクするというか、ヒットするというか。
感性偏重主義みたいなのは論外ですが、理論もそれ自体が大切なのではないのですよね。理論や知識をどれくらい豊富に持っているかもそれほど重要なのではなく。
理論や知識を持っていることは前提で、それを「心理療法という仮説生成-仮説検証の繰り返し」の過程の中でどう活かしていくか、患者・クライエント理解の中でどう用いていくかということが大事なのですよね。そしてこれは流派問わず、どんな臨床的立場に立つ人にとっても原則なのだと思います(本来であれば…ですね)。
そんなわけで、とりあえず精神分析に関する理論の理解がまだまだ足りねえ…と思う人にとっては「最初の一歩」
としてよさげな一冊かもしれません。…ってホントは、フロイトが書いたものから当たっていくのが良いのだとは思いますが、それはそれでなかなかハードルが高いと思うので、やっぱここをとっかかりにってことでしょうね。
ええ、もちろん私は「精神分析に関する理論の理解がまだまだ足りない」人なので、今度の森林の時にでも購入しようかと思うわけでございますよ。
興味のある方はどぞー。
そして私は今、この辺を読まねばならないような気がしてます。色んな意味で。

精神分析的発達論の統合 (1) 精神分析的発達論の統合 (1)
馬場 礼子

岩崎学術出版社 2005-12
売り上げランキング : 372274

Amazonで詳しく見る by G-Tools

・・・・・・・・・・
ところで、岩崎学術出版のサイトって新着情報のRSS配信するようになったのですね…前からでしたっけ?
使い勝手が良くていい感じです。

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑