Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

自分にとっての「普通」が他人にとっては「普通」じゃないかもしれない

公開日: : 臨床心理学

日常生活においてもそうですし、ネットの中でもそうです。「普通」とか「一般的には」みたいな言葉が気になる今日この頃です。つか、臨床実践の中でも結構重要な言葉だと思ったりもします。
最近の2ちゃんねる発祥の言葉としては「常考」とかそれがさらに短縮された「JK」なんてのもありますが。
JKとは – はてなダイアリー
そういうのを見たり聞いたりすると、「それは誰にとっての『普通』なのか」「誰にとって『常識的』なのか」みたいなことを考えるのです。
そういやこんな本もある(読んでないけど)。

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書) 「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
泉谷 閑示

講談社 2006-10-21
売り上げランキング : 6395
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

タイトルにも書きましたが、自分が「普通」だと思っていることが、他の人にとっては「普通」ではない可能性があります。結構便利な言葉だと思うわけなんですが、安易に使わないようにしたいなあと思うのですよね。
てなことを考えつつ、ちょこっとググってみたらこんなん見つけました。
障害児医療から カルテに書かないこと23 「普通」って、なに?自立をめざして 特別支援教育Webマガジン
無断転載禁止なんで引用はしません。リンク先を読んでくださいな。


上でもちょこっと書きましたが、臨床場面でも患者・クライエントから「普通」って言葉が聞かれることがよくあります。もちろん、ネット上でのやりとりのように「その『普通』って何?」みたいなことを聞くことはありませんが(いや、ケース・バイ・ケースなのであるかもしれない)、少なくともその患者・クライエントのことを理解する上で、彼らの言うところの「普通」の意味って大事だよなあと思ったりする。
そして、やっぱり臨床場面でも(というか、臨床場面でこそ)、安易に「普通」なんて言葉を治療者側が使っちゃいかんよなあと思うわけでして。これ「安易に」ってところがミソです。
そういや、上記リンク先で「普通とそうでないものとの境界はどうやって引くのだろうか」ってなことについて書かれておりますが、学部時代の臨床心理学概論みたいな講義で一番最初にやった内容は「異常とは」みたいなことだったなあ…とふと思い出したり。
そんなことを朝からダラダラと考えているワタクシなのでした。
今日もお仕事がんばりたいと思います。

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

2008/08/26 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑