Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

公開日: : 心理・精神医学本

なんだか忙しいのでちょこっと更新。
本日の気になったフレーズ。

心理療法・失敗例の臨床研究―その予防と治療関係の立て直し方 心理療法・失敗例の臨床研究―その予防と治療関係の立て直し方
岩壁 茂

金剛出版 2007-09
売り上げランキング : 275492

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「第4章 セラピストとクライエントの恥の感情 失敗に対する扱いと恥」p.116より

セラピストに恥の感情が起こるとき、クライエントに注意を向け、共感することが難しくなる。セラピストは自信のぐらつきから立ち直るために、反射的に自己防衛的な行動をとってしまう。そのためクライエントが必要としていることが無視され、「傷つき」体験が起こりやすい。一方、クライエントに恥の体験が起こるとき、自己防衛のためにドロップアウトが起こりやすい(Mordecai, 1995)

引用元は
Mordecai, E. M. (1995) Negative therapeutic reactions. Developing a new stance. Psychoanalytic psychology, 12, 483-493.
「同章 おわりに」p.136より

恥の体験は、瞬時に起こりふつう思考を通り越して私たちの行動に影響を与える。セラピストが自意識過剰になるとクライエントに集中するのが難しく、回避的な行動をとりやすいために共感的失敗が起こりやすい。恥の体験の回避は、失敗の主要な原因の一つでありながら、それが社会的に好ましくないと考えられていないために訓練生だけでなく、教育者が見落としやすい問題である。

恥の感情なぁ…。臨床場面だけじゃなく、日常でもありますよね。たくさん。
ちなみに今引用してて気づいたんですが、この「社会的に好ましくないと考えられていないために」って「考えられているために」の誤植じゃないですか?>金剛出版様
とか言って、自分が間違っていたらそれこそ「恥」ですな。
・・・・・・・・・・

恥の多い人生を送ってきました。

ってのは太宰の人間失格の有名な一節ですが…

人間失格 (集英社文庫) 人間失格 (集英社文庫)
太宰 治

集英社 1990-11
売り上げランキング : 3121
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まあ何て言うか私なんか恥だらけの毎日ですよ。
それでも生きます。
今日もがんばります。それなりに。
関連エントリ
失敗例とか逆転移とか(05/07/29)
【日心臨07参加記録】すげえ本を見つけてしまった【2日目】(07/09/27)
恩師(07/11/13)

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 自己レス。
    多分、誤植じゃないなあこれ。
    すんません>金剛出版様
    そして「恥」


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑