【本日の】DVD+BOOK Beck&Beckの認知行動療法ライブセッション【気になった本】

公開日: : 心理・精神医学本

Beck&Beckの認知行動療法ライブセッション〈訳〉 Beck&Beckの認知行動療法ライブセッション〈訳〉

医学書院 2008-09
売り上げランキング : 158049

Amazonで詳しく見る by G-Tools

値段もすごいですが、内容もすごい(多分)。

世界のスタンダードはこれだ! 「目から鱗」の認知行動療法ライブセッション!

Judith Beckによる正統派認知療法のセッション・解説1編と、その父にして認知療法の祖であるAaron T. Beckの歴史的セッション映像2編に日本語字幕を付け、2枚組みDVDビデオに収録(計198分)。さらに、3つのセッションの英語原文、日本語字幕をすべて掲載し、詳細な解説を加えた204頁の冊子付き。実際の患者に行われた正統派ライブセッションを見て、本場の実践力を身につけよう。

計198分、3時間以上!すげえ。
買ってはいませんが(今は極貧なので無理)、最近気になった本でございました。
備忘録として…ですね。

ついでに1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. これ,こないだ機会がありまして,一部見ました。
    アーロンベック凄すぎでした。
    相手の体験・感情に沿ったスムーズな面接展開,適切で分かりやすいメタファー,その中で自然に心理教育まで済ませてしまい,しかも強引に引っ張るでもなく,ちゃんと問題解決モードで話を進めていくってな具合で,とにかく凄かったです。

  2. >decoさん
    コメントありがとうございます。
    やっぱ凄いですか。Beck, A.
    見たのか…いいなぁ。
    > しかも強引に引っ張るでもなく
    ここですよね。
    この辺がきっと(認知行動療法的ってことではなく)心理面接の基礎がしっかり出来てるってところなのだろうなあと思う次第であります。
    つか、Beckって最初は分析の人だったんですよね。別に分析が優れてるってことを言いたいのではないのですが、その辺の基礎が出来ているからこそ、認知行動療法のケースなんかも上手くいくんじゃないかなあとも思います。
    ここの技法だけ持ってきてどうこう言っても仕方ないというか、行動療法であっても治療者側の要因だったり、治療者-クライエント間の関係という要因だったりは、無視できない変数なのではないでしょうかねえ。
    …って辺りは既に偉い人がどこかで言ってるような気もします。

  3. Beckのビデオセッションは画像があらいのと音声が微妙なので,ちょっと悲しいですが,それでもとても勉強になるセッションですよ.
    Decoさんもおっしゃってますが,Beckってメタファーの使い方が秀逸なのと,イメージの使い方が非常に巧みなんだそうです.
    >行動療法であっても治療者側の要因だったり、治療者-クライエント間の関係という要因だったり
    ここのことって,海外での臨床経験が非常に豊富なある先生とお話をしてたら,「そんなのはあって当然で,クライエントとの間でケースを重ねていくための姿勢は,セラピストとしての基本的に持ってなければいけないものだから,セラピー以前の問題」なんだそうですよ.
    まぁ,当たり前ですよね.
    でも,それは「あるべきもの」として,Beckにしても,著名な行動療法家にしても,「課題分析」の仕方が非常にすばらしいよなぁ.っておもいます.クライエントの話のなかから,とても現実にそった「問題」を抜き出し,それをきれいに機能分析される.クライエントに違和感がないように.その辺がクライエントとの関係性にも大きく影響しているCBT使いの「スキル」なんじゃないかな?と思ったりします.


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑