Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

Weinerが行動医学者?

公開日: : 臨床心理学

ちょっと古い話。
08/08/13のエントリ、Irving B. Weinerでも書きましたが、今年の日心臨の大会でのWeiner氏による特別講演“The Value of Personality Assessment in Clinical Practice”「心理臨床に於ける人格査定の意義」聴きましたよ。
なかなか面白い話でしたし、フロアからの質問なんかも興味深い内容が多かったですよ。特に“Projective Test”とか“Unconscious”って言葉の現在…みたいな話とか。
なにが凄いって会場で講演原稿そのまま配布してたことですかね。字はでかいんですが、それでも全24ページ、時間にして1時間半びっちりってのは内容的にも濃厚でございました。てか、ちょっとした論文ですよね。
司会者の話によると、元々は同時通訳をつける予定だったらしいんですが、内容が多いのと討論の時間を増やしたいというWeiner氏の希望からこういう形(講演原稿の配布)になったとのこと。英語苦手なワタクシとしましては、ついていくのが結構大変でした。それでも勉強になったので参加して良かったと思うわけなのです。
さてそれに関連しまして久野能弘氏のブログ、久野能弘の日記の08/09/08のエントリ、日本心理臨床学会に参加して思うことにこんなことが書かれておりましたよ。

シンポジストには外国の方々もお見受けしましたが、数多い行動医学者の中で、何故わざわざこの先生に講演を依頼されたのかお聞きしたいところです。行動療法家はデータなしには講演をしないものです。あれでは精神分析家の講演と違いがないわけです。行動医学者としての彼の国際的な評価は如何程のものなのでしょうか?彼を行動医学の代表として態々この学会の特別講演に呼んだのは何故なのでしょうか?今や数少ない精神分析に好意的な臨床家だからでしょうか?彼がどういう臨床家なのか誰か教えて頂けないでしょうか?わたしの知る限りではPrinciples of Psychotherapy がWileyから1975年に出版されており、この翻訳は秋山たつ子訳で心理療法の諸原則として清和書店から出ている程度です。

これ、最初は「誰のこと?」と思ったのですが、最後の一文を読んでようやくWeiner氏のことなのだなと気づいた次第でございます。
てか、いつの間にWeinerが行動医学者になったのでしょうか?


Weinerの著書を読めばすぐに、その臨床的なオリエンテーションは力動的心理療法であることがわかります。

Principles of Psychotherapy Principles of Psychotherapy
Irving B. Weiner

John Wiley & Sons 1998-08-15
売り上げランキング : 19014

Amazonで詳しく見る by G-Tools

つか、こっちなんかはモロに“Psychodynamic”って書いてありますがな。

Prin of Psychotherapy: Promoting Evidence-based Psychodynamic Practice Prin of Psychotherapy: Promoting Evidence-based Psychodynamic Practice
Irving B. Weiner

John Wiley & Sons Inc 2009-03-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

あとはロールシャッハの研究者でもあります。

ロールシャッハ解釈の諸原則 ロールシャッハ解釈の諸原則
Irving B. Weiner 秋谷 たつ子 秋本 倫子

みすず書房 2005-03
売り上げランキング : 314082

Amazonで詳しく見る by G-Tools

それが何で行動医学者?…と思ってしばらく考えてみて…ようやく気づきましたですよ。
資料の表紙にもこんな感じで書いてあります。

講演者

Irving B. Weiner, Ph.D., ABPP

Clinical Professor of Psychiatry and Behavioral Medicine

University of South Florida

あー、確かに“Behavioral Medicine”って書いてありますね。ひょっとしてこれですか?
でもその前に“Psychiatry”って書いてあるんじゃないですか?
さて、ここでこちらのページを見てみましょう。
USF Psychiatry and Behavioral Medicine
http://health.usf.edu/medicine/psychiatry/index.htm
南フロリダ大学(University of South Florida)の医学部(College of Medicine)の精神医学・行動医学講座?学科?(訳は微妙。Department of Psychiatry and Behavioral Medicineってことです)のページです。
Weiner氏はここのClinical Professorなのですよね…と考えれば氏が行動医学者でないことはすぐに理解できるんじゃないかと思うのですが…いかがでしょ?(私の英語能力の問題があったりすることも考えられるため、間違いがあるのならばご指摘くださいませ>久野氏&皆様)
・・・・・・・・・・
ちなみに久野氏は

行動療法家はデータなしには講演をしないものです。

とおっしゃっておりますが、資料のp16-17にもあるようにMeyer et al.(2001)の論文の数値データが講演でも示されていたと思うのですよね。ロールシャッハやMMPIの臨床的な妥当性に関連して。
ちゃんと講演聴いてました?>久野氏
とりあえず、肩書きとかどうでもよくないですか?
心理学者なのか行動医学者なのかはたまた精神医学者なのか、そんな肩書きなんてどうでもいいじゃないですか。肝心なのは講演内容でしょう?その点で批判するのならわかるんですが、なんかつまんない事にこだわってるなぁという感じがします。
・・・・・・・・・・
あと

毎回感じることですが、この学会は外国からの参加者が少ないですね!せめてシンポジュームなどには英語の通訳をつければもう少し海外からの参加者も増えると思います。それとも我が国の臨床のレベルが低すぎて観光がてらでさえ、来日する専門家がいないのでしょうか?

私も心理学系のマンモス学会では日本心理学会や日本心理臨床学会の大会にしか参加したことがないのでよくわからないのですが、他の学会はそんなに外国からの参加者が多いのでしょうか?日心でもそんなに多くの外国人って見たことないんですが、やっぱり日本の心理学のレベルが低いからなんでしょうか?
国際学会でもない限り、日本で開催される学会に多くの外国人が参加するなんてことはないと思いますよ。
あ、もちろん日本の臨床心理学のレベルが国際的に高い…なんてことは間違っても言えないですけどね(少なくとも今の私では)。でも、外国からの参加者が少ないのと、日本の臨床心理学のレベルの低さを結びつけるのはいささか短絡的なのではないかと思います。
・・・・・・・・・・
まあ、アレですよ。久野氏もブログを更新しているということは、つまり目の前にPCがあるのでしょうし、とりあえず検索エンジンとか使ってみるといいかもしれませんよ。
そしてこの本、気になります。

Prin of Psychotherapy: Promoting Evidence-based Psychodynamic Practice Prin of Psychotherapy: Promoting Evidence-based Psychodynamic Practice
Irving B. Weiner

John Wiley & Sons Inc 2009-03-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evidence-based Psychodynamic Practiceですからね。
関連エントリ
【これは】ロールシャッハ解釈の諸原則【買いでしょ!】(2005/03/29)
【再度】ロールシャッハ解釈の諸原則【ご紹介】(05/07/07)
水曜朝の読書会(08/02/20)
Irving B. Weiner(08/08/13)

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

2008/09/22 | 臨床心理学

関連記事

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

新着記事

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ...

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
リハビリ
リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。

疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

→もっと見る

PAGE TOP ↑