ネットを用いたサンプリングの問題

公開日: : 臨床心理学

[家族心理.com]管理人ブログの08/09/20のエントリ、”妻”方多世代同居家族 急募!!! で調査対象者の募集がなされております。
そちらのエントリに昨日、コメントさせていただいたのですね。
以下、私の書いたコメントです。

Posted by ロテ職人 2008年09月24日 21:30



ものすごく単純かつ素朴な疑問なのですが、こういう形でネットで調査対象者を募集する場合、標本に偏りが生じる可能性というのはないのでしょうか?



他の募集方法との兼ね合いもあると思いますが、「このブログを閲覧していて」かつ「自ら応募してくる」という時点で、何らかのバイアスが入ってくるように思います。



ネット上での調査対象者募集に関しては、いつもそのような疑問がつきまとうのですが、【家族心理.com】管理人さんのご意見、お聞かせ願えますでしょうか。


それに対するBoBoさんのコメントがこちら(改行位置改変させていただきました)。

Posted by BoBo 2008年09月25日 11:28



ロテ職人さんに質問です。



ロテ職人さんが言われるネットで調査するバイアスというのは、本当に調査対象の条件を満たしているのか確認の手段がないということでしょうか。



今回は、単なる協力者の募集や紹介のお願いのように見受けられます。調査自体は面接なり電話調査で行われるのであれば、他の募集方法と協力者の質のリスクは同様ではないかと考えます。



研究内容によっては、調査を大学や団体で行うなど所属のはっきりわかる協力者を用いることも可能ですが、このような多世代家族の研究などの場合は広く協力者を募る必要があり、どこかに所属する方々にお願いするというのも難しいのではないかと思う次第です。本人確認がまったくできないネット上でアンケートを行うというのではく、協力者を募るというのであれば一考かと思います。



また、このように広く協力者を募る場合にどのような方法が考えらますでしょうか。



私のような後輩のためにも、ロテ職人さんのアイデアやご意見をいただけますと幸いです。

[家族心理.com]管理人さんからもコメントいただきました。

Posted by 家族心理.com管理人 2008年09月25日 16:01



もちろん偏りは生じます。しかし、「どのような偏りを選択するのか」ということだと考えています。



BoBoさんの質問にもありますが、ではどのように妻方多世代同居の妻を募集すればよいとお考えでしょうか。お考えを伺いたいと思います。

では順番にお答えします。
私が言うところの標本の偏り、バイアスというのは、家族心理.comと名前のついたウェブサイトあるいはブログで家族心理学研究の調査対象者を募集するってところから生じる可能性があります。
そちらのサイト・ブログの訪問者というのは、それぞれ色んな理由があって閲覧しているのだと思うのですが、多くの方は「家族心理学に興味があって」「自ら検索なり何なりでサイト・ブログにいきついた人」なんじゃないでしょうか。
そういう人たちが果たして母集団を代表する標本になるのか?ってことが問題なわけですよ。
そういうことで、BoBoさんの

ロテ職人さんが言われるネットで調査するバイアスというのは、本当に調査対象の条件を満たしているのか確認の手段がないということでしょうか。

は、違いますね。
むしろ、家族心理.com及び[家族心理.com]管理人ブログを見て応募してくる人は、恐らくその辺でのごまかしはしないでしょう。
そういう人たちは相当興味があって応募してくるはずです。謝礼についても書かれていないので、謝礼目的ではないでしょうから、ホント純粋に興味・関心で。ある意味では「良い」サンプルなのかもしれません。そして、それだけに偏りは大きいと思われるのです。「家族心理学に興味を持っている人たちである」という点で。

このような多世代家族の研究などの場合は広く協力者を募る必要があり、どこかに所属する方々にお願いするというのも難しいのではないかと思う次第です。

はい。難しいですし、「どこかに所属する方々」って時点でやっぱり偏りは生じます。
Wikipedia標本調査の項目の「抽出の枠」ってところにこんなことが書かれておりますよ。

抽出枠は母集団を代表するものでなければならないが、これには統計学だけでなく個別の分野での判断も重要である。



一例を挙げると、1936年のアメリカ大統領選で、Literary Digestは200万人の調査から、対立候補がF.D.ルーズベルト候補に勝つ(57%対43%)と予想したが、ギャラップは30万人の調査からルーズベルトの勝利を予想し、結局こちらが正しかった。Literary Digestは電話や自動車の保有者リストを用いたので、標本のサイズが莫大だったにもかかわらず富裕層に偏ってしまった。同じようなことは、近年のインターネットによる調査でも問題になっている。

この辺に関して、手元にこの本があったのでちょこっと調べてみました。

心理学論文の書き方 心理学論文の書き方
松井 豊

河出書房新社 2006-09-09
売り上げランキング : 58075
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

p.79 4章 方法 ■研究参加者の抽出方法・依頼方法 より

 無作為抽出していない実験や調査では、被験者がどのような点で統制され、どのような点で偏っているかが読み手に分かるように、記述します。大学の講義中に質問紙を配布するような形で、研究参加者を募集した場合には、無作為に抽出されていませんから、読み手が参加者の偏りを推定できるように、依頼手続きを記述します。募集時に謝礼を渡すことを約束している場合には、それも記述します。

(中略)

 たとえば、資料4-3(資料略)の手続きであれば、研究参加者は心理学に興味がある3年生までの大学生に偏っていますし、任意参加ですからボランティアバイアス(援助性が高い人のみが参加することによるバイアス)もかかっています。

今回の件では家族心理学に興味がある(多分相当)人であり、任意参加ですから当然ボランティアバイアスはバリバリかかっておりますわな。
ものすごく当たり前の話ですが、この手の調査の場合、やっぱり無作為抽出、ランダムサンプリングが一番いいに決まってますよね。ただ、現実的にはそれは難しい…となった場合、やっぱどの程度偏りを統制できるか、どの程度工夫するかってところは研究のミソなんじゃないかと思うわけです。
家族心理.com管理人さんは

「どのような偏りを選択するのか」ということだと考えています。

と書かれておりますが、今回私が挙げたような偏りは許容範囲とお考えなのでしょうか?少なくとももう少しコントロールできる部分はあるんじゃないかと私は思いますよ。
…ということで、長くなったので続きはまた別エントリで。
関連エントリ
ネットを使った卒論のためのアンケート調査について思うところなど(08/06/25)

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

2008/09/25 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (11件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >>「どのような偏りを選択するのか」ということだと考えています。
    ということですが、今回のサンプリングでは、研究のための研究(社会的意義が少ない)になってしまいそうな気がします…。
    *もちろんブログからのサンプリングだけではないと思いますが
    まあしかし、パイロットスタディとして考えれば、意義はあるのかもしれませんね。
    >少なくとももう少しコントロールできる部分はあるんじゃないか
    ということで、私なりに浮かんだものをいくつか。
    ・「家族心理」を冠としないブログにて調査協力者を募る
    ↑これで
    >家族心理学に興味を持っている人たちである」
    というバイアスに関する問題は解決すると思います。
    ・「心理」を冠としないブログにて調査協力者を募る
    ↑これで、”「家族心理」と「心理」に興味を持っている”という偏りを統制できる要因となりうる気がします。
    この3群の結果を、比較なり何なりしてみれば、「サンプルの偏り」ということの答えは出そうな気がします。
    *もちろんまだまだ統制すべき(統制できる)要因はあると思いますが…
    しかし、ロテさんのコメントに対する
    >>ではどのように妻方多世代同居の妻を募集すればよいとお考えでしょうか。お考えを伺いたいと思います。
    というリコメントは何やら噛み合っていないような気がしますが…。

  2. >新人CPさん
    コメントありがとうございます…
    …って、ああー
    ・「家族心理」を冠としないブログにて調査協力者を募る
    ・「心理」を冠としないブログにて調査協力者を募る
    先に言われちまったー。
    その辺はやっぱり思いつきますよね。
    あといくつかアイディアはあるので、その辺は明日にでも…いや、思いついた人がいたら、どんどんコメントくださいませ。

  3. す、すみません…。
    せっかくのエントリの予定を…。
    KYついでに…
    ・それぞれ謝礼あり群を作る
    ・地方自治体の広報などに載せ参加者を募る
    *これも謝礼あり/なし群を作ればよいかと
    ・親類、友人など知人ベースで参加者を募る
    みたいなアイデアもあったりしますが。
    まあ、ここまでしても、自主的な協力者というバイアスは除けないわけで。
    研究って奥が深いですね。
    *そして、そこまでしなければ臨床への応用(まあ研究の意義はそこだけじゃないと思いますが)って生まれないのではと思ったり

  4. >新人CPさん
    お返事遅れてしまい申し訳ありません(まあ色々とありまして)。
    > ・それぞれ謝礼あり群を作る
    > ・地方自治体の広報などに載せ参加者を募る
    > *これも謝礼あり/なし群を作ればよいかと
    > ・親類、友人など知人ベースで参加者を募る
    そもそも[家族心理.com]さんがおっしゃってるのは「被験者集まらないから仕方ないじゃない」ってことのようです(多分)。なので、そこまで厳密に変数の統制はできないのでしょう。
    ただ、最後の参加者を募る方法に関しては、少なくとも「家族心理」を冠したサイトに情報をアップする以外で色々と方法はありそうに思うのですよね。
    少なくとも、家族心理.comと管理人さんのブログ以外で募集しているのは見たことがないです。やるだけのことをやった上で、「被験者が集まらないから仕方がない」と言うのならわかりますが、それをしないでってのは何だかなあというところでございますね。

  5. >やるだけのことをやった上で、「被験者が集まらないから仕方がない」と言うのならわかりますが
    そうそう、これが家族心理.comさんのブログには書かれていないから、「ではどのように妻方多世代同居の妻を募集すればよいとお考えでしょうか。お考えを伺いたいと思います」と質問されても、アイディアの出しようが無いですよね。
    でもまぁせっかく「アイディアを」とおっしゃっているから、私なりに考えてみました(進んでいる議論と関係なくてゴメンネ~)。
    で、「もしネットが無くてこういう調査するなら」と考えた場合、私なら「学校」とか「地域センター」とか「児童館」とか、まず「妻」が集まると思われる公的機関に、「こういう人を探しているのですが・・・」と調査協力者を探す依頼をするかな?
    特に学校って結構、あれこれ外部からのアンケート調査を引き受けているから、行政側に研究目的が理解されたら、学校とかでこういう調査は可能だと思うんだけれどなぁ・・・。
    地域にもよるかも知れないけれど、1校に何人かは必ずいるんじゃないかなぁ?そういう「妻」って・・・。
    それからもし学校関係に依頼するなら、PTA連合とかに頼んでも良いかも?区市町村レベルでも良し、都道府県レベルでも良し、やっぱり広くサンプルの偏り無くしつつ調査するなら、より大きい組織にアピールするのが良いのではないかなぁ?
    あ~あと、案外穴場なのは「介護関係」かも??だって、「多世代家族」ってことは「上の世代」がいるってことでもあるから、そう考えると地域にある「介護支援センター」とかに調査対象者集めを依頼しても良いかも??
    ・・・とあれこれ考えると、結構、イメージ広がって私的には「面白いなぁ・・・」と思ったりするんだけれど、これらの方法はもう既にやったのかしら??
    ネットって便利だからつい頼りたくなっちゃうけれど、自分の想像力広げる意味でも、ネット以外の方法を考えるのって、色々な意味で大切な気がするけれど・・・。

  6. >まったりねこさん
    コメントありがとうございます。
    アイディアとしては色々出てきますよね。
    > 案外穴場なのは「介護関係」かも??
    介護関係だとあからさまに色んな要因が入ってくるような気がしますが、色んなところでバランス良く標本抽出できれば、一カ所くらいそういうところが入ってるのはむしろ「カウンターバランスが取れている」ってことになるのかもですね。

  7. >色んなところでバランス良く標本抽出できれば、
    そう、これが一番大事。如何に現状・実情にあったサンプル抽出が出来るかによって、その調査結果をよりリアルに、幅の広い、奥行きあるものにしていくと思うんですよね。
    「妻」のいる場所ねぇ・・・。信田さんだともっといろんなアイディアが出てくるかもなぁ・・・。
    あ!それこそカルチャースクールとかも結構居そうだよねぇ。スポーツクラブとかも!!
    「妻」をサンプリングする場所って、考えようによっては日常生活の至るところにありそうだけれどなぁ・・・。こういう風に幅を広げて足で稼ぐことは出来ないのかなぁ??

  8. >まったりねこさん(ですよね?)
    コメントありがとうございます。
    > こういう風に幅を広げて足で稼ぐことは出来ないのかなぁ??
    そうなんですよね。
    「家族心理」を冠したネットコンテンツを使う前にも色々あるんじゃないかと思うのですが…
    まあ、他にどんな方法で探したのかわからないのでこれ以上何も言うことはできないですが、とりあえず集まりそうな気はするんですがねえ。

  9. >まったりねこさん(ですよね?)
    そうそう、私です。で、うっかり名前入れ損ねたので、すぐに次のコメントで「上のコメントは私です」と入れたんだけれど、どうやら上手く反映されなかったみたい。
    コメント投稿、最近上手く行かないことが多いみたいですね。何とかならないのかしらね??

  10. >まったりねこさん
    > コメント投稿、最近上手く行かないことが多いみたいですね。
    > 何とかならないのかしらね??
    今現在、当ブログでの総コメント数は1933、もうすぐ2000に届きそうなところです。
    それだけエントリ数、コメント数、TB数が増えたことで、そしてさらに最近のアクセス集中により、使用しているデータベースも処理しきれなくなってきているのではないかと思います。
    皆様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳なく思います。
    ここまで来ると、サーバ移転&システムを1から再構築…ということにするのが一番早いようにも思いますが、日常業務がある中でなかなか思うように時間もとれずにおります。

  11. コメント投稿してから気づきました。
    > 今現在、当ブログでの総コメント数は
    > 1933、もうすぐ2000に届きそうなところです。
    これ嘘でした。“1933”は総エントリ数。
    総コメント数は“8709”でした。そしてこれが8710番目のコメント、と。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑