Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『統合失調症治療ガイドライン』

公開日: : 心理・精神医学本

このブログでも何度か書いていることですが、大学院に在籍していた数年間、そしてその後の数年間、毎週数日は経過の長い統合失調症の患者さんたちとコミュニケーションを取る機会が持てたということは、今の自分の臨床家としての在り方を考える上で非常に有益なことだったと思っております。
そして先日、発達障害に詳しい児童精神科医の先生とお話した際、「(発達障害への関わりが多い現場であっても)統合失調症の臨床を知っていることは大きな強みになる」といったようなことをうかがいました。鑑別診断の難しさということもあるでしょうし、あるいは薬物療法に関しての知識ってところとも繋がってくることなのだとワタクシは理解しました。
そういう意味では(これも何度か書いていることですが)、いわゆる「カウンセリング」とか「心理療法」みたいなことをする機会が少ないかもしれないような(いや、実際は色々できるかもしれないのです)、社会的入院の方が多い病院だったり、あるいは精神科デイケアなんかでも、心理臨床家としての腕を磨くことは色々できるのではないかと思うのですよね。
…ってな感じのことを思いました。この本を書店で発見した時に。

統合失調症治療ガイドライン 統合失調症治療ガイドライン
精神医学講座担当者会議

医学書院 2008-09
売り上げランキング : 60586

Amazonで詳しく見る by G-Tools

精神医学講座担当者会議が監修する統合失調症治療ガイドラインの改訂版。病期別に薬物・身体療法、心理社会的療法を統合して提示した包括的治療ガイドライン。引用文献にはエビデンスレベルを明示、第2章「治療計画の策定」において治療オプションの推奨度を加えた。最近の新規抗精神病薬の詳細情報、認知行動療法、J-ACT、早期精神病など、最新トピックスが満載。日本の実情に即した記述で、日常臨床にすぐに役立つ実践的な内容。

とりあえず引用文献が豊富なのが非常に良いです。
マニュアル的に使うのは違うような気もしますし、お手軽に実践に役立てることができるかってーとそういうわけでもないと思いますが、少なくともわりと最近の知見を整理して理解する上では非常に役に立つのではないかと。
んで、現場でやってる人が自身の臨床知っていうんですか?そういうのとエビデンスとを結びつけていくことができれば、大きな強みになっていくんじゃないかと思うわけです。
お値段は若干お高いですが、そういう現場の方で興味がある方はどぞー。

1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑