『統合失調症治療ガイドライン』

公開日: : 心理・精神医学本

このブログでも何度か書いていることですが、大学院に在籍していた数年間、そしてその後の数年間、毎週数日は経過の長い統合失調症の患者さんたちとコミュニケーションを取る機会が持てたということは、今の自分の臨床家としての在り方を考える上で非常に有益なことだったと思っております。
そして先日、発達障害に詳しい児童精神科医の先生とお話した際、「(発達障害への関わりが多い現場であっても)統合失調症の臨床を知っていることは大きな強みになる」といったようなことをうかがいました。鑑別診断の難しさということもあるでしょうし、あるいは薬物療法に関しての知識ってところとも繋がってくることなのだとワタクシは理解しました。
そういう意味では(これも何度か書いていることですが)、いわゆる「カウンセリング」とか「心理療法」みたいなことをする機会が少ないかもしれないような(いや、実際は色々できるかもしれないのです)、社会的入院の方が多い病院だったり、あるいは精神科デイケアなんかでも、心理臨床家としての腕を磨くことは色々できるのではないかと思うのですよね。
…ってな感じのことを思いました。この本を書店で発見した時に。

統合失調症治療ガイドライン 統合失調症治療ガイドライン
精神医学講座担当者会議

医学書院 2008-09
売り上げランキング : 60586

Amazonで詳しく見る by G-Tools

精神医学講座担当者会議が監修する統合失調症治療ガイドラインの改訂版。病期別に薬物・身体療法、心理社会的療法を統合して提示した包括的治療ガイドライン。引用文献にはエビデンスレベルを明示、第2章「治療計画の策定」において治療オプションの推奨度を加えた。最近の新規抗精神病薬の詳細情報、認知行動療法、J-ACT、早期精神病など、最新トピックスが満載。日本の実情に即した記述で、日常臨床にすぐに役立つ実践的な内容。

とりあえず引用文献が豊富なのが非常に良いです。
マニュアル的に使うのは違うような気もしますし、お手軽に実践に役立てることができるかってーとそういうわけでもないと思いますが、少なくともわりと最近の知見を整理して理解する上では非常に役に立つのではないかと。
んで、現場でやってる人が自身の臨床知っていうんですか?そういうのとエビデンスとを結びつけていくことができれば、大きな強みになっていくんじゃないかと思うわけです。
お値段は若干お高いですが、そういう現場の方で興味がある方はどぞー。

1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑