Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

Wikipediaの「臨床心理士」の項目を見てネット利用について考えてみる

公開日: : 臨床心理学

そういや今年も臨床心理士の資格試験、終わったんですよね(「いつの話だよ」って感じ?)。そんなこともあり、改めて読んでみたんですよ。
って前にもこの件についてちょっと取り上げたんですよね。
そういうことは「少なくない」ですか?(06/01/12)
上記過去ログ読んでいただければわかりますが、当時の記述はなんかひどかったですよ。それに較べれば、今はずいぶんとマシになりました。
マシにはなったのですが、若干気になるところもなくはないです。


ひとつはここ。
「臨床心理士資格試験の現状」の「2次試験」の項目。

臨床経験について、心理査定、スーパーヴィジョンの有無などを問われることが多いと言われている。

圧迫面接をとられることが多いようである。

「~問われることが多いと言われている」はまあオッケーです…いや、ホントはオッケーじゃないんだけど。問題はその次。
圧迫面接をとられることが多いようである
ソースは?
ホントに多い?そして仮にそういう報告をする人が多かったとして、それは検証可能なのでしょうか?
参考:Wikipedia:検証可能性Wikipediaヘルプ
もちろんこの記述が「否定的な内容だから」という理由でツッコんでいるわけではないですよ。
同じ理由で「概説」の中の

その中で臨床心理士は、現在最も知名度の高いものである。

大学院カリキュラムへの介入に関しては、指定大学院制度の導入に伴って臨床心理士が他分野の研究者の常勤ポストを相当数奪ったので、他分野における臨床心理士への心証は決して良いものではない。

って辺りもその出典が大変気になるのですよね。
参考:Wikipedia:出典を明記する
・・・「じゃあ、お前が編集しろよ」って意見があるのもわかります。Wikipedia:五本の柱にもあるように「誰でも編集可能である」というのはWikipediaの理念の中でも重要なものですから。
上記過去ログにあるような頃に較べれば、今は編集しやすくなったかもしれません。んでも、やっぱり躊躇してしまうのです。そういうための場じゃないところで議論になってしまうのは嫌だし、「ロテ職人が編集した」ってことが気に入らない人もいるかもしれません(ええ、自意識過剰は百も承知でございますよ)。
そんなこんななので、誰か編集してください(と、今回も他力本願100%)。
あ、ついでにもう一つ。できれば「業務内容」に関してはもう少し明確にしてもいいと思います。その辺は資格認定協会のページにも明記されているわけですから。
・・・・・・・・・・
そんな感じで、自分がそれなりに知っている項目だからこういうことも言えるのですが、これがもし全く知らないことだったとしたら。自分がもし「臨床心理士」について知りたいんだけど、よく知らないのでWikipediaで調べました…って人だったとしたら、鵜呑みにしてしまうかもしれません。
あ、でも「ソースは?」ってのはやっぱ気になるかな。
理念として「完璧な辞典ではない」ってのがあるので、その辺は気をつければいいわけなんですが、やっぱウェブ上の情報ってのはどっかで疑ってかからなきゃいけないところが未だにあるよなあと思うのですよね。
あの名言「嘘を嘘と~」ってのは全くもってその通りであるなあ、と。
なんかありきたりな結論で大変恐縮なのですが、とりあえず誰か「臨床心理士」の項目編集プリーズ。

ウィキペディアで何が起こっているのか 変わり始めるソーシャルメディア信仰 ウィキペディアで何が起こっているのか 変わり始めるソーシャルメディア信仰
山本 まさき

オーム社 2008-09-03
売り上げランキング : 72378
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

そして1日1回ポチっとクリックしていただき、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

2008/12/10 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑