Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

某O塚御大の「講話」を聴いて思ったこと

公開日: : 資格問題

なんだか年末っぽく忙しかったのに加え、このブログのリニューアル作業を進めていたですよ。
ちょっとこのサーバが手狭になってきたので、スペースだけは用意してたのですが「URLを変更しない」で「今ある記事を全てそのまま移行」ってことをしようとするとちょっとめんどくさかったり、あるいはなんかテンプレートに懲りすぎて無駄な時間がかかったり…なんてことがあって。
そんな感じでなんだかずいぶん更新できなかったですよ。
以上、言い訳終わり。そしてここから本題。
今年もそれなりに色んな研修会や勉強会に出ました。その中のある一つの研修会に参加した際、某団体の大変偉い人であるところの某O塚御大の「講話」があったですよ(そういや「某」ってつけりゃ何言ってもいいのかよ?と最近色んなところで思ったなあ…ってのはまた別のお話)。
で、何しろボーッと聴いていたのでかなりうろ覚えの部分があるのと、今にして思えばホントにそんな話するか?くらいの感じの話なので、あくまで信憑性という点で疑問符がつきまくっている「ワタクシ=ロテ職人のうろ覚え記憶」がソースであるという前提でお読みいただければ幸いでございますよ。
O塚御大のありがたい「講話」は、まあいつものように妙なテンションでやけに景気のいい話ばっかりだったんですが、その中でも一番印象に残った(というかそれしか残っていない)のが「年収1千万クラスの臨床心理士をもっと増やしたい」「そのために臨床心理士資格保持者の大学教員をもっと増やしたい」ということでした。
その時思ったこと。


ぶっちゃけ、あのお方は本気であんなことを思っているのでしょうか?そして、あれを聴いていた人は本気でこの話を信用していたのでしょうか?
本気だとしたら、正直なんかなあという感じですよ。
いや、確かに「何度も言ってるうちにそれが現実になる」ってケースもあるかもしれないから、言うことに意義はあるのかもしれないけれども、んでもあまりにも現実味がないですよ。
確かにそれなりの大学の教授レベルでもないとなかなか1千万プレイヤーってのは難しいのかもしれませんが(あとは経営の才覚のある人なら自営?それもまた色々難しい)…でもねえ。
少子化が進んでいる昨今、大学経営も大変みたいっすよ。大学教員やってる先輩や後輩の話をたまに聞くと、それなりに名の通った大学でも実情は厳しいようで。
それだけ教員増やしたとして、年収1千万円を達成するのにどこからお金持ってくるんでしょうね?
あ、ちなみに「研究の業績がなくとも大丈夫」だそうです。どうも話を聴いていると「臨床実践の指導をする教員」を増やしたいという意向のようで。
それもまたなんだかなあという感じです。
現実的には専門職大学院を増やすということみたいですが、そもそもそんなに臨床心理士が必要なのかって現実もありますし、もっとドロっとした話をすれば臨床系以外の心理学者はただでさえ就職先が少なくて大変なのに、そんな中で他領域との関係の中で余計な摩擦を増やすだけじゃないかと思うですよ。業績なくても大丈夫なんてことになったらなおさらです。
いくら臨床心理士しかいないからと言って、そういう話をおおっぴらにしてしまうってのはその政治感覚を疑ってしまうですよ。
・・・・・・・・・・
…こんな話をしちゃったら、私はアレですかね。消されちゃうですかね。
とりあえず、ソースはあくまでもワタクシの怪しげな記憶ってこと、来年も当ブログともどもよろしくお願いしますです。
あ、今年中にまだまだ更新はしますのでお暇でしたらどぞー。

大掃除がんばってますか?学問・科学ランキング

2008/12/27 | 資格問題

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (15件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. すばらしいです。この話をブログに書かれたことに対して敬意を表します。素朴な疑問を以下に並べます。
    1)臨床心理士認定協会がなぜ大学の
    教員を増やすなどと言うことを言えるのでしょうか?
    2)専門大学院の将来は決して明るくない。
    法科大学院,教職大学院ことをちょっと考えればわかるはずなのに
    3)このような上から目線で,本当にこの人は
    臨床ができるのでしょうか?心配です。

  2.  ロテ職人ともあろう方が心理学者でもなく臨床家でもない政治やに青筋立てて大人気ないことです。時間と紙面の無駄というものです。もう少し叩く価値のある者を叩きましょうあああ1たとえばわたしのように!

  3. 賛成です。
    某団体O氏の発言が事実とすれば、
    たいへん遺憾ですし、問題あると考えます。
    >「年収1千万クラスの臨床心理士をもっと増やしたい」
    >「そのために臨床心理士資格保持者の大学教員をもっと増やしたい」
    などという安直な方向性で運営を進めていくのであれば、
    それは世の中のためにならないですし、
    臨床心理士の首を絞めることにもなると思います。

  4. 言いたいことがあれば、本人を前に堂々と議論すればいいと思います。
     お怒りになるかもしれませんが、臨床家としての素質を疑いたくなります。
     こんなことをかくとあなたは必ず自分を正当化すると思うが。
     

  5. >勇気さん
    コメントありがとうございます。
    > すばらしいです。
    > この話をブログに書かれたことに対して敬意を表します。
    何で敬意を表されるのかはよくわからないのですが、とりあえずありがとうございます。
    > 1)臨床心理士認定協会がなぜ大学の
    > 教員を増やすなどと言うことを言えるのでしょうか?
    協会として言っているのか、個人の意見なのかはわからないので、この辺は何とも言えません。
    > 2)専門大学院の将来は決して明るくない。
    これは私もそう思います。
    > 3)このような上から目線で,本当にこの人は
    > 臨床ができるのでしょうか?
    これはあくまでも研修の中での「講話」ですし、臨床場面では役割の切り替えが出来る方なのかもしれませんので、その辺はやっぱり何とも言えないと思います。

  6. >久野さん
    コメントありがとうございます。
    なんだか色々誤解されているようですので、訂正させてください。
    > ロテ職人ともあろう方
    私は若手の一臨床家でしかありません。「~ともあろう方」と言われるほど偉くもなければ能力が高いわけでもありません。
    > 心理学者でもなく臨床家でもない
    > 政治やに青筋立てて大人気ないことです。
    青筋立ててはいませんよ。単に疑問に思っているだけで。なのでこのエントリをもって「大人げない」と言われるのは本意ではありません。
    > もう少し叩く価値のある者を叩きましょう
    そんなわけで別に私は「叩きたい」と思っているわけではないのです。
    > たとえばわたしのように!
    あれですか?被虐性欲ってやつですか?私はそういう趣味はありませんので、おつきあいはできませんのであしからず。

  7. >デスマさん
    コメントありがとうございます。
    > 某団体O氏の発言が事実とすれば、
    問題はここですよね。私も自分で書いておいて「本当にこういうこと言うかな?」と疑問を抱くくらい、事実だとしたら非常に問題のある発言ですよね。
    もしこの話が事実かどうか確かめようと思えば、できないこともないので「事実誤認だ」というクレームに対しては対応可能なんですけれども。
    当日、同じ話を他の参加者の方が、一体どう思っていたのか非常に気になるところだったりします。

  8. >duoさん
    コメントありがとうございます。
    > 言いたいことがあれば、
    > 本人を前に堂々と議論すればいいと思います。
    議論も何も、その時になされたのは「(大勢の聴衆に)わかりやすく説き聞かすこと。また、その話。」という辞書的な意味での「講話」であり、議論の余地が全くなかったのですよね。
    あと、当ブログではそのためにコメント欄を解放しているわけでして、ご本人でなくとも反論がある方は自由に反論してくださってかまいません。
    そういう意味ではそれなりに「堂々と」しているつもりなのですが、その点ご理解いただけないとしたら残念です。
    > お怒りになるかもしれませんが、
    > 臨床家としての素質を疑いたくなります。
    「本人の目の前で正々堂々と議論しない=臨床家としての素質を疑いたくなる」ということですか?その論理展開が私にはよくわからないので、ご説明いただければ幸いです。
    > こんなことをかくとあなたは必ず
    > 自分を正当化すると思うが。
    duoさんにとっては私のこのコメントも「自分を正当化している」ことになるのでしょうか?

  9. 臨床心理学を専門とする大学教員の採用には業績以外の部分が大きく関与するのは確かです。
    だからといって業績(ほとんど)なしで就職するのは入試倍率が2倍をこえているところではかなり難しいと思います。
    入試倍率が2倍をきるような大学ではいろいろあるので必ずしも無理ではないかもしれません。でも,そういう大学では最近ボーナスが実質なしなんてところもあるそうですから,年収1千万クラスになるのはかなり大変じゃないすかね。
    ある程度入試倍率が高いところでは,教授会もそれなりには機能しているので,業績(ほとんど)なしでは就職できないでしょう。under40世代は人数が多いだけでなく,業績があるひとも少なくないので,大学への就職は簡単ではありません。

  10.  社会が必要とするのであれば,臨床心理士の収入が増えることも,大学で多くのポストを占めることも当然の流れでしょう。
     ただ,問題は,本当に社会が必要としているのか?の一点ですよね。
     臨床心理士資格は,指定校制度の成立以前は,既に心理職として実務経験を持つ方に対して付与されていました。しかし,その後,実務経験のない方も資格を取れる制度になって,資格の意味が変容したように思います。
     まして専門職大学院を出れば実務経験もなく,修論も書かず資格を取れます。時として他学科出身で,心理学の卒論も修論も書かず資格を取ってしまう例もありうるわけで,これでは専門職大学院という名の専門学校といわれても仕方ないでしょう。
     また,心理職の実需がそんなに伸びているのかはかなり怪しいところです。今後,学校心理職が何らかの形で常勤化すれば,確かに心理職の職域も拡大するのですが,文部科学省はそういう気もなさそうです。
     私は病院臨床のことはよく知りませんが,心理の国家資格が出来れば病院での雇用が飛躍的に拡大しそうなのでしょうか。

  11. >デスマさん
     私はO塚氏の発言を直接聞いたわけではないので,あくまでもロテ職人氏の書き込みを事実(に近い)と前提した上で思うのですが…
     公的な立場を持つ人の公的な場での発言を,インターネットを利用して匿名で批評することは非難されるべきことではないと考えます(確かに,O塚氏が公的な立場を持つ人で,研修会での「講話」が公的な発言であるという前提についても議論はありえますが)。
     現実にある程度の権限を持つ人に対して歯に衣着せず物申すことは,何のしがらみもない立場に置かれていない限り,その後のもろもろの不利益を考えれば,事実上決して簡単ではありません。
     そうである以上,言論の自由を形式的ではなく実質的に保護するためには,匿名で発言する権利が補償されなくてはならないと思います。ジャーナリズムだって情報源が秘匿されなければ,なかなか突っ込んだ取材をすることは難しいでしょう。
     したがって,>言いたいことがあれば、本人を前に堂々と議論すればいいと思います。という発言は,事実上,権限のある方に対する批判を封殺しようとする発言であり,個人的には受け入れがたいと考えます。

  12. 私の知人で、紀要論文2本以外の業績が一本もなく、もちろん学位もない(博士課程中退)人がいるのですが、このたび旧帝大の准教授になりました。紀要論文なんてエッセイとかレポートみたいなもんで、ほとんど業績ゼロなのでこれにはさすがに驚きました。まあ旧帝と言っても、特に評判よろしくないQ大ですけど。。そういう人なんかは外部の講演料なども入れれば年収一千万くらいになってると思います。
    これが臨床心理学の未来かと思うと暗澹とした気持ちになりますね。

  13. >Rさん
    >言いたいことがあれば、本人を前に堂々と議論すればいいと思います。
    と述べたのは、私じゃなく、次の人です。

  14. >デスマさん
    これは間違いなので謹んで訂正します。

  15. ありがとうございます。
    なお、ご意見の内容自体には、私も同意します。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑