Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「良いお年を」はタブーらしいです

公開日: : 臨床心理学

「日本で初めて営業マンから臨床心理士に転職した人らしい」(プロフィールより)豆柴さんのブログ、豆柴日和を読んでいてものすごく違和感を感じたのでちょこっと言及してみたいと思いますよ。
08/12/07のエントリ、「業界におけるタブー、『良いお年を』が言えなくて。」より。個人的に読みにくいので改行は改変してありますのでご了承ください。

この時期になると「良いお年を!」という声が街の中で少しずつ聞こえてきます。「また来年もよろしく御願いします!」も同様に聞こえてきます。



友人同士や一般のサービス業ならごく当たり前の光景。でも業界によっては「タブー」だったりすることも実はあったりします。

「タブー」っすか?

僕たちの業界では相手の方に合わせて言葉の選択を慎重に選ぶ。

そりゃそうっすね。

「良いお年を!」も人によっては「今年は良い年じゃなかったってことか・・・」というふうに受け取られてしまうこともあるから。

確かにそういうことはあるかもしれません。

「また来年もよろしく御願いします!」にいたっては「来年も病院に通い続けろってことなのか・・・」という尾ひれがついてしまうことだってある。

そういうこともあるかもしれませんね。

次にお会いするのが年明けと分かっていてもいつもと変わらず淡々と「ではまた次回。お気をつけて」と言ってお別れをすることが、その人にとっては逆に救いだったりすることも往々にしてあったりする。

「逆に」って?「救い」?

言葉の選択はとても難しい。「自分が何を伝えたかったのか」ということはまるで意味をなさない。



「相手がどう受け取ったのか」そこに全てが問われてくる。



どんな言い訳も許されない。

一番違和感があるのはここかなあ…。


個人的には「相手がどう受け取ったか」も大事だとは思いますが、もっと大事なのは「自分が伝えたかったことを」「相手がどう受け取ったのか」ってことなんじゃないかと思います。
そして、何かそこでズレが生じるような時はそこで出てきたズレを面接の中でどう扱うかを考えればいいんじゃないですかね?「言い訳」するんじゃなくて。
まとめると「相手が否定的な意味で受け取る可能性があるから『良いお年を』と言ってはいけない=タブーである」とするよりも、「自分がそういう意味で言ったのでない内容に関して、相手が否定的な意味で受け取ったとしたら、それに対して言い訳をするのではなく、またその言葉をタブーとするのではなく、相手がそう受け取ったことの意味を考慮した上で対応を考える必要があるのではないか」ということですかね。
そこで「タブー」ってことにしてしまうのは、私としては安易なのではないかと思いますよ。
だって「良いお年を」が「「今年は良い年じゃなかったってことか・・・」と捉えられる可能性があるとしたら、「ではまた次回。お気をつけて」だって「『お気をつけて』なんて余計なお世話だ」とか「『お気をつけて』なんて、そんなに注意散漫だと思われているのか」と捉えられる可能性があるわけで。
やっぱそこで「タブー」にするのではなく、「そのような意味でとられること(とられたこと)の意味を考える」ことが必要なのではないでしょうか。もちろん、拠って立つ技法によって対応は様々でしょうけれども、「タブー」ってことはないかと。
皆様どう思いますか?
ちなみに私はいつものように「また次回お会いしましょう」と言って面接を終えたような気がします。

もういくつ寝ると?学問・科学ランキング

2008/12/28 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑