Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【なかなか】『研修医のための精神医学入門』【良さげ?】

公開日: : 心理・精神医学本

元々は研修医向けの本なんだけど、臨床心理学系大学院生の病院実習の際にもお勧めでございますよってことで当ブログで何度か取り上げているこの本。

精神科研修ハンドブック 精神科研修ハンドブック
岸本 年史

海馬書房 2007-04
売り上げランキング : 281242

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【病院実習の】精神科研修ハンドブック【友】(05/12/13)
【アレの改訂版が】病院実習に持っていきたい本【ついに出た!】(06/03/01)
医療現場へ実習に行かれる学生さん必携の3冊(06/04/14)
Amazonではずっと品切れなのですよね。んじゃ、絶版かというとそういうことでもないらしく、出版社のサイトの既刊案内にはしっかりと残っておりますですよ。
海馬書房:精神科研修ハンドブック
「名著!」って類の本ではないんですが、初歩的な知識がかなりコンパクトにまとまっているという意味で、いい本なんだけどなあ。
ちなみに楽天ブックスには在庫ありました。意外に使えるな楽天。
【楽天市場】精神科研修ハンドブック第2版:楽天ブックス
まあ、それはともかく…
関連本でいいのがないか、探してはいたんですよ。んで、コンセプトはちょっと違う感じがするんですが、見つけたのがこれ。

研修医のための精神医学入門 研修医のための精神医学入門
石井 毅

星和書店 2004-01
売り上げランキング : 427316

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これはこれでなかなかイイ感じ。

医師における精神科的視点の重要性から、2005年度以降、国家試験を合格した医師全員に精神科での研修が義務づけられる。本書は、それら全ての研修医を対象に、精神症状の捉え方の基本、精神疾患の初期症状への対応、また社会復帰や支援体制の現状などをわかりやすく解説したタイムリーな学習書である。

てか、発見したのはごく最近なのですが、2003年に出てるんで全然新しい本ではないですな。
内容的には前半を丸ごと「精神症状の捉え方の基本」ってことに使っている辺りから考えると、例えば予診をとったりするような場合には非常に役立つのではないかと思います。基本的な事項を確認するって意味で。
あと「II 章 精神疾患に対する初期的対応と治療の実際」辺りを読んでいれば、初診時の医師の対応の意味がなんとなく理解できるようになるかもしれません。
そんな感じの内容ですので、薬の知識とかは他で補完する必要がありますですよ。とりあえずこの辺で。

こころの治療薬ハンドブック こころの治療薬ハンドブック
山口 登 宮本 聖也 吉尾 隆

星和書店 2008-02
売り上げランキング : 12429
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

・・・・・・・・・・
前に取り上げた『精神科研修ハンドブック』同様、とにかく薄くて持ち運ぶのには大変便利です。持ち歩いて、困った時にちょこっと開いて読み直してみるという感じでしょうか。
実習を受ける側の心理職の方々なんかにもどーぞです。

よかったら…学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑