Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【岩波新書って】柏木惠子著『子どもが育つ条件-家族心理学から考える』【久しぶり】

公開日: : 心理・精神医学本

高校生くらいの頃はよく読んだんですけどね>岩波新書
とりあえず専門書が必要なので一般向けの本は読まなくなるという感じなのかも。
そんな昨今、久々に手にとった岩波新書がこれ。

子どもが育つ条件―家族心理学から考える (岩波新書) 子どもが育つ条件―家族心理学から考える (岩波新書)
柏木 惠子

岩波書店 2008-07
売り上げランキング : 13482
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

自己肯定感の低下、コミュニケーション不全の高まりなど、子どもの「育ち」をめぐって、様々な“異変”が起きている。一方、子育てのストレスから、虐待や育児放棄に走る親も目立つ。こうした問題の要因を、家族関係の変化や、親と子の心理の変化に注目して読み解き、親と子ども双方が育ちあえる社会の有り様を考える。


まだちゃんと読み込んでいないのですが、「あとがき」に

本書は、私の専門である発達心理学と家族心理学の研究に基づいて、「子どもが育つ条件」だけでなく、「おとなが育つ条件」についてもかなり紙数を割いて扱っています。

とあるように、生涯発達心理学的な視点が重視されているところが興味深いです。
そして個人的に父親の要因に関する知見が多く含まれているところは、やはり自分について色々考えさせられるなと思った次第でございます。
価格も安いですしさらっと読めちゃうと思うので、興味のある方はどぞー。

ついでによかったら…学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

no image

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(...

記事を読む

cotreeトップ

オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、...

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ...

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. お久しぶりです。
    岩波新書!!
    私も高校?予備校頃は夢中で読みました。
    安くて手軽で読みやすくて、なのにロマンが漂ってきて、
    本当好きでした。
    「岩波新書」時代が思い出だなあ。
    確かに、大人になると読まなくなるものですね。
    あの頃と比べると、今はいろんな新書が出て、なんだか新書の有り難みが目減りした感がありますが。
    しかしその本↑は面白そう。
    見かけたら読んでみようと思います。

  2. >ミナミさん
    コメントありがとうございます。こちらではお久しぶりです。
    > あの頃と比べると、今はいろんな新書が出て、
    > なんだか新書の有り難みが目減りした感が
    > ありますが。
    もう収束したっぽいですが、ここ数年出版界では「新書ブーム」が巻き起こっていたようで、色んな出版社から新たな新書がボンボン出てました。
    その中で結果的に飽きられてしまったというところがあるのではないでしょうか。
    多数のアレな本の中でもキラリと光る新書はあるんじゃないかと思いますし、古典的名著と呼べるようなのも探せば結構あるはずなんですよね。
    ちなみにこの本は面白かったです。先行研究で明らかになった知見を一般の人でもわかるような形でまとめているので、なかなか説得力がありました。
    よかったらどぞー、です。
    そして今後ともよろしくです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
no image
現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(

cotreeトップ
オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、

リハビリ
リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。

疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

→もっと見る

PAGE TOP ↑