さそうあきら『神童』を読んだ

公開日: : 漫画・アニメ・ゲーム

届きました。さすがAmazonさん、早いっす。

神童 (1) (Action comics) 神童 (1) (Action comics)
さそう あきら

双葉社 1998-06
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

読みました。すごいです。これはすごいです。面白かった。未読だったことが非常に損をしていたと思えるくらい面白かった。帰宅したのは夜中なのに2回も読み直してしまいました。

浪人生・菊名和音は栄光音楽大学を目指しているものの、「合格は無理」と言われていた。そんなある夜ボートを漕いでいた和音は野球ボールを捜しにきた少女・成瀬うたと知り合う。勢いでうたに部屋に上がりこまれる和音だが、彼女は和音のピアノから聴いたことも無いような素晴らしい音色を奏でたのだ……。

Wikipediaより)
あ、「物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。」なので未読の方はWikipediaの記述は読まない方が吉。
この物語、何がすごいって「音」の表現に対するこだわりがすごいです。同じくクラシック音楽を扱った作品である『のだめカンタービレ』と比較すると、『のだめ』は(本来紙面上では表現できない)「音」を表現することには、そんなに力を入れていないように感じます。のだめの演奏のすごさってのは、主に聴く者の反応として描かれていることが多いんじゃないでしょうか。あるいは比喩的…というか直喩っぽい表現が多いのではないかと思います。
あ、今気づいたんですが『のだめ』の最新刊が8月に出るらしく、AmazonさんではDVD付き初回限定版の予約が開始しておりますよ。

DVD付き初回限定版『のだめカンタービレ』第22巻 DVD付き初回限定版『のだめカンタービレ』第22巻
二ノ宮知子

講談社 2009-08-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

脱線終わり。
それに対して『神童』では、「音」をどのように表現するのかってことに対して、かなりこだわってるように感じますよ。直喩に対して、隠喩?みたいな。もちろん、演奏の凄さが聴衆の反応としても描かれているし、ストーリー展開としても表現されているのですが、とにかく「音」の表現はすげえなと思いました。
つか今気づいたんですが(これ多いな)、この作品は第3回手塚治虫文化賞のマンガ優秀賞を獲得しており、ウェブページに作者のコメントも掲載されております。
マンガ優秀賞 さそうあきら 『神童』

音楽はそれ自体が計れないほど大きな力を持った表現です。



しかし、発信された音楽にむかって傾けられた耳がないとその表現は死んでしまいます。『神童』の中で僕は音楽を耳の問題として表現しようと思いました。



どういうふうに耳を傾ければ音楽が音楽として聞こえてくるのか?



音楽を音だけではなく、絵だけでもなく、エピソードとして表現すること。それが僕の考えた方法でした。

うん。納得。
そんな辺りをおいといても、とにかく物語自体が面白い。単行本全4巻でコンパクトにまとまっており、間延びしてないのもイイ感じ。さそうあきらの絵は好き嫌いが結構分かれるところかもしれませんが、とにかくストーリーに読ませる力があります。
知ってる人は「何をいまさら」なのかもしれませんが、未読の方は読んだ方がいいです。マジお勧め。

そしてよかったらポチっと…学問・科学ランキング

関連記事

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなかったのですよ…「最近の」という

記事を読む

ドラクエ3

次女と一緒に3DS版DQ3やってます

17/09/24のエントリ、次女と一緒にDS版DQ6やってますで今さらながらDS版のドラクエ

記事を読む

ナナマルサンバツ第1巻

元「クイズガチ勢」としては『ナナマルサンバツ』は気になるのです

もう今日で9月も終わり。明日から10月っすね。 2017年の夏アニメはほとんど見てなか

記事を読む

Kindle unlimited

Kindle unlimitedで『女帝』全24巻と続編の『女帝花舞』全28巻を読破した

昨日、ガンバって書いたらネタもやる気も尽きてしまったので本日は軽めに更新。 みなさん、

記事を読む

DQ6-3DS

次女と一緒にDS版DQ6やってます

ゲーム業界的にはドラクエIXフィーバー的なことがすっかり落ち着いた感じかと思いますが、そんな

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑