『臨床心理学』Vol.9-No.3(金剛出版)

公開日: : 心理・精神医学本

読んでみた。

臨床心理学 Vol.9 No.3 (9) 臨床心理学 Vol.9 No.3 (9)

金剛出版 2009-05
売り上げランキング : 21880

Amazonで詳しく見る by G-Tools

特集は「子ども臨床において事実を分かちあう」ってことで、村瀬嘉代子御大を始め、有名どころが色々と書かれております。子どもに関わる機会が多い方は読むのが吉。
個人的に大変気になったのが、(普段はあんま気にしないところの)投稿論文。ちゃんと査読されておりますし、載ればきっちり業績になるってこともあって、ワタクシも以前某氏に投稿を薦められたりもしたのですが、ネタがなかったので出来ませんでした。
で、原著論文
末木新 2009 自殺系掲示板の持つ自殺予防効果の構造. 臨床心理学, 9(3), p369-381.
これって、当ブログの過去ログ
自殺のこととか(08/06/20)
ネットを使った卒論のためのアンケート調査について思うところなど(08/06/25)
で、ちょこっと取りあげました
自殺サイト:自殺 臨床心理学
での調査をまとめたものですよね。ちゃんとまとめたのはすげえ。


詳しい内容に関しては本誌を見ていただければと思いますが、ちょっと気になったところ。
・mixiでは「スレッド」じゃなくて「トピック」ですわな
…って、これはホントに些細なことで申し訳ない。
・やっぱり自殺系掲示板の正の側面と同じくらい負の側面も気になる
…上記文献の本文中でももちろんその辺は言及されているのですけどね。ただ「従来の紋切型のイメージで考えられた負の側面」ってのと「正の面の帰結として生じる問題点」の違いはよくわからんです。
正の側面の帰結として生じる負の側面もあるだろうし、そうでない負の側面もあるのではないかと思うです。
いずれにしても、問題点・負の側面が生じるメカニズムってのは今回の研究同様の手法で分析可能なような気がします。ひょっとしたら手持ちのデータでかなり分析可能なのではないかと思ったり。
あ、あと
・やっぱ質的研究はめんどくさそう
…とりあえず卒論なんかで安易に質的研究やろうなんて大それたことを言うような輩は色々と考え直すのが吉。
そんな感じで、筆者による今後の研究に期待!であります。
その他の記事も色々と面白かったので、興味のある方は是非。

1日1回クリックして順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑