Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【社会・心理的?】統合失調症の社会・心理的アプローチ【心理・社会的?】

公開日: : 心理・精神医学本

学部時代、某大学の福祉学科の学生さんとおつきあいしていたのですが…ってかそれは現在の妻であり、妻は社会福祉士の資格を持っていたりするわけなんですが、その彼女と「心理・社会的」援助というべきなのか、「社会・心理的」援助なのかでもめたことがありました。
今にして思えば、それはよって立つ学問的基盤による差異でしかないのですが、それでもよって立つ基本が違うと似たような職種であったとしても色々違いは生じるのだなあと気づいた次第でありましたよ。
そんなことを思い出したのはこちらの本を読んだからでございました。

やってみよう! 統合失調症者への社会・心理的アプローチ―ソーシャルワーク・福祉の力でどこまで回復できるか やってみよう! 統合失調症者への社会・心理的アプローチ―ソーシャルワーク・福祉の力でどこまで回復できるか
中村正利

遠見書房 2009-05-01
売り上げランキング : 78941

Amazonで詳しく見る by G-Tools

統合失調症者の陰性症状に効果のあるグループミーティングをし、多くのメンバーを社会復帰に導いている精神保健福祉士による、刺激的な統合失調症への非薬物療法的アプローチのすすめです。もちろん、生物学的治療をまったく無視するわけではないですが、社会・心理療法を並行すれば、より実際的な「治癒」が進むはずです。本書では、その理念と理論と実際のところを詳述しました。



統合失調症では一生薬物を飲み続ける必要があるとされますが、H・S・サリバンの時代には、エビデンスのある精神病薬もないのに、初発の緊張性統合失調症において6~7割におよぶ治癒率を達成しています。なぜか?──というところから、本書のアイデアは始まっており、さまざまな治療の歴史を振り返りつつ、人と人がかかわるという単純な社会・心理的アプローチでどれだけの治癒ができるのかということを模索しています。



本書には、デイケアを運営する精神科医やPSW、心理療法家の方々にとって、とても強烈なメッセージが詰まっており、統合失調症を援助する方たちの必読書と言えるものです。臨床や人間の可能性を信じている方にはぜひ読んでほしい一冊です。

遠見書房 図書目録より)


ってなわけで、幅広い職種に向けて書かれた本だと思います。デイケアに関わっている方には激レコメンです。というか、精神医療に携わっている方には是非読んでいただきたいと思う部分がたくさんありましたよ。
まず、個人的に興味深かったのが第1章で「統合失調症とは何か」について論じているのですが、それが「ソーシャルワーク」という視点からであるということでした。「治る」とはどういうことか、そして統合失調症者の「ニーズ」を理解するってことについては、現在デイケアに関わっていないワタクシにとっても非常に参考になりましたです。
あと第4章「事例で描く社会・心理的アプローチ」では、いきなり「スタッフの資質」について触れられております。具体的内容に関しては本書を参照いただけたらと思いますが、最近、集団精神療法におけるアフターミーティング(振り返りの時間)の重要性については色々と考えているところもあったりして(まあ、既に色んなところで論じられてはいるテーマですが)、援助者自身の問題を克服する方法は興味深く読ませていただきました。
その辺を踏まえた上で同じ著者による

精神障害者を支えるグループミーティングのメソッド―作業所・デイケアでスタッフのできること 精神障害者を支えるグループミーティングのメソッド―作業所・デイケアでスタッフのできること
中村 正利

金剛出版 2007-02
売り上げランキング : 105880
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これ、読んでみたくなりました。
著者の中村氏は「社会・心理的」という言葉について本書の冒頭で以下のように述べております。

本書では「社会・心理的」立場などと表現しているが、通常言われる「心理・社会的」と変わりない。著者の出自がソーシャルワーカーであるので社会を先にさせてもらっただけである。

どうなんすかね?ワタクシ的にはやっぱり違うというか、職種において元々の重みづけは違いますが、それぞれの職種が場合によって「心理」に重きを置くか、「社会」に重きを置くかとバランスを取りながら援助を進めていく…みたいなのが今の私の中でのイメージです(ってことは将来的にはまた考え方は変わるかもしれないってことで)。
で、「社会」に重きを置く際に、この本に書かれていることは大変参考になるのではないかと思いますよ。
ってなわけで、興味のある方どぞーです。

順位確認後戻ってきていただけると大変ありがたく存じます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 社会-心理の二項対立が学問ベースではどんどん無効化されていきそうな今後、職能領域での対立(あるいは差異)というのは、どの程度残っていき、どの程度意味あるものであり続けるのでしょうかね。
    通りすがりに、失礼しました。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑