Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『カスガ先生の精神科入門[負けるが勝ち!]』(上・下巻)

公開日: : 心理・精神医学本

精神科領域で働いている方、特にまだキャリアの浅い方でこちらの本にお世話になった方は多いかと思います。

援助者必携 はじめての精神科 援助者必携 はじめての精神科
春日 武彦

医学書院 2004-03
売り上げランキング : 41572
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いや、良い本です。マジで…って私がお勧めする以前に色んな所でお勧めされているとは思いますが。
で、この本の著者である春日氏が出演?してるDVDを最近、書店で発見。

カスガ先生の精神科入門 負けるが勝ち!(上巻) ケアネットDVD カスガ先生の精神科入門 負けるが勝ち!(上巻) ケアネットDVD
春日 武彦

ケアネット 2008-02-29
売り上げランキング : 313339

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カスガ先生の精神科入門 負けるが勝ち!(下巻) ケアネットDVD カスガ先生の精神科入門 負けるが勝ち!(下巻) ケアネットDVD
春日 武彦

ケアネット 2008-07-25
売り上げランキング : 352276

Amazonで詳しく見る by G-Tools


って私が発見したのは最近なのですが、発売は昨年なのですね。
メーカーのサイト(CareNet.com)より引用。

臨床に携わる人であれば決して避けて通れない厄介なメンタル関連の諸問題を、多くのユニークな著作で知られる春日武彦先生が切れ味鋭く解説します。まずは「(境界性)人格障害」への対応です。医療者に対して理不尽な怒りをぶつける、クレームをつける、脅すなど困った行為をする患者と折り合いをつけて付き合うポイントを紹介します。そして現代の流行病ともいうべき「うつ病」について必要最小限の知識を凝縮してお届けします。春日先生の含蓄のある解説を聞けば、難解なうつ病をより深く理解でき、診療への指針が得られます!

自殺未遂患者に対応するケースは決して稀ではありません。自殺患者を目前にしたときに取るべき方策は限られていますが、実践的な知識がなければ適切かつ迅速に対応することはできないでしょう。そこで、様々なタイプの患者に対応するコツや取るべき手順について解説します。また、精神科以外の医師が自身の診療分野だけでなく、精神疾患を併せ持つ患者を診る際に知っておきたいことや留意するべき点について、精神疾患の類型診断のつけ方や患者への対応のコツなど、すぐに役立つ知識を伝授します。

研修なんかで診察に陪席するってことはあるかもしれませんが、こういう形で診療の実際をDVDで観られるってのは貴重なのかも。
サイトの商品説明のページからサンプル動画も閲覧可能。
カスガ先生の精神科入門

日本初の医療専門チャンネル「ケアネットTV・メディカルch.」は、スカイパーフェクTV!(772ch.)で毎日放送しています。オリジナル診療企画番組や学会収録番組など、医師をはじめ医療従事者に役立つ番組を放送中。プライマリ・ケア最強の達人講師陣による講義をテレビ映像でお楽しみください!

ってなわけで、元々はスカパー!で放送したものをまとめたものらしい。
個人で所有することを考えると…やっぱネックになるのは価格ですかねえ。さすがに自分で購入しようって感じじゃないですが、図書館とかにあったら是非閲覧したいかも。
お金に余裕があって興味がある方はどーぞw

そして順位確認後戻ってきていただけるとマジうれしっす学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ...

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
リハビリ
リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。

疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

→もっと見る

PAGE TOP ↑