Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

臨床心理士の年収とか就職とかまたまた言及してみるよ

公開日: : 資格問題

昨日のエントリ、新型インフルと臨床心理士のコメント欄にて、わさおさんからこんなコメントいただきました。
とりあえず全文引用。読みやすいように改行は一部改変してあります。

はじめまして。現在法学系の大学3回生で、臨床心理士になるために指定大学院の受験を考えている者です。



ネットや本でこの職業について調べているのですが、必ず出てくるのが「収入が低い」「家族を養えない」「昇給・保険がない」等の金銭の関することです。お金で選ぶものではないのですが、やはり気になります。私も男なので、結婚や将来の事を考えるととても不安で・・



大学に非常勤のカウンセラーさん(臨床心理士の資格保持)の話を聞いたのですが、女性の方には「オススメできない」「もし私が男なら、この収入ではとてもやっていけない」等のことを言われ、だいぶ気持ちが揺らいでおります。

現在3回生なので、インターンシップの募集や企業説明会も始まり、自分の進路について決定しなければならず焦っております。



ロテ職人さんの金銭面での不満や意見があれば教えて頂きたいです。お願い致します。

コメントありがとうございます>わさおさん


ぶっちゃけ、コメントするエントリが見当違いもいいところだったりますし、ブログ検索で「年収」とだけ入れればそれ関係のエントリは結構出てくるのではないかと思うのですが…まあいいっす。大事な話なので。
とりあえず、一般論としては09/04/16のエントリ、臨床心理士の年収についてもっと考えてみるよと関連過去ログを読んでいただければいいんじゃないかと思います。あとは将来、臨床心理士になりたい人達へ質問 「あなたならDOTCH?」でしょうか。
私の意見はシンプルです。
自分の能力に自信があるのならやればいいし、自信がないならやめた方がいいんじゃね?
って感じです。
現時点で大学3年の人が、浪人せずに大学院に入り、留年せずに修士課程修了した時点でのことを考えてみて…常勤職が現在より増えている可能性は恐らく非常に低いでしょう。状況はそれほど変わらないか、あるいは少なくとも新卒に関しては悪化しているのではないかと思います(その根拠は上記過去ログにあります)。
ただ、どんなに状況が悪くなったとしても、それなりに食っていける常勤職の新規採用が日本全国でゼロってことはないと思います。都会では厳しいかもしれませんが、地方ならばある程度口があるかもしれません(ただ、逆に地方だとスーパーヴィジョンを受けにくかったり、あるいは研修の機会が少なかったりといった欠点もあります)。
とりあえずその程度です。
それくらい少ない「食っていける常勤職の新規採用」を勝ちとる自信と覚悟があるのならば、進学すりゃあいいんじゃないでしょうか。
ちなみに

ロテ職人さんの金銭面での不満や意見があれば教えて頂きたいです。

とのことですが、今の私の現状とわさおさんが就職するときの状況を比べても仕方ないと思うんですけどね。
私個人は能力はともかく多分運が良かったんだと思うんですが、それなりに家族を養えてると思いますし、今のところ金銭面でも不満はありません。仕事量はそれなりに多いと思いますが、それに見合った給料はもらえていますし、同業者の現状を考えると相当恵まれていると思います。
昇給もありますし、社会保障もそれなりにあります。家を建てたローンも今のところ払っていってますし、子ども2人の教育もなんとかなっている感じです。将来への不安がないわけではありませんが、そのために常に自分の臨床能力を磨く必要はありますし、研究もしなければならないと思っています。
…って何か参考になりますか?
私が何とか食えているからと言って、わさおさんが同じような職に就いて食えていける保証はどこにもないわけで。なので、慎重に考えた方がよろしいかと思います。
どーしてもなりたくて、それでものすごい優秀な人なのであれば、他の職に就いてから大学院に入り直すこともできるでしょう。まあ、そのくらいものすごい優秀な人にとっては、きっと金銭的には割に合わない仕事なのは確実ですが。
そんな感じです。

参考になった人もならなかった人も、順位確認後戻ってきていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

2009/06/11 | 資格問題

関連記事

secondaryロゴ

「心理学をもっと身近に」のセカンダリー(secondary)さんがニコ生で「公認心理師法を読む!」 @yksn22 @secondary_jp

公認心理師推進ネットワーク(略称:CPN)の後援もしていた合同会社セカンダリー(second

記事を読む

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(炎上しやすい)気がするのでアレ

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

新着記事

和光大学青年心理学研究室

「臨床心理士有資格者は現任者講習を受ける必要はかなり低い」は本当か?

昨日のエントリ、日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会...

記事を読む

日本心理研修センター 公認心理師現認者講習

日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会実施機関に指定され「講習会の概要」が公表されたけど…

既に色々なところで話題になっておりますが、日本心理研修センター...

記事を読む

日清のどん兵衛 極みだし

『日清のどん兵衛 極みだし 関西風だしうどん&鴨だしそば』がうまい

ここ最近、ずーっとTBSラジオの『伊集院光とらじおと』を、スマ...

記事を読む

肩もみ

ネタがないわけではないのですが…

ネタがないわけではないのですが、今日は簡易更新で。 なぜ...

記事を読む

杏林大学 週刊臨床心理学科

杏林大学の来春開設の新学科紹介のためのWebサイト「週刊 臨床心理学科」

こんな記事を発見。 ・大学倶楽部・杏林大:来春開設の新学...

記事を読む

コメント/トラックバック (9件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 自信があるかどうかなんて法学部の3年生には判断できないんじゃないかと思いますが…。
    まあ、年収とかどんな職に就けるかということはもう少しリサーチが必要でしょうけど。
    私は経済学部だったので、隣接領域出身者としてアドバイスすると、基礎心理学の知識が絶対的に足りないので、学士入学で3年生へ編入か、または研究生で1年くらい学びながら進路を決めてもいいと思います。経済学とか法学に比べれば心理学は格段に簡単だしとっつきやすいので、必要な知識は1年あれば十分です。経済なら統計もネックにならないだろうし。

  2. うーん、私も「自分が能力があるのか」なんて
    未だにわからないですし…
    ましてや法学部の3回生なんて、
    能力があると言い切られてもこまるし…と思います。
    ただ、私は「心理学しか一生学べないし、学ばない」
    という気はしてました。
    今は「この仕事しかやり続けられないし、
    そのためならいくらでもリスクも努力も負う」
    という感じです。
    間違なくビンボー生活が待ってるとは思いますが、
    何十年努力してもひとつも常勤の空きがない、というわけではないし、
    その方には「修行生活してまでやりたい仕事ですか?」
    とお聞きしてみたいですね。

  3. 内容的にあhあさっての方向のエントリーについたコメントにまじめに回答されているロテ職人さんの優しさに乾杯!
    現在(折角)法学部の方なら,どこか適当な心理系の大学院に入られた後,公務員の心理職にチャレンジされたらどうでしょうかね。それなら金銭的には全く問題ないし。ただし,自分がやりたい「臨床」が出来るかどうかは配属されたところ次第ですが。

  4. コメントありがとうございます。
    >コメントするエントリが見当違いもいいところ
    申し訳ないです。多分このコメントを書く場所も違うんですよね 汗
    状況が切羽詰まってて、焦っておりました・・
    年収に関する過去の記事はだいぶ前に読ませていただきました。非常に参考になる資料で、それを踏まえて自身の進路についてじっくり考えたりもしました。
    それでもロテ職人さん自身に尋ねてしまったのは、話を伺ったカウンセラーさんの現状がなかなか厳しいものだったからです。
    とりあえず、就職活動に精を出すことにしました。働き始めてそれでもなお「カウンセラーになりたい」と思ったら、社会人入試で指定大学院を目指すことにします。
    未熟なコメントに紳士に対応して下さり本当にありがとうございました。

  5. >Anonymousさん
    コメントありがとうございます。
    > 自信があるかどうかなんて
    > 法学部の3年生には判断できないんじゃないかと思いますが…。
    既にご本人からのコメントもあり、完結したような感じがしないでもないのでアレなんですが、まあその段階で自信がある人はいないでしょうね。
    逆にmon-mamaさんがおっしゃっているように、その段階で変に自信があっても、かえって困りますわな。
    > 基礎心理学の知識が絶対的に足りないので、
    > 学士入学で3年生へ編入か、または研究生で
    > 1年くらい学びながら進路を決めてもいいと思います。
    その辺が妥当なところでしょうね。心理学科の学生と密接な繋がりがあったりすれば、勉強もしやすいんでしょうけれども。
    > 経済学とか法学に比べれば
    > 心理学は格段に簡単だしとっつきやすいので
    …そうなんですか?知らなかった。

  6. >mon-mamaさん
    コメントありがとうございます。
    > その方には「修行生活してまでやりたい仕事ですか?」
    > とお聞きしてみたいですね。
    まさにその通りです。
    現在、心理学系以外の学科に所属しており、そこからなろうと思うのであれば、そうとう厳しい道のりであるのは確かかな、と。
    それを承知の上で、どうしてもなりたいというのであれば、色んなことを何とかするでしょうし、それが無理なのであれば将来的にもやっぱり無理なのではないでしょうかね。

  7. >lionusさん
    コメントありがとうございます。
    > ロテ職人さんの優しさに乾杯!
    どうもです。
    > 公務員の心理職にチャレンジされたらどうでしょうかね。
    そういう方法もありますわな…てか、それだったら大学院にいく必要すらなかったり。
    ただ、現在は学部(しかも心理学科以外)卒での公務員心理職ってのは難しいのですかねえ。
    とりあえずそういう方法もあるってことで。

  8. >わさおさん
    コメントありがとうございます。
    > 多分このコメントを書く場所も違うんですよね
    いえいえ。間違ってないですよ。こちらこそおこがましい言い方をしてしまってすみません。
    > それでもロテ職人さん自身に尋ねてしまったのは、
    > 話を伺ったカウンセラーさんの現状が
    > なかなか厳しいものだったからです。
    繰り返しますが、私自身がなんとか生活できているからと言って、わさおさんが将来、同じ様に何とか食えるようになるかといったらそれはそうじゃないです。
    逆にわさおさんがお話しされたカウンセラーの方の現状が厳しいからと言って、わさおさんが将来、食えないという保証はどこにもないわけです。
    結局、わさおさん自身の現状を踏まえた上で、わさおさん自身が考えなければならない問題なのだと思います。
    > 働き始めてそれでもなお「カウンセラーになりたい」と思ったら、
    > 社会人入試で指定大学院を目指すことにします。
    それはそれで一つの方法だと思います。
    わさおさんなりの最良の道を見つけていただけたらと思います。

  9. >ロテ職人さん
    >現在は学部(しかも心理学科以外)卒での公務員心理職ってのは難しいのですかねえ。
    lionusが居る関西圏(大阪府とか大阪市とか)での公務員心理職は、基礎条件として「心理系の学部卒」が必要なので、法学部の学卒では受験できないのです。
    他の地方のことは知りませんが、ご参考まで。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
和光大学青年心理学研究室
「臨床心理士有資格者は現任者講習を受ける必要はかなり低い」は本当か?

昨日のエントリ、日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会

日本心理研修センター 公認心理師現認者講習
日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会実施機関に指定され「講習会の概要」が公表されたけど…

既に色々なところで話題になっておりますが、日本心理研修センター

日清のどん兵衛 極みだし
『日清のどん兵衛 極みだし 関西風だしうどん&鴨だしそば』がうまい

ここ最近、ずーっとTBSラジオの『伊集院光とらじおと』を、スマ

肩もみ
ネタがないわけではないのですが…

ネタがないわけではないのですが、今日は簡易更新で。 なぜ

杏林大学 週刊臨床心理学科
杏林大学の来春開設の新学科紹介のためのWebサイト「週刊 臨床心理学科」

こんな記事を発見。 ・大学倶楽部・杏林大:来春開設の新学

→もっと見る

PAGE TOP ↑