Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

伝説の敏腕編集者による「本を書きたい専門家」のための本

公開日: : 心理・精神医学本

心理・精神医学系で、純粋に「印税生活」ができるくらいに売れた本って『「甘え」の構造』くらいなものだ…的なことを以前聞いたことがあるような気がしないでもないのですが、これってホントなんですかね?

「甘え」の構造 [増補普及版] 「甘え」の構造 [増補普及版]
土居 健郎

弘文堂 2007-05-15
売り上げランキング : 3138
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

んでもってまあ、そこまでの野望は持っていないでしょうけれども、当ブログをご覧になっている「専門家」の中には「自分の本を出したい!」という野望?希望?を持っている方はいらっしゃると思います。
そんな方に朗報!
本を書きたいと思ってらっしゃる専門家の方向けの本が出ました。こちらでございます。
専門家のための「本を書こう!」入門
専門家のための「本を書こう!」入門

本を書きたい、本を書いてみたい、本を書くよくまわりからよく言われるという専門家の方は多いかと思います。でも、何からはじめればいいのかわからない、自信がない、という方がほとんどでしょう。この本は、そんな専門家のために、本を書くノウハウをまとめたものです。何から手をつけるのか、今まで書いてきた論文や雑文などはどう使うのか、どう書き出せばいいのか、タイトルのコツは……など、具体的なことを述べました。


上記リンク先をご覧になればおわかりかと思いますが、「本」と言ってもPDFによるダウンロード販売です。
著者は「医学書や心理学の本など、百数十冊の専門書を作り、1000人を超える専門家・研究者と仕事をしてきた編集者」であり、「こんなご時世に起業をした」でおなじみ、当ブログでも何度かフィーチャー(笑)してまいりました遠見書房代表の山内俊介氏です。
この本は上記の通常版(定価1000円)の他に、遠見書房メルマガ会員限定版(定価600円)もあります。
専門家のための「本を書こう!」入門 メルマガ会員版
専門家のための「本を書こう!」入門 メルマガ会員版
メルマガ会員になってない方はこちらからどぞー。
メルマガ配信遠見書房
この本…というか、私が遠見書房さんに対してすごくいいなと感じるところは、この本のはじめにに書かれているこの部分

私の編集者としての最大の夢は、たとえば河合隼雄先生のような人の最初の本に立ち会うことです。その野望のため、私はどんなに若い人でも、文章が今ひとつでも、「最初の単著」を作る機会にはなるべくタッチしようとしています。本を出したことのない隠れた才人の企画を作り、素晴らしい本を制作し、売れ、いつしか名著と言われるようになる、それが最良の編集者の仕事だと私は思います。ぜひトライしてみてください。本を作るのは楽しい作業です。

こういうのを聞くと、すげえなと思いますよ。さすが「伝説の敏腕編集者」ですよ(って私が今、勝手につけたキャッチフレーズなんですけどね)。
今はしがないぺーぺー心理士なワタクシではございますが、もし万が一、将来「最初の単著」を書きたい!と思った時には是非よろしくお願いしますという感じです。
そんな感じで興味のある方はどぞー。
あ、遠見書房と言えば、新しくこんな雑誌が刊行されるそうで。
子どもの心と学校臨床(第1巻)特集:学校でうまくゆく心理アプローチと考え方
村山正治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
執筆陣がやたらと豪華です。
こちらもまたどんな感じになるのか期待大でございますね。

そして、お時間あれば順位確認後戻ってきていただけるとうれしゅうございますよ学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

cotreeトップ

オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、...

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ...

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
cotreeトップ
オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、

リハビリ
リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。

疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

→もっと見る

PAGE TOP ↑