【最近の】清水義範 え・西原理恵子『独断流「読書」必勝法』【食事の友】

公開日: : 雑記

過去ログでも何度か扱っておりますが…
【食事の友】漫画じゃないけど【清水・西原】(05/03/28)
国語だけは得意だった(07/04/10)
ワタクシにとってのベスト・オブ・食事の友(一人飯の際の手持ちぶさたな感じを埋めるために読む本)であるところのこのシリーズの新刊が出ていた…っても発売は5月なんですが、とりあえず軽やかにゲット。

独断流「読書」必勝法 (講談社文庫) 独断流「読書」必勝法 (講談社文庫)
西原 理恵子

講談社 2009-05-15
売り上げランキング : 86291
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『坊っちゃん』『ロビンソン・クルーソー』『伊豆の踊子』『ハムレット』『罪と罰』―。文学史に燦然と輝く20作品を、シミズ博士のウンチクとサイバラ画伯の過激なマンガで大胆に解釈する。名作を読まなくても楽しめる、新機軸のブックガイド。清水義範が選ぶ泣ける物語ベスト10、王道ミステリーベスト10 も収録。


「読書の友」らしく、サクサク読める感じが良いです。サクサク読めるんですが、結構大切なことというか、興味深い内容が色々と書かれております。
これ、夏休みの読書感想文の元ネタとしてはなかなかいい本かもしれません…っても丸パクリだとヤヴァイですが。何かインスピレーションは得られるんじゃないかと思いながらも、小学生くらいだと逆に影響を受けすぎてそこから抜けられない可能性が大かも。
読書感想文に関しては、前にもご紹介しましたが、とりあえずこれを読めって感じ?

わが子に教える作文教室 (講談社現代新書) わが子に教える作文教室 (講談社現代新書)
清水 義範

講談社 2005-10-19
売り上げランキング : 15022
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

で、『独断流「読書」必勝法』に戻ります。戻ってまた数億光年離れていきます。
独断流~』はとりあえず途中までしか読んでいませんが、最初の章、「第1巻 『坊ちゃん』」については、ちょうどこちらの本を読んでいたところでもあり

孫が読む漱石 (新潮文庫) 孫が読む漱石 (新潮文庫)
夏目 房之介

新潮社 2009-02
売り上げランキング : 73665

Amazonで詳しく見る by G-Tools

さすがシミズ博士はしっかり読み込んでいるなと思いましたですよ。
そしてこちらの『孫が読む漱石』も、味わい深いっす。漫画評論の第一人者として有名な夏目房之介氏は夏目漱石の孫であり、その孫が漱石の作品を読むという内容でして。これまた「食事の友」なのでした。

“文豪の孫”として世間の目にさらされ続けた僕は、祖父とまっすぐに向き合うことを、ずっと避けていた。だが50歳を越え、運命のように、その機会は巡ってきた。『坊っちゃん』『三四郎』『それから』『こころ』『明暗』。本邦を代表するマンガ批評家が、漱石作品に初めて取り組んだ。ときに同じ気質を有する者として共感や反発をおぼえながら、名作の森を歩んでゆく。漱石ファン必読の一冊。

そしてこんな文庫も出てるのですな。

漱石の孫 (新潮文庫) 漱石の孫 (新潮文庫)
夏目 房之介

新潮社 2006-04
売り上げランキング : 290965
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

百年前、祖父・夏目漱石がヨーロッパ文化と格闘していた下宿。その部屋を訪れた時、僕は予想しなかった感動に襲われた―。日本を代表する作家の直系として生を享けた著者は、如何にして、その運命を受け入れるようになったのか。ロンドンで祖父の足跡を辿りながら、愛するマンガへの眼差しを重の合わせつつ、漱石を、音楽家だった家・純一を、そして、自分自身を語ってゆく。

こっちも読んでみたい。
ってなわけで、最近のワタクシの「食事の友」事情についてでした。

そして大変恐縮ではございますが、順位確認後戻ってきていただけるとうれしゅうございますよ学問・科学ランキング

2009/07/15 | 雑記

関連記事

肩もみ

ネタがないわけではないのですが…

ネタがないわけではないのですが、今日は簡易更新で。 なぜならば! 今日はこれから

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑