Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

子どもの心の診療科がらみの本2点

公開日: : 心理・精神医学本

気になる本を発見したので備忘録的に。
その1。

子どもの心の診療医になるために 子どもの心の診療医になるために

南山堂 2009-06
売り上げランキング : 133986

Amazonで詳しく見る by G-Tools

心身の発達障害や心に問題を抱える子どもたちの診療に取り組みたいと考えている小児科医必携の一冊。海外での専門研修経験を積み、第一線で活躍中の筆者3人が、「子どもの心の診療医」をめざすために必要な基本的心構えと基礎理論を解説したうえで、実際の治療のアプローチ方法を日々の臨床経験の中から具体的事例をあげてわかりやすく伝授する。

いまさらワタクシなんぞに言われなくとも多くの方はご存じかと思いますが、「子どもの心の診療科」とはいわゆる児童精神科ですわな。
afcpさんのところの4年前のエントリで、厚生労働省が「子どもの心の診療科」整備に動き出したという話題が紹介されております。
「子どもの心の診療科」、厚生労働省が整備へA Forward-looking Child Psychiatrist


その後のAFCPさんとこの記事でもたびたび紹介されているように、実際、多くの病院で子どもの心の診療科は設置されてきつつあるところかと思います。
それでも、ただでさえ小児科医不足が問題視されている中で、さらに細分化した小児精神科医を志す医師(の卵)がどれくらいいるのだろう?と思ったりもするのですが、こういう本が出るってことは「なりたい人」が結構いるということなのでしょうかね。
それはそれで大変喜ばしいことかと思います。
ちなみにこの本、(毎度毎度ちらっと見ただけの感想で恐縮ですが)割と教科書的な感じの内容ですかね。浅く広くという感じで。
出版社のサイトでは目次を見ることもできますよ。
南山堂 子どもの心の診療医になるために 目次
「なりたい人」だけじゃなく、小児精神科領域との関わりが多い仕事の人は持っていてもいいかもです。
・・・・・・・・・・
その2。

子どもの心の診療入門 子どもの心の診療シリーズ1 (子どもの心の診療シリーズ 1) 子どもの心の診療入門 子どもの心の診療シリーズ1 (子どもの心の診療シリーズ 1)

中山書店 2009-08-25
売り上げランキング : 37802

Amazonで詳しく見る by G-Tools

行政から「子どもの心の診療」体制の普及の提案がなされる時代であるが,その実現のためには,小児科医と児童精神科医との間の信頼感とパートナーシップが必要である.本書では,子どもの心の診療に携わる医療者として,小児科医と児童精神科医それぞれの立場から,現在わが国で提供できる医療のすべてを詳細に紹介している.初心者のみならず多くの経験を積んだ一般小児科医や一般精神科医も必読。

こちらはほんとに出たばっかの本。
全8冊+別冊の予定だそうな。
子どもの心の診療シリーズ 中山書店
ワタクシ的には「3.子どもの身体表現性障害と摂食障害」が気になるところ。あとは別冊の「ポケット版.子どもの心の処方箋ガイドブック」ですかね。
ちなみに上記リンク先にある「臨書の第一線で活躍する多彩な執筆陣」は「臨床の」ですね。ありがちな間違い。
こちらも続巻出ましたらご紹介してきますよん。

そして順位確認後、戻ってきていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑