Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

惑星に関する絵本とか

公開日: : 子育て

最近、どんなきっかけだったのか忘れましたが、長女(幼稚園年長)が宇宙とか地球とかのことに興味を持ちまして。
自分からそういうのに興味を持つのは良いことだと思い、とりあえずネットで太陽系の模式図みたいなものは探し出してプリントアウトしたりしました。ホントは太陽系の惑星の公転を動画とかflashで見られるようなサイトが良かったんですが…。
これなんかは一番イメージに近いんですが…
太陽系惑星の公転周期
惑星の大きさが全部同じなのが残念。ちなみにブラウザがFirefoxだと動きませんでした。
あと、この辺は大人が見ても楽しめます。探していたものじゃないけど。
JSTバーチャル科学館|惑星の旅独立行政法人 科学技術振興機構
で、せっかく興味を持ったんだしってことで絵本でも探してみましたらありました。

大きな大きなせかい―ヒトから惑星・銀河・宇宙まで 大きな大きなせかい―ヒトから惑星・銀河・宇宙まで

偕成社 1996-03
売り上げランキング : 183354

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本書では、1ページ、1ページ、10倍ずつ大きくなる世界を比べながら、やがて地球を出発して、惑星・星雲・銀河へと旅を続けてゆくきます。さいごにたどりつく10の27乗mの世界って、いったい、どんなところなのでしょう。さあ、いっしょに、大きな大きな世界への冒険旅行に出かけましょう。

幼稚園児の長女が一人で読むのはムリでしょうけれども、読み聞かせるにはなかなか良さそう。
同じシリーズでこんなのもありました。

小さな小さなせかい―ヒトから原子・クォーク・量子宇宙まで 小さな小さなせかい―ヒトから原子・クォーク・量子宇宙まで

偕成社 1996-03
売り上げランキング : 461288

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本書では、1ページ、1ページ、10分の1ずつ小さくなる世界を比べながら、顕微鏡でみることのできる世界からさらに進んで、分子・原子・クォークへと旅を続けてゆきます。さいごにたどりつく10の-34乗mの世界って、いったい、どんなところなのでしょう。さあ、いっしょに、小さな小さな世界への探険旅行にでかけましょう。

これ、むしろ自分が読みたい。
そして同じ作者(別名義)でこんなのも。

宇宙―そのひろがりをしろう (かがくのほん) 宇宙―そのひろがりをしろう (かがくのほん)

福音館書店 1978-01
売り上げランキング : 23390
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

宇宙はいったいどれほど広く、その果てはどうなっているか? 巨大な宇宙の広がりをテーマに望遠鏡やロケットの歴史、星の進化とその一生、宇宙有限論までを紹介した科学絵本。

これまた面白そう。
探してみるとこの手の科学絵本って結構多いんですね。購入するのは読み物系が圧倒的に多かったんですが、こういうのもチェックしてみるといいかもですね。半分自分の趣味って感じもしないでもないですが。
興味がある方はどぞー。

そして順位確認後、戻ってきていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

2009/09/03 | 子育て

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

少年少女 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 小学館か集英社かどちらを買うか迷ってる

我が家の娘も早いものでもう小6ですよ。 6年生になると社会の授業には歴史が含まれてくる

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑