Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

井原裕著『激励禁忌神話の終焉』

公開日: : 心理・精神医学本

最近、こんな本が出ました。

激励禁忌神話の終焉 激励禁忌神話の終焉

日本評論社 2009-09
売り上げランキング : 30434

Amazonで詳しく見る by G-Tools

獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授である著者による、雑誌『こころの科学』での連載「都市型臨床の時代」をまとめたものです。
出版社のサイトよりコピペ

うつ病は励ましてはいけないのか、精神科の治療にくすりは必須か――これまでの精神科医療の常識をくつがえす、関係者必読の書。


目次はこちら

第1章 激励禁忌神話の終焉

第2章 仕事こそ「諸悪の根源」か

第3章 うつ病の反逆――「ふざけやがって、この野郎!」

第4章 ストーリを読むか、猥雑性を避けるか

第5章 スポーツとしての精神科臨床

第6章 超短時間精神療法の経済倫理

第7章 精神科医は薬のソムリエにあらず

第8章 くすりに依存しない治療

第9章 リストカットの臨床

第10章 接遇に慎重な配慮を要する人々

第11章 危機管理と精神科医

第12章 旅立つ人に何を語るか

第13章 こころのジェネラリスト

第14章 宮本忠雄への手紙

標題ともなっている第1章「激励禁忌神話の終焉」をちょこっと読んでみましたが、なかなか面白かったですよ。
「うつ病の患者を励ましちゃいけない」的なことはよく耳にしますが、この辺は医師国家試験の問題としても出題されているそうで。そういう試験的な観点からすると「うつ病患者にとって激励は禁忌である」という命題は正しいってことになるわけなんですが、筆者は真っ向からそれに反論しております。
いわゆるメランコリー親和型の場合にはそれは当てはまるでしょうけれども、んなこと言ってたら認知行動療法の実践においては「激励」と言えるような介入は随所で必要となるはずであり、そうなると「認知行動療法はうつ病には禁忌である」ってことになってしまうぞ、と。
そして、そもそも医師国家試験でそのような問題が出ていることが、精神科領域以外の現場にいる医師を萎縮させる要因となっている、みたいな感じで。
私も常々それは思ってきたことなので(というか、実際に色々なところで言われていることだと思いますが)、結構諸手を挙げて賛成!って感じでございました。
各章はそれほど長くはないですし、ちょっと時間が出来た時にサクっと読める感じだと思います。
興味のある方はどぞー、です。

そして順位確認後、戻ってきていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑