Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

乾 吉佑・宮田敬一編『心理療法がうまくいくための工夫』

公開日: : 心理・精神医学本

これ、先日の日心臨の時に出てましたっけ?出てたとしたら完全に見逃し。
しかし、これはまたすごいというか、売れそうな本を出しますわな>金剛出版さん

心理療法がうまくいくための工夫 心理療法がうまくいくための工夫
乾 吉佑

金剛出版 2009-10
売り上げランキング : 114743

Amazonで詳しく見る by G-Tools

精神分析的心理療法,ユンギアン・サイコセラピー,ロゴセラピー,パーソン中心療法,フォーカシング指向心理療法,認知行動療法,人生哲学感情心理療法,グループセラピー,家族療法,ブリーフセラピー,イメージ療法,催眠療法,臨床動作法,TAゲシュタルト療法,統合的心理療法などさまざまな理論的立場に立つ著者たちが,技法や技法を越えて共有できる『うまくいくための工夫』を模索した画期的な一冊。各療法の歴史や特徴を踏まえつつ,最前線の現場にいる臨床家が実例にもとづいて披露する「工夫」の数々が,若手のみならずベテランにとっても,日々の臨床で立ち止まったときにセラピーをスムーズに導いてくれるだろう。臨床家にただちに役立つヒントとアイデアが詰まったガイドブック。


豪華な執筆陣です。
・精神分析的心理療法…乾 吉佑
・ユンギアン・サイコセラピー…名取琢自
・ロゴセラピー…吉田香里
・パーソン中心療法…岡村達也・小林孝雄
・フォーカシング指向心理療法…日笠摩子
・認知行動療法…神村栄一
・人生哲学感情心理療法(REBT)…菅沼憲治・佐藤哲康
・グループセラピー…高良 聖
・家族療法…吉川 悟
・ブリーフセラピー…宮田敬一
・イメージ療法…福留留美
・催眠療法…松木 繁
・臨床動作法…吉川吉美
・TAゲシュタルト療法…中島 央
・統合的心理療法…新保幸洋
まだ立ち読みでちょこっと読んだだけなので、詳しいコメントするのはアレなんですが、これは初学者だけじゃなく幅広い層向きかと思います。自分があまり詳しくない心理療法について知ることは、現在メインでやっている治療技法の幅を拡げることにつながるんじゃないかと。
なーんて私のいいかげんなコメントを読むよりも、編者である乾氏、宮田氏によるまえがき、あとがきを読むのが非常に説得力があるかと思います。
印象に残った部分をコピペ。
「まえがき」より

比較的臨床実践に取り組まれて経験年数が短い方々に対しては,15の各セラピーの学派や立場の「工夫」に触れて,一番自分に適った心理療法を学んでみようと決められる経緯を提供することになるであろう。またかなりベテランの臨床家には,各「工夫」の中に,ご自分の臨床経験と案外近い工夫や心構えを見出し,全く反対の学派あるいは立場と食わず嫌いで避けていたことに目を開かされることになると思う。

最後に老婆心を一つ述べておきたい。本書のタイトルの性質上,こんな工夫をしていればすべてうまくいく式の記述と受け取られがちなことをめぐってである。もちろん各執筆者はその点を十二分に意識されて,軽々しいものにならぬよう一つ一つの記述に細心な注意と配慮のもとで論述されている。つまり,「うまくいくための工夫」の大前提は,常にクライエントを中心に置いて,治療的変容をいかに手助けするかが第一の目標であること。そのために,セラピーの関わりの当初より細心な傾聴と緻密で詳細な観察理解の積み上げのもとで,はじめて達成されるものであることが明示されている。また各々の心理療法が長年の臨床実践を通して,観察眼を養い,技法や関わりの運用の修得と辛抱強い習熟が必要であること,時には治療者として責任と覚悟をもって取り組まねばならない大胆さの必要性をも言外に含めて語られている点を最後に確認しておきたいと思う。

「あとがき」より

本書では,異なるオリエンテーションをもつ,その代表的な先生方から,心理療法の実践における工夫を述べていただきました。セラピーへの忠誠心とは,セラピーは効果があるという信念です。どの先生も自分のセラピーに対しては,忠誠心に満ちていると思います。また,セラピストの能力とは,まさに腕前であり,セラピーにおける工夫でもあると思います。本書はそのようなセラピーにおける忠誠心と工夫に満ちています。読者のみなさんには学派を超えたセラピーに貢献する共通要因を本書から是非,自ら見出していただきたいと思います。

とかく,これまではセラピー学派の差異について,とりわけ,ある一つの学派の優越性について論じることが多かったように思います。しかし,セラピー効果のリサーチが示唆するように,どのセラピーも効果があるのですから,その効果に寄与する共通要因に目をやることの方が大いに成果を得るように思います。心理療法をこれから学ぼうと燃えている人,今まさに学んでいる人,さらには,臨床経験を着実に積んできている人にも,是非,本書を一読していただき,心理臨床の実践に役立つ智慧をいくらかでもつかんでいただければ幸いです。

コピペ長すぎすまぬ。
とりあえず一度読んでくんろ。

そしてポチっとクリックしていただき、順位確認後に戻ってきていだけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑