Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

ある心理士のブログ@アメブロでコメント投稿したらコメント削除された後にブログ名とプロフィールが変更されたでござる

公開日: : 雑記

これまでのあらすじ
1)10月22日12:30頃、ワタクシのブログにて誰でも閲覧可能なブログとかで自分の子どもの顔画像晒してる人ってなんなの?バカなの?アップされる

2)同日13:05づけで、ある心理士のブログ@アメブロにて「批判をするなら代替案を」「批判の主な目的は自分の正しさを主張し、自分を守ることである」という主旨のエントリがアップされる。ご丁寧にエントリのトップにはご自身のお子様(生後半年そこそこ)の画像つき

3)同日夜、ワタクシがその心理士のブログにコメント投稿。内容は「批判は必ずしも否定的に捉えられるような行為ではなく、むしろ建設的な批判は好ましいと思われるのではないか」「私のブログでも書きましたがお子さんの画像を誰でも閲覧可能なブログにアップされることの危険性は理解してらっしゃいますか?」といった感じで。

4)10月23日、コメント反映されず。時間的にワタクシの後に投稿されたコメントは反映されており、削除された可能性大。同時にブログタイトルが変更され、ブログ主のプロフィールから「臨床心理士」という文字が消える。
さて、この一連の出来事はどのように解釈すべきなのでしょうか?


もちろん、1)と2)、3)と4)それぞれの因果関係は不明です。不明ではありますが、4)の反応を見ると、どうも関連があるのではないかという気がしてなりません。
しかしあれですかね?そんなにこのブログで晒して欲しいんですかね?
でもなあ。罪のない子どもがバカ親の犠牲になるのも本意じゃないのだよなあ。
ちなみにその心理士、どんだけ自分の容姿に自信があるんだかわかりませんが、ご自身の顔画像がしっかり公開されている上に、リンクされている勤務先のサイトには本名と出身大学院も記載されております。
…大丈夫?(色んな意味で)
とりあえず前にも書きました通り、自分の画像を晒すのは自己責任でやっていただければいいかと思いますが、子どもの画像は子どものものですし、それを全世界に向けて公開してるってのは親のエゴでしかないとも思います。
さて、どうしたもんでしょうね?基本的には無視してりゃいいんでしょうけど、何かもやもやしますですよ。

ポチっとクリックしていただき、順位確認後に戻ってきていだけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

2009/10/25 | 雑記

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

くっそ忙しい

くっそ久しぶりの更新でいきなり「くそ」だなんて、アテクシとしたことがなんてはしたない…

記事を読む

テンピュール枕

ねーむーいー

超絶眠いです。ネタはあるのに、今日はもうブログを書くのは無理かもしれません。 せっかく

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (10件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. こんにちは。
    私も、あなたの批判が「建設的な批判」には読めませんでした。
    「建設的な批判」は相手のことを想って述べる意味が含まれていると思いますが、あなたの記事は、正論を並べながらも結局はお相手をバカにしたい欲求が見え隠れします。
    あなたは「建設的な批判」のおつもりで書かれたのかもしれませんが、そうは読み取れないという読者は私も含め多数存在するはずです。
    ご自身の記事に問題はなかったのか顧みることはなく、他人の批判ばかりで自尊心を守る行為ばかりだったのはとても残念です。
    すみません。私も偉そうに言える立派な人間じゃありませんが…。

  2. 続きです。
    クールダウンしてから改めて記事を読みなおすと、ロテ職人さんのご意見は納得できる部分が多かったです。
    記事を初見したときは、「バカ」という表現が目についたため感情が先走り、先入観が入ってしまったのだと思います。(そして前回のようなコメントに。)
    ただ、それだけ中傷の言葉は、受け手に冷静な判断を鈍らせる影響力があるのだと思います。「建設的な批判」を述べるとき、相手を説得したいときは、使うべきではないと思いますが。
    (説得したい気持ちがないのなら、アメブロのある心理士さんの態度も無視すれば良いだけでけのことですし。)

  3. >一読者よりさん
    コメントありがとうございます。
    えとですね、私の自分で書いた文章が「建設的な批判」にはなっていないと思います。書いている内容については、それなりに考えていますが、別にそういう人達を説得しようとはこれっぽっちも思ってませんし、コメント欄でも書きましたが基本的には「バカだなあ」というのがメインです。
    その辺のフォローのために、一応、参考になるリンク先を記載させていただきました。そちらは非常に建設的な意見だと思います(ということは、本文にも書いたつもりです)。
    で、元のアメブロの人の記事というのは、「批判」という行為に関しての一般論であり、私のブログの内容には全く言及されておりません。ですから、私も一般論として「批判は必ずしも悪いものではない」と書いたつもりです。
    このエントリの本文にも既に書いてありますが、私の最初の記事とその人の記事の間の因果関係は不明なのです。
    もし私の行為に対して批判したいのであれば、名指しで言えばいいと思いますが、そういうのは全くありません。
    で、その上で私のコメントが削除された理由がわかりません。何故、私のコメントは削除されなければいけなかったのですか?
    > 説得したい気持ちがないのなら、
    > アメブロのある心理士さんの態度も
    > 無視すれば良いだけでけのことですし。
    既に述べたように、その人を説得する気持ちはこれっぽっちもありません。ただ、コメントが消されたことだけが納得いかないのですよね。
    一読者さんも上記のコメント投稿してくださる際には、ある程度の時間をかけて書いてくださったわけですよね。コメントが削除されるというのは、その労力が無駄になるということなのですが、もしご自分のコメントが何の断りもなく削除されたらどのように感じられますか?
    そのブログでは「コメント大歓迎」的なことも書かれておりますが、コメント削除の方針については全く記載がありません。
    「大歓迎」といいつつ、コメント投稿したら反映される前に削除ってそれはないだろうと。
    そんな感じですがおわかりいただけたでしょうか?

  4. ついでに言えば私もこのエントリで、そのブログのURL等は明記しておりません。
    本来、ちゃんと批判しようと思えばその辺は明らかにすべきです。なぜならこのエントリのみでは、「ホントにそんなブログがあるの?」「ネタ作ってんじゃねーの?」と言われてしまう可能性があるからです。
    しかし、そのブログは前に述べているようにご自身のお子さんの画像がバンバン掲載されてしまっています。正直、親はどうでもいいんですが、子どもがかわいそうなので、リンクは貼りあぐねております。
    これで私がリンクを貼って、急激にアクセスが増えたとしたら、私は何か悪いのでしょうか?
    そういう意味も含めての「どうしたもんでしょうね?」でございました。

  5. ご丁寧なご回答ありがとうございます。
    文章が下手なので、わかりずらいかもしれませんが。
    >このエントリの本文にも既に書いてありますが、私の最初の記事とその人の記事の間の因果関係は不明なのです。
    「因果関係は不明」はあくまで建前であって、お互いに相手の記事を意識した投稿だったというのが大前提にあったんですよね?
    アメブロ心理士さんは個人的な感情から、ロテ職人さんの記事に対して一般論を装いながら反論。
    ロテ職人さんも、それをご自身の記事への反論と受け取り、一般論を装いながら再反論。
    そしてアメブロ心理士さんは「再反論」コメントを消してしまった。
    ロテ職人さんは自分のコメントが消されたことに憤り、今回の記事を書いた。
    —————————–
    やっとわかりました。ロテ職人さんは、ご自身のコメントを無断で削除されたことに一番憤りを感じていたのですね。
    文章の中心が「子供の写真掲載をするのがいかに愚かか」という内容だったので、そこに気付けませんでした。
    確かにアメブロ心理士さんのやり方はフェアじゃありませんが、ロテ職人さんもこのブログで必要以上に仕返しができているので、あまりもやもやしないでくださいね。

  6. >一読者さん
    > 「因果関係は不明」はあくまで建前であって、
    > お互いに相手の記事を意識した投稿だったというのが
    > 大前提にあったんですよね?
    ないです。
    少なくとも私の側では、既に書いているように因果関係はわかりませんし、向こうがこちらを意識している証拠はどこにもありません。
    > アメブロ心理士さんは個人的な感情から、
    > ロテ職人さんの記事に対して一般論を装いながら
    > 反論。
    あれは反論にすらなっていません。繰り返しますが、書いてあった内容はあくまでも
    「批判をするなら代替案を」
    「批判の主な目的は自分の正しさを主張し、自分を守ることである」
    のみです。少なくともこれに関しては、どちらも私は正しくないと思うので、これに対しての反論をしたまでです。
    > ロテ職人さんも、それをご自身の記事への反論と受け取り、
    > 一般論を装いながら再反論。
    自分の記事への反論とは受け取っていません。そもそも反論にすらなっていませんし。「装いながら」ではなく、一般論に対する反論なので一般論しか書けないということです。
    > ロテ職人さんは自分のコメントが消されたことに憤り、
    > 今回の記事を書いた。
    消されたことに憤っているわけではありません。なぜ私のコメントが消されなければならなかったのかが、全くわからなくて困惑しているのです。
    理由が明示された上で削除されたのならば、まだ反論もできますが、それすら拒絶されている状態なわけですよね。
    > 文章の中心が
    > 「子供の写真掲載をするのがいかに愚かか」
    > という内容だったので、
    > そこに気付けませんでした。
    前のエントリの内容はそうですが、このエントリの主旨は「意味がわからない」ということです。
    わかりにくくてすみません。
    > 確かにアメブロ心理士さんのやり方は
    > フェアじゃありませんが、
    > ロテ職人さんもこのブログで必要以上に
    > 仕返しができているので、
    > あまりもやもやしないでくださいね。
    えーと…私は仕返しがしたいわけではありません。納得のいく説明が欲しいだけです。
    「なぜコメントを歓迎しておきながら、投稿されたコメントを何の断りもなく削除したのか?」
    が知りたいのです。
    ちなみに
    > ロテ職人さんもこのブログで必要以上に
    > 仕返しができているので、
    とのことですが、一読者さんのおっしゃる「仕返し」とは何を指してらっしゃるのでしょうか?私にはそのつもりは全くないのですが…よろしければ教えてください。

  7. 「相手の自尊心を傷つける行為」
    をされたという意味で「仕返し」と書きました。
    ロテ職人さんのコメントを消したアメブロ心理士さんも、ロテ職人さんの自尊心を傷つけた行為をしたので、その「仕返し」だと思ったからです。
    ごめんなさい。上記のように私が感じたことは確かなんですが、こんなことをここに書いている自分がだんだん恥ずかしくなってきました。
    私以外の人間の本心など私が正確にわかるはずもなく、私が知ったかぶりをしているのだと。
    私のやっていること自体が、ロテ職人さんの自尊心を傷つける行為かもしれないと。
    書きながら、ロテ職人さんではなく自分の心理がわかってきたように思います。
    ロテ職人さんは、「証拠もないのに因果関係は認められない」と一貫して主張されていますが、ロテ職人さんのような心理というお仕事でも、それはきっと重要なことなのでしょうね。
    ロテ職人さんの、信念をつき通すというご姿勢はよく伝わってきました。

  8. >ロテさん
    >納得のいく説明が欲しいだけです。
    ・・それはきっと無理でしょうねぇ。
    >「なぜコメントを歓迎しておきながら、
    >投稿されたコメントを何の断りもなく
    >削除したのか?」
    これ一般的な感覚で想像つかないですか?
    臨床の勘を使えばもっと容易に想像できそうな気がします。
    >なぜ私のコメントが消されなければ
    >ならなかったのかが、全くわからなくて
    >困惑しているのです。
    「アメブロ心理士さんがロテさんのコメントを消したくなったのか」というのなら、仮説は立てやすそうですよね。
    完全に野次馬的なコメントで失礼しました。
    基本的にはロテさんの主張に賛同します。
    ただ、
    >しかしあれですかね?
    >そんなにこのブログで
    >晒して欲しいんですかね?
    こういう言い方、
    なんだかなぁ感”が残りますよね。

  9. >一読者さん
    > 「相手の自尊心を傷つける行為」
    > をされたという意味で「仕返し」と書きました。
    > ロテ職人さんのコメントを消した
    > アメブロ心理士さんも、ロテ職人さんの自尊心を
    > 傷つけた行為をしたので、
    > その「仕返し」だと思ったからです。
    で、私はどんな「仕返し」をしたのかな?私の行為のどこが「仕返し」になっているのかな?と思ったので質問してみました。
    一読者さんは前のコメントで
    > ロテ職人さんもこのブログで必要以上に
    > 仕返しができているので、
    とおっしゃっております。これを読む限りでは私も「仕返し」してるわけですよね。でも、私にはその「仕返し」が何なのかわかりません。
    > ロテ職人さんは、
    > 「証拠もないのに因果関係は認められない」
    > と一貫して主張されていますが、
    > ロテ職人さんのような心理というお仕事でも、
    > それはきっと重要なことなのでしょうね。
    臨床でも研究でも何かを言う、あるいは何かをするからにはその根拠が必要だと思いますし、それが無いのであれば単なる「思い込み」でしかないと思っております。
    それが「信念」かどうかはわかりませんが、私としてはごく当たり前のことなんじゃないかと。
    で、ネットにおいてはさらに「思い込み」が加速しやすく、同時に「証拠」が得られにくいという特徴があるのではないかと思っております。そうなってくると自分の推論だったり仮説だったりが「思い込み」なのではないかという検証だったり、あるいはセルフモニタリングというのは結構重要になるのではないかと。

  10. >たりんさん
    コメントありがとうございます。
    >> 「なぜコメントを歓迎しておきながら、
    >> 投稿されたコメントを何の断りもなく
    >> 削除したのか?」
    >
    > これ一般的な感覚で想像つかないですか?
    > 臨床の勘を使えばもっと容易に想像できそうな気がします。
    「臨床の勘」というのはよくわかりませんが、とりあえず仮説はいくらでも立てられます。ただ、本人の話は聴いていないので、仮説を検証するすべはなく、そうなるとどこまでいってもそれはこちらの「思い込み」でしかありません。
    >> しかしあれですかね?
    >> そんなにこのブログで
    >> 晒して欲しいんですかね?
    >
    > こういう言い方、
    > なんだかなぁ感”が残りますよね。
    すみません。
    ただ、ブログを持っている人のコメントを何の反応もなく削除するというのは、そういったリスクはあるということは理解しているのかな?と思ったまでです。
    赤さん画像があるので晒しませんが、もしそこまで計算していたとしたら(多分そこまで頭良くないとは思いますが)、赤さんを楯にしているようで大変胸くそ悪いですが、これはまあ私の「思い込み」です。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑