Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

重度認知症関連新書2冊

公開日: : 心理・精神医学本

書店で発見してちょっと気になった本。
こちらです。

重度認知症治療の現場から 重度認知症治療の現場から

へるす出版 2009-02
売り上げランキング : 183298
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

巷では認知症の早期発見・早期治療と啓発活動が盛んに行われている。また、在宅や入所での介護についての情報も豊富であり、これで認知症対策は事たれりの感すらある。

しかし、これで果たしてよいのだろうか。在宅や介護で対応しきれなくなった重度認知症の人たちはどこに行くのか。その人たちはどのような治療をし、生活をしているのだろうか。筆者の精神科病院での認知症治療の経験から、重度認知症患者の現状や抱える問題点を提起!

私たちの知らない世界がそこにある・・・

目を向けよう!重度認知症の世界に―「精神科医ドクターHK」の挑戦〈2〉 (へるす出版新書) 目を向けよう!重度認知症の世界に―「精神科医ドクターHK」の挑戦〈2〉 (へるす出版新書)

へるす出版事業部 2009-04
売り上げランキング : 191709
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『「精神科医ドクターHK」の挑戦』第2弾!

「精神科病院に認知症の患者を入院させるべきではない」と声高らかに述べている人たちがいる。認知症の診断は医療機関で、ケアは介護保険で、といった今の流れだけでは対応できない重度認知症・対応困難な周辺症状を呈している人たちがおり、その中の5.2万人(2005年)は精神科病院に入院しているという事実を知ってか知らずか・・・。

本書は、これまであまり論じられてこなかった重度認知症の世界に目を向けた。入院させないようにするにはどうしたらよいのか、あるいは早期退院をさせるにはどうしたらよいのか、入院中の患者にどのように対応するのがよいのか。今まで目の届かなかった世界を垣間見ることのできる至高の一冊!

どちらもへるす出版という会社から出た新書ですよ。
へるす出版新書|書籍一覧|へるす出版

へるす出版新書とは



自由な発想、伸びやかな展開、専門の狭さに縛られない表現の自在さで、内容の濃く深いものを、コンパクトな形で表現する「へるす出版新書」。医学・看護・福祉領域のテーマを、専門書の枠組みを飛び出して、手に取りやすい新書という形で企画・編集しました。

読みながらも「う~ん」と唸らずを得ない内容は、あなたの知の探求心を満足させ、新たな地へと導いていきます。

ってなわけで、新書なんですけれども値段はちょっとお高めかも。
ただ、内容的にはびっちり詰まってる感じなので、認知症関連の現場で働く方、あるいは精神科領域で重度認知症患者に関わる機会がある人(って小児精神以外はほとんどかと思いますが)は、読んでおくと役に立つ1冊かもです。
どちらも「コラム」が充実していて、ちょこちょこ読むのに適しているかと。
上記リンク先では内容がちょこっと読めたりしますよ。
そんな感じで興味のある方はどぞー。

ポチっとクリックしていただき、順位確認後に戻ってきていだけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑