Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

重度認知症関連新書2冊

公開日: : 心理・精神医学本

書店で発見してちょっと気になった本。
こちらです。

重度認知症治療の現場から 重度認知症治療の現場から

へるす出版 2009-02
売り上げランキング : 183298
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

巷では認知症の早期発見・早期治療と啓発活動が盛んに行われている。また、在宅や入所での介護についての情報も豊富であり、これで認知症対策は事たれりの感すらある。

しかし、これで果たしてよいのだろうか。在宅や介護で対応しきれなくなった重度認知症の人たちはどこに行くのか。その人たちはどのような治療をし、生活をしているのだろうか。筆者の精神科病院での認知症治療の経験から、重度認知症患者の現状や抱える問題点を提起!

私たちの知らない世界がそこにある・・・

目を向けよう!重度認知症の世界に―「精神科医ドクターHK」の挑戦〈2〉 (へるす出版新書) 目を向けよう!重度認知症の世界に―「精神科医ドクターHK」の挑戦〈2〉 (へるす出版新書)

へるす出版事業部 2009-04
売り上げランキング : 191709
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『「精神科医ドクターHK」の挑戦』第2弾!

「精神科病院に認知症の患者を入院させるべきではない」と声高らかに述べている人たちがいる。認知症の診断は医療機関で、ケアは介護保険で、といった今の流れだけでは対応できない重度認知症・対応困難な周辺症状を呈している人たちがおり、その中の5.2万人(2005年)は精神科病院に入院しているという事実を知ってか知らずか・・・。

本書は、これまであまり論じられてこなかった重度認知症の世界に目を向けた。入院させないようにするにはどうしたらよいのか、あるいは早期退院をさせるにはどうしたらよいのか、入院中の患者にどのように対応するのがよいのか。今まで目の届かなかった世界を垣間見ることのできる至高の一冊!

どちらもへるす出版という会社から出た新書ですよ。
へるす出版新書|書籍一覧|へるす出版

へるす出版新書とは



自由な発想、伸びやかな展開、専門の狭さに縛られない表現の自在さで、内容の濃く深いものを、コンパクトな形で表現する「へるす出版新書」。医学・看護・福祉領域のテーマを、専門書の枠組みを飛び出して、手に取りやすい新書という形で企画・編集しました。

読みながらも「う~ん」と唸らずを得ない内容は、あなたの知の探求心を満足させ、新たな地へと導いていきます。

ってなわけで、新書なんですけれども値段はちょっとお高めかも。
ただ、内容的にはびっちり詰まってる感じなので、認知症関連の現場で働く方、あるいは精神科領域で重度認知症患者に関わる機会がある人(って小児精神以外はほとんどかと思いますが)は、読んでおくと役に立つ1冊かもです。
どちらも「コラム」が充実していて、ちょこちょこ読むのに適しているかと。
上記リンク先では内容がちょこっと読めたりしますよ。
そんな感じで興味のある方はどぞー。

ポチっとクリックしていただき、順位確認後に戻ってきていだけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑