Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【笑えるくらい】いわゆる国家資格問題に関する見解【意味不明】

公開日: : 資格問題

ネット上の一部では既に話題になっております、財団法人日本臨床心理士資格認定協会 緊急資格問題ワーキンググループ(ってそもそも何?)による「いわゆる国家資格問題に関する見解」。平成21年度版の臨床心理士関係例規集とともに、ワタクシの元にも届きました。
つか…
例規集封筒
なにこのガムテべったりな封書。こんなん初めてみた。
いくら「緊急」だからっても、これ、検閲されてる可能性否定できないじゃん。こういう形で来てるのが俺だけ…だったら逆にものすごく恐いけど。
さて、問題の内容に関してですが、その辺はyou999さんのブログ、裕’s Object Relational Worldの12月27日のエントリ、いわゆる国家資格問題に関する見解に全文を掲載してくださっているので未見の方はそちらをご覧下さい。
そして、いつも資格関連の情報をまとめてくださっている、AFCPさんのエントリ、心理職国家資格化 日本臨床心理士資格認定協会「いわゆる国家資格問題に関する見解」 もどぞ。
さて、一読しての感想ですが…


タイトルにも書いたように笑えるくらい意味不明です。

このたび喧伝されている国資格への動きでは、目指す資格は「臨床心理士」ではなく、心理学一般を基本モデルとして再構築しようとするところに力点のある「心理士(師)」だということです。

…え?どういうこと?カリキュラムをつめていくのは今後の話でしょうけれども、「心理学一般を基本モデルとして再構築しようとする」ってどこの誰が言ってたんでしょうか?

もし、「心理士」資格であるなら、これまで皆さんや関係者の涙ぐましい努力によって築かれてきた臨床心理士としてのパブリック・イメージ(名称効果)はともかく、その専門性を担保する160校以上の専門職や指定大学院の教育体制や臨床心理学の専門職能性はどのようになるのでしょうか・・・。

最後の「・・・。」は原文ママであり、これまた笑えますよ。どのようになるのでしょうかって、だからカリキュラムはこれからつめていくでんしょ?これを読む限りでは、単に「臨床系以外の教員が教育に関わってくることが気に入らない」というだけなんじゃないかと私には思えるのですが…他にこれはどう解釈すればいいんでしょうか?
なんか結局のところ、臨床心理士の専門職大学院や指定大学院がなくなってしまうことを危惧しているだけ?
で、同封されていた「平成21年度版例規集送付に添えて」が「財団法人 日本臨床心理士資格認定協会 専務理事 大塚義孝」名義で出されているところがやはりポイントなのかな、と。
やたら専門職大学院にこだわっているところとか、まんま、今年の日心臨のシンポジウムでのO塚御大の主張と重なるわけですよ。
【日心臨09参加記録】資格関連委員会企画シンポジウム『国資格問題について』その4(09/10/10)
裕さんも指摘されておりますが、この「緊急資格問題ワーキンググループ」なるものの実態がそもそもよくわかりません。資格認定協会のサイトでもそのワーキンググループに関する情報は皆無です。
…という辺りから邪推すると(ええ、あくまでもワタクシの「邪推」です)、この「見解」ってのはO塚御大個人の意見ってのが多分に反映されてんじゃねーかと思うわけですよ。
またまた引用しますが

スクールカウンセラーに任用される臨床心理士の実績ひとつ想定してみても、「心理士」が先にあっての国資格を求める考え方は、看過できない問題点です。「心理士」に呼称される大学、大学院での教育体制も、今日の「臨床心理学専攻又はコース」を「心理学専攻又はコース」に改変される陥穽のあることに留意する必要があります。当事者である「臨床心理士」はもとより、大学院で臨床心理士養成にあたられる先生方、大学院生の方々も、カリキュラムの改変による真に役に立つ臨床心理学が心理学の名において拡散する可能性をはらんでいることを知らなければなりません。

…何を言いたいのか、やっぱりわかりません。
既に引用した部分に

これまで皆さんや関係者の涙ぐましい努力によって築かれてきた臨床心理士としてのパブリック・イメージ(名称効果)はともかく

ってのがありますが「結局、名前にこだわってるだけの話?」って感じ。
基礎系の教員が入ってきて、その辺が中心になるようなことがあったとしたら、必要とされているはずの臨床現場においてその資格自体に意味がなくなるってことであり、それって基礎系の人からすると自分の首を絞める結果になってしまうわけじゃないですか。冷静に考えればそうなるはずはないですよ。
その他、ツッコミどころは山のようにあるわけですが、もうね、ツッコミ入れるのもアホらしいくらいな内容ですよ。こんなの読んで「そうだ!その通りだ!」なんて全面的に同意する人、どのくらいいるんでしょうか?(てか、存在するのか?)
とにかく、郵送された時に「ガムテべったり」な時点で、この文章が信用に足るものではないと思わざるを得ないと思うのはワタクシだけでしょうか。
他の方のご意見もうかがいたいところでございます。
…しかし、この文章がO塚御大の独断によって出されたものだとしたら、相当ヤバいんじゃないかと。色んな意味で。そもそも会頭にあの人を持ってきてそれを良しとしてる時点でアレなんですけどね。

ポチっとクリックして順位確認後戻ってきていただけると来年もがんばれます学問・科学ランキング

2009/12/29 | 資格問題

関連記事

secondaryロゴ

「心理学をもっと身近に」のセカンダリー(secondary)さんがニコ生で「公認心理師法を読む!」 @yksn22 @secondary_jp

公認心理師推進ネットワーク(略称:CPN)の後援もしていた合同会社セカンダリー(second

記事を読む

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(炎上しやすい)気がするのでアレ

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (13件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1.  はじめてコメントします。
     医療機関(精神科)で働く臨床心理士2年目の者です。ロテ職人さんのブログには学部生の頃から現在まで,いつも楽しみに,それに考えさせられながら拝見しております。
     これは・・・本当によくわからんですね。
     個人的には,切迫して国家資格が(自分にとっても利用者の方にとっても)必要とは思っていませんが,なにせ赤字部門なので,国家資格があれば少しは保険の面で病院の収益にも貢献できるかな,それに安い給料がちょっとは増えるかな,と思っています。
     まぁそれ以前に,利用者に役に立って,病院にも経済的に貢献できる工夫をしないとと考えてはいますが・・・
     建設的な批判ならいいと思うのですが,今回のこういったわけのわからない主張で国家資格成立を停滞させてしまうとしたら,少し腹立たしく思います。
     あと,臨床心理士会を批判しているあたり,世代間や東西(専門職大学院は全部西!ですよね)の温度差とかも露呈してきているのかな,とか邪推してしまいます。
     長々と連ねてしまいましたが,今回の見解には,かなり「はぁ!?」な感じだったので,コメントさせていただきました。

  2. いるよここに、そういうバカが(爆)
    私は大〇センセの性格そんなに好きくないけど、でも、すべてが医者の偏見だなんて考える被害妄想に陥ってる人間の方がおめでたい。
    結局「使えん」のだよ、医者にとって臨床心理職は。
    10年後には、ケースワーカーとPSWの優秀なのがいれば、あとは、「ロールシャハテスト職人」さえいればいい時代が来るのさ。
    まあ、ロテさんのように安定したご職場におられる人にはわからんかな。

  3. こんにちは。私は臨床心理士ではないので,ロテ職人様をはじめとする皆様のネット上の情報をありがたく読ませていただいています。
    例の見解については,私の耳と頭が悪いせいかもしれませんが,要するに俺たちが営々として築いてきた既得権はどうなるんだ!といっているように聞こえます。
    と言うか何で資格の基礎が心理学一般だといけないんですか。むしろ心理学一般こそ基礎でなくちゃダメなんじゃないですか。
    これじゃ現在の臨床心理学は心理学一般とは別だといっているに等しいんじゃないですか。
    今後の情報提供も期待しております。よろしくお願いいたします。
    あと臨床心理士会と臨床心理士資格認定協会は、ほぼ一心同体だと考えるのが常識のように思うんですがそうでもないんですね。

  4. >結局「使えん」のだよ、
    >医者にとって臨床心理職は。
    >10年後には、
    >ケースワーカーとPSWの優秀なのがいれば
    このあたりを、もう少し詳しくどうぞ。
    ご自身のブログでもリンクを張っていただければ構いませんので。
    心理職が使えないのはどういう部分であるのか、ということ。
    「CWとPSW」が優秀であれば、という条件付きですが、心理職が優秀であっても「CWとPSW」がいれば、心理職は不要であるという、主なりの論拠を教えてください。
    あくまで、感覚ならそれでも可です。

  5. >こういう形で来てるのが俺だけ…だったら
    わたしもガムテべったりでした。
    でもきちんと開封されないように綺麗に貼られてました<何っ
    とりあえず読みましたが、言いたいことや方向性が見えなかったので、
    封筒の中にナイナイして棚に収納されていきました(年末だしね)。
    >なんか結局のところ、臨床心理士の専門職大学院や指定大学院が
    >なくなってしまうことを危惧しているだけ?
    一度しか読んでいないのですが(数日かけて読むべきだったかしら)、
    わたしも「ん?指定大学院ピンチ!って言いたいだけなの?」と理解。
    読解力が追いついていないだけで、行間や流れの理解が必要なのかしら。
    >とにかく、郵送された時に「ガムテべったり」な時点で、
    >この文章が信用に足るものではないと思わざるを得ないと思うのは
    >ワタクシだけでしょうか。
    ガムテべったりは珍しいものではないので<結構あると思う
    それだけで信用云々は言えないと思いますが、しかし、
    内容は言いたいことがよくわからないものでした。ナイナイ。
    ではでは良いお年をー。

  6. 皆さん、ただの「ザク」乗りの域を超えて、一緒に「ニュータイプ」に進化しましょう!!
    「ウルトラの母」世代にはご引退いただきましょう。
    これでわかんない人はアニメ・特撮に詳しい人に訊いて下さい。
    皆さんが、心理臨床学会や臨床心理士会の理事に自ら立候補して、日本のカウンセラーの世界を変えていくのです。
    皆様、どうかよいお年を。
    本サイトの読者の皆様にも、神様からの良きおぼしめしがありますように。

  7. >眠り男さん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    > 建設的な批判ならいいと思うのですが,
    > 今回のこういったわけのわからない主張で
    > 国家資格成立を停滞させてしまうとしたら,
    > 少し腹立たしく思います。
    まさにその通りですね。外から見れば、単に「一枚岩ではない」ということを露呈しているだけではなく、国家資格化に対する妨害行為ととられても仕方のない行動ですよねえ。
    > あと,臨床心理士会を批判しているあたり,
    > 世代間や東西(専門職大学院は全部西!ですよね)の
    > 温度差とかも露呈してきているのかな,
    > とか邪推してしまいます。
    この辺はどうなんでしょうね。ちょっと今後の推移も注目したいところです。

  8. >こういちろうさん
    おバカさん乙です(自称してるんだから問題ないですよね>おバカさん)。
    > すべてが医者の偏見だなんて考える
    > 被害妄想に陥ってる人間の方がおめでたい。
    これって、アレですか?
    > 臨床心理士という国資格が作れない理由は、
    > 医師、特に精神科医が感情的に反対しているから、
    > という理由しか聞こえてきません。
    > 果たして、感情的な理由だけなんでしょうか。
    > そんな理由だけで、我々に最も近く、最も緊密に提携すべき職種の、
    > しかも理性ある職種の先生方が反対されるとは思えません。
    こういちろうさんがこの部分を鵜呑みにされているということなのですかね?
    「そういう理由しか聞こえてこない」のは、「そういう理由しか聞こうとしていない」からでは?って感じがするんですが。
    私みたいな末端の人間ですら、それだけはない色んな意見が聞こえてきますよ。
    全てが医者の偏見だと考える人もおめでたいですが、そういう理由しか聞こうとしない人も同じくらいおめでたいですね。何というか、前提からして間違っている(それは意図的に間違えているのかもしれませんが)って感じでしょうか。
    > まあ、ロテさんのように安定したご職場におられる人には
    > わからんかな。
    それってつまり、私が少なくとも同僚からは必要とされているということでよろしいでしょうか?そうだとしたらとりあえずうれしいことでございます。
    あ、あと私も書こうと思っていましたが、Anonymousさんがおっしゃるように、結局こういちろうさんの書かれたコメントも何が言いたいのかよくわかりません。Anonymousさんのおっしゃっている
    > 「CWとPSW」が優秀であれば、という条件付きですが、
    > 心理職が優秀であっても「CWとPSW」がいれば、
    > 心理職は不要であるという、
    > 主なりの論拠を教えてください。
    という辺りを私も教えていただけるとありがたいです。2回目にこういちろうさんが投稿されたコメントを読んでも全く理解できませんので。

  9. >mooさん
    コメントありがとうございます。
    > わたしもガムテべったりでした。
    ならとりあえず安心です。
    > でもきちんと開封されないように綺麗に貼られてました
    すんません。ワタクシの書き方が悪かったですね。
    封書の綴じ目に「〆」とか書くのって、誰かに開封されたりすることを防ぎ、かつ、それが開封されていないことを表しているわけじゃないですか。
    なんかそれって常識だと思っていたのですが、そういう常識もないのか?>資格認定協会…と。
    で、綺麗に貼られていたとしてもそれは「開封した誰か」が綺麗に貼った可能性は否定できないわけで、そういう形で来るものは信用できないなあと思います。少なくとも心理士会や認定協会がらみで「ガムテべったり」は初めてでしたし。
    …と細かいところにこだわってしまい申し訳ないです。
    > わたしも「ん?指定大学院ピンチ!って
    > 言いたいだけなの?」と理解。
    > 読解力が追いついていないだけで、
    > 行間や流れの理解が必要なのかしら。
    その程度の理解しかできないですよね。というか、この手の文章で「行間を読め」ってのは無茶じゃないかと思います。
    とりあえず、また来年何かありましたらよろしくお願いいたします。

  10. すみません、誤字修正です。
    >こうして、PSWやSCから分離独立した心理職固有の職域は果てしなく曖昧化し、固有のアイデンティティを保持しえなくなる。
    この部分の”SC”って、もちろん”CW”のことです。
    >少なくとも、基礎資格は基礎資格で「先に」国家資格にするのでもいいから、博士前期過程修了が必要な「高度臨床専門職資格」の国家資格かも今後の射程に入れています・・・ということを
    この部分の「国家資格か」も「国家資格化」です。

  11. ちなみに、これを期に、ロテさんのこのサイトへの私のブログからのリンクも復活させました(右フレームの”My Links”参照)。
    ロテさんがネット上でやってることは、いくら毀誉褒貶があろうと、やはり大きな意味がありますよ。
    これからもどうかよろしくお願いします。

  12. もし上記の私の仮定が真実だとすれば、「資格認定協会ワーキンググループ」の声明は、ほんとに単に事態が見えていない「笑うべき」レヴェルのものなのか、それとも、カウンセラー界「内部での」政治権力闘争に劣勢になった先生方の「あがき」だとしか言いようがないことになりますね(^^)

  13. あれ?ロテさん、コメントの掲載順序がひとつ飛んでます・・・・
    ●心理職国家資格化論議の成り行きの現状について、あれから考えたこと(asegaの日記)
    http://d.hatena.ne.jp/asega/20100104
    で書いたことが先行しないと直前のコメントに繋がらない(^^;)


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑