【これは】緒賀郷志著『Rによる心理・調査データ解析』【激ヤバ】

公開日: : 心理・精神医学本

前にもどこかで言った(書いた?)ことがあるかもしれませんが、私は臨床心理学という学問に関して言えば「臨床現場にいる人間こそ、いいデータが集められる」と思っております。そういう意味では「臨床現場にいる人間こそ、いい研究ができる」と言ってもいいかもしれません。
ここでいう「研究」というのは、事例研究よりもむしろ基礎研究…というか事例研究以外のものを想定しております。臨床現場にいる人間が事例研究のためのデータを集められるのは当たり前です。
で、実際にはどうかというと、なかなか基礎研究的なものをやってる心理職ってのは少ないように思うです。いないわけではないのですが、心理臨床学会での発表なんかを見ても圧倒的に事例研究が多いですわな。
一体、何がネックになっているのか?
学部・大学院レベルでの研究教育の乏しさって要因も否めないでしょうけれども、もっと現実的な問題として臨床現場における研究のためのリソースの乏しさってのは無視できない要因であると思うわけです。
ネットの普及で文献検索は格段にしやすくなりました。でも、研究費なんてのは当然出ない。統計処理がしたいと思っても、高価なSPSSなんて当然手に入らない。
…そんな時こそ、オープンソース、つまり無料の統計解析ソフトであるところの“R”ですよ。
R による統計処理
そして最近、こんな本を見つけてしまいました。これはヤバい。激ヤバい…かも。

Rによる心理・調査データ解析 Rによる心理・調査データ解析

東京図書 2010-01-14
売り上げランキング : 15257

Amazonで詳しく見る by G-Tools

調査系データ解析を扱う文系の学生や研究者が、自分でちゃんと理解して、信頼できる分析結果を得られるように、また、そうした環境をフリーで構築できるように、ということなら、オープンソースのRを利用するのが、選択肢の一番手に挙がる。ただ、その操作は必ずしもとっつきやすいとはいえない。本書はその使い勝手でロングセラーとなった『SPSSとAmosによる心理・調査データ解析』の解説内容や使用データに準じて、その主要な解析をRで行なう方法を初心者にもわかるよう、解説している。


そうです。当ブログ経由でも結構な数の方がご購入されておりますこちら。

SPSSとAmosによる心理・調査データ解析―因子分析・共分散構造分析まで SPSSとAmosによる心理・調査データ解析―因子分析・共分散構造分析まで

東京図書 2004-05
売り上げランキング : 4724
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これのR版です。
そして「第12章 心理学論文作成の実際――友人関係スタイルと注目・賞賛欲求」とあるところを見ると、恐らく、こちらの本の内容も含まれているはず(というのは、書店で見かけただけなのでちゃんと中身はチェックできなかったのです)。

研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析 研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析

東京図書 2005-10
売り上げランキング : 12885
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

出版社のページからはこの本で使われているデータやスクリプトのデータがそのままダウンロードできますよ。
東京図書株式会社 Rによる心理・調査データ解析
何がいいって、まだSPSSを使う権限のない学生なんかも、自分のPCでこの手の統計解析ができてしまうってのがすごい。
考えてみたら自分も卒論書く頃は、SPSSもGUI版じゃなくて、UNIX端末でポチポチとシンタックスを書いて使ってたわけで、あんまRの導入に抵抗はないんですよね。というか、むしろ積極的に導入したい感じ。
どうでしょうか?「研究したいんだけど、とりあえず金銭的な余裕が…」って人。この本からRを始めてみてはいかがでしょ?
・・・・・・・・・・
そして別の話題になってしまうのですが、SPSSって結局、PASWから名称を元に戻したのですね。
SPSS製品名対応表 |SPSS Japan
IBMが買収したのねん。
IBM によるSPSS inc.の買収について|SPSS Japan
PASWという名称がついてるバージョンはひょっとして激レア?とりあえずSPSSからPASWってのは意味のわからん名称変更だったので、元に戻ったことはよかたですね。
・・・・・・・・・・
そんなこんなで、『Rによる心理・調査データ解析』。研究したい人は要チェック!ですヨ。
皆様の参考になれば幸いでございます。

ポチっとクリックして順位確認後戻ってきていただけると、大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 使い勝手はやっぱりSPSSのほうがいいですが、
    SPSSではできない計算ができる場合もあって、
    (ノンパラメトリックの多重比較とか)
    重宝しますね。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑