本城秀次監修『子どもの発達と情緒の障害 事例からみる児童精神医学の臨床』

公開日: : 心理・精神医学本

10/01/19のエントリ、日本臨床心理学会編『地域臨床心理学』に引き続き、昨年末ご恵送賜りました書籍紹介第2弾。こちら。

子どもの発達と情緒の障害―事例からみる児童精神医学の臨床 子どもの発達と情緒の障害―事例からみる児童精神医学の臨床
野邑 健二

岩崎学術出版社 2009-12
売り上げランキング : 190076

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ケースを中心にすえ,子どものこころの理解と支援を考える


ということで目次は出版社のページからどぞ。
岩崎学術出版社: 子どもの発達と情緒の障害
「第Ⅰ部 発達障害をめぐる問題」「第Ⅱ部 親と子どもの育ちへの支援」「第Ⅲ部 子どもの情緒的問題へのアプローチ」の三部構成で、各章でケースを提示しつつ児童精神医学臨床の実際に触れられております。
個人的には第Ⅰ部がもうちょっとボリューム欲しかった。
というか、個人的には第Ⅰ部が面白かった…というのも、「発達障害」という今日的問題をメインで扱っているということ。そして、第Ⅱ部の子育て支援はぶっちゃけ仕事の上ではそんなに興味がないということ。さらに第Ⅲ部は何となく知ってる内容が多い風味?って感じです。
そのへんは私の好みですので、これから児童精神医学の分野について学ぶ人にとっては全て必須の領域ですし、何より名古屋大学の児童精神医学分野の臨床実践の実際が垣間見ることができるというのは非常に貴重なのではないのかと思います。
そして、以下はまえがきからの引用になります。

 私は常々発達障害の成人例の診断はきわめて難しいと感じている。そのため,そういった症例の診断をするさいにはかなり慎重になり,十分な時間をかけるようにしている。それでも自信をもった診断ができないことが多い。厚生労働省は,子どものこころの問題も扱える小児科医を養成するために,研修会等を催しているが,それに加えて,あるいはそれ以上に,児童精神医学を専門とする医師の養成が必須のものと考えられる。

 少し話が医療サイドに偏ってしまったが,心理臨床家に関しても多くの困難が存在している。

 児童精神医学の臨床において,心理臨床家は医師の必須のパートナーである。心理臨床家の働きなくして,遊戯療法など非言語的な心理療法や心理検査は実施し得ない。そのように重要な存在である心理臨床家にとって医療現場における立場は曖昧なものであり,待遇もきわめて悪い。今後子どものこころの問題にともに立ち向かうパートナーとして,適切な処遇がなされることが必要不可欠である。

伝え聞いた話では、名古屋大学の児童精神医学分野の教室(医局?)では、若手の精神科医と若手の心理臨床家が机を並べてともに臨床実践のトレーニングに励んでいる(いた?)という教育的な伝統があるそうで、それを踏まえた上での「心理臨床家は医師の必須のパートナーである」「今後子どものこころの問題にともに立ち向かうパートナーとして,適切な処遇がなされることが必要不可欠である」だと思うのですよね。
これからの世代はそういう形で教育を受けた医師・心理臨床家が増えてくるでしょうし、そういうことが心理職の処遇改善だったり、ひいては国家資格化だったりにも繋がったりするんじゃないかと思うわけです。
実際、この本の分担執筆者には心理職(ってもアカポスな人が多いですが)も含まれており、心理臨床家が実際の現場でどういう形で必要とされているのか、つまりどのように児童精神医学の分野で機能できるのかって辺りを垣間見ることもできます。
そんな感じで個人的には「買い」な一冊だと思います。特に子どもに関わる人は読んでおいた方がよいと思う一冊でございます。
参考になれば幸いです。

ポチっとクリックして順位確認後戻ってきていただけると、大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑