土居健郎著『臨床精神医学の方法』

公開日: : 心理・精神医学本

よーやく読んだのでちょこっと感想文。

臨床精神医学の方法 臨床精神医学の方法

岩崎学術出版社 2009-02
売り上げランキング : 291827

Amazonで詳しく見る by G-Tools

臨床と研究のあり方を今も真摯に問いつづける著者渾身の書。「甘え」はじめ「日常語の精神医学」を通奏低音として,精神科臨床の諸問題を多角的に吟味する。


…書こうと思ったのですが、日本精神分析学会の学会誌『精神分析研究』 53(3), pp.349?351で藤山直樹氏のちゃんとした書評が書かれてますし、ブログだったらGabbardの演習林-心理療法・精神医療の雑記帳の09/03/05のエントリ
土居健郎著『臨床精神医学の方法』を読む
そして最近Twitterのつぶやきベースですが復活を果たしたpsy-pubさんの心理学の本(仮題)の09/03/27のエントリ
土居を読むPART1:甘え以前(1952-1969)
辺りでもうお腹いっぱいすぎるくらい充分な感じはするわけでして(後者に関しては「次回に続く!」の次回をお待ちしております。いつまでも)、ぶっちゃけ下手なことが書けなくなってしまったので書きません。
ついでに出版社のページはこちら。
岩崎学術出版社: 臨床精神医学の方法
この本自体は講演録を中心にまとめたものですので、一つ一つの章はそんなに長くなくさらっと読もうと思えばさらっと読めます…が、ちゃんと理解しようと思ったら結構労力が必要かもです。少なくとも初学者向きではないです。
土居健郎著で初学者向きといえば、ワタクシのブログの05/02/25のエントリ
【やっぱり】初めての面接の前に読んでおく本【基本でしょ】
でご紹介したこちら

方法としての面接―臨床家のために 方法としての面接―臨床家のために

医学書院 1992-03
売り上げランキング : 38631
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

でしょうけれども、これもまた「初学者でも読める」だけで書かれている内容を本当に理解できるのは、そうとう経験を積んでからって感じがするです。
ともあれ、昨年7月に亡くなられた土居氏最後の著作ということで、臨床、特に精神科臨床に携わる者としてはいつかは読んでおきたい一冊と言えるかもしれません。

ポチっとクリックして順位確認後戻ってきていただけると、ちょっと更新がんばれます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑