Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

高橋哲郎・野島一彦・権 成鉉・太田裕一編『力動的集団精神療法 ―精神科慢性疾患へのアプローチ』

公開日: : 心理・精神医学本

先日、仙台にて第27回日本集団精神療法学会年次大会が開催されました。
日本集団精神療法学会 第27回大会のご案内 [The Japan Association of Group Psychotherapy]
ワタクシも行きたい気持ちはあったのですが、何せ先立つものが色々と…
…ってなわけで、参加した同僚医師に「これはきっといい本だから買うべし(そして買ってきたらちょっと貸して)」と頼んでいたこの本。ようやく借りました。

力動的集団精神療法―精神科慢性疾患へのアプローチ 力動的集団精神療法―精神科慢性疾患へのアプローチ
高橋 哲郎

金剛出版 2010-03
売り上げランキング : 114612

Amazonで詳しく見る by G-Tools

S・フロイト,M・クライン,W・ビオン,S・フークス,C・ロジャーズを思想的背景とする,統合失調症,パーソナリティ障害,双極性障害,慢性うつ病患者への集団精神療法の長き苦闘の実践録。集団をマネジメントする臨床家の徹底した基本的技法,慢性化にともなうクライエント特有の心理の理解,患者への愛情,さらに遷延化する症状への治療をあきらめない根気が求められるなかで,力動的集団精神療法は実践されていく。力動的集団精神療法の創始者たちのキータームの解説を試みる「理論編」にひきつづき,精神科慢性疾患と向き合いつづける臨床家たちの実践をつづった「実践編」を,いわば絶えず行き来するなかで,本書はこれまでに類を見ない力動的集団精神療法を理解・実践するための決定的な一冊となる。

期待に違わずこれは良い本だと思います。


つか、編者の一人であるyou999さんのブログを見ていただくのが一番早いかと思いますが。
「力動的集団精神療法 ―精神科慢性疾患へのアプローチ」を出版します。裕’s Object Relational World
ザッと読んだ範囲での感想ですが、ホント、初心者からベテランまで参考になる内容なのではないかと思いますよ。個人的には、ワタクシみたいなぺーぺーにとっても第4章の「若い臨床家のためのガイド『統合失調症患者への力動的集団精神療法』」なんかはとても勉強になりました。
私の職場は急性期でしかも病態は多岐にわたっているので、精神科慢性疾患のグループでの原則がそのまま適用されるわけではありません。でも、前半にちゃんと集団精神療法の基本的なところがコンパクトにまとめられていて、この辺はどんなグループにも当てはまるところだったりしますし、後半部分も参考になるところは多いです。特に、スタッフ体制とかスタッフ・ミーティングのあり方みたいなところは、やっぱ大事だと思います。
各章で紹介されている参考文献も豊富ですし、「II 実践編」で具体的な事例が多数取りあげられているのもイメージつかみやすくて良い感じです。つか、さすがに学会でのワークショップが元になっているだけあって、なんつーか全体的にリアルな感じがします。
そんなわけでワタクシ的には即買い決定。Amazonさんで「通常2~5週間以内に発送します。」だそうで、納期はちょっとかかりそうですがその辺は気にしない。気長に待ってもいいと思える一冊です。
皆さんもよかったらどぞー。特にグループやってる人、あるいはグループやりたいと思っている人は必須かと。

ポチっとクリックして順位確認後戻ってきていただけると、色々がんばれます学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ふと思ったのですが、ロテさんはいつまでご自分のことを「ペーペー」とおっしゃるつもりですか?
    拝察するに不惑前後の年齢かと思いますが、謙遜は置いといてもそろそろぺーぺーですと逃げてばかりもいられない年齢であり、お立場だと思いますが。

  2.  先ほど取り上げて頂いたことに気づきました。とても好意的にご紹介いただいてありがたいです。とりあえず御礼まで。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑