Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

臨床心理士としての俺はいつまでぺーぺーなのか?

公開日: : 臨床心理学 , ,

10/03/26のエントリ、高橋哲郎・野島一彦・権 成鉉・太田裕一編『力動的集団精神療法 ―精神科慢性疾患へのアプローチ』にこんなコメントいただきました。

れな 10-03-26 (金) 13:36

ふと思ったのですが、ロテさんはいつまでご自分のことを「ペーペー」とおっしゃるつもりですか?
拝察するに不惑前後の年齢かと思いますが、謙遜は置いといてもそろそろぺーぺーですと逃げてばかりもいられない年齢であり、お立場だと思いますが。

コメントありがとうございます>れなさん

考えてみたら、臨床歴の長さだけなら既にそこそこなんですよね。精神科臨床に携わってから…うわ、数えてみて驚いた。もう10年以上経ってんじゃん。で、個人面接のイニシャルケースから数えると…あれですよ。(これはもう既に何度も書いてますが)ダメダメ院生だったので、イニシャルケース担当するの遅かったんですよね(当時のSVのその判断は正しかったと思います)。大学院の3年目くらいの時からで…それでもやっぱ10年くらい?

うん。そこそこの長さです。

いや。でもねー…


やっぱりまだまだぺーぺー感が抜けないのです。だって、まだまだ全然勉強足りないと思うし。

いただいたコメントにも「拝察するに不惑前後の年齢かと思いますが」とあるように、確かにそろそろ「アラフォー」(今、大流行の言葉を使ってみた)と呼ばれる時期にさしかかりつつあるわけですが、ホント、まだまだ勉強不足ですよ。そして知りたいこともたくさんあるし。

つか「不惑」を超えたからって、「惑わず」に臨床実践に携わることができる人っているんですかね?もちろん、熟練だったり慣れだったりってことはあるんでしょうけれども、臨床実践で惑わなくなったら終わりというか、つまんなくなっちゃうんじゃないかなあ…。だからこそ、それなりのキャリアを持つ人だってスーパーヴァイズを受けたり、分析系の人だったら教育分析を受けたりするわけでしょ?拠って立つ理論的背景によっては違うのかな?

個人的には「臨床の中で全く惑うことはありません!」(キリッ)なんて言う人のことは、あんまり信用できない感じがするんですけどね。

も一つ。コメントの「謙遜は置いといてもそろそろぺーぺーですと逃げてばかりもいられない」という部分についてですが、ワタクシ、何かから「逃げて」ますかね?自分の臨床能力の未熟さは自分の勉強不足に起因するものであり、別にキャリアの長さの問題ではないと思っているつもりですが…。ついでに勉強不足からこそ、既に述べたように勉強しなきゃいけないと思ってるんですけどね…それでも「逃げて」ますかね?

そんな風に考えていくと、多分、ワタクシは5年後くらいにもまだ「ぺーぺー」を自称しているような気がします(ウソだったらごめん)。それでも今よりは臨床家としての能力が少しでも向上していればいいなあと思いますし、そのためには他力本願ではいかんよなあとも思いますよ。

ちなみに、リンク先の過去ログで話題になっている集団精神療法についてですが、地域でやっている勉強会に定期的に参加するようになってから5年くらい。臨床実践の中でグループに携わり始めてから3年くらいなので、これはもう間違いなく「ぺーぺー」だと思うわけなのですが。

そんなぺーぺーのワタクシなので、今日もお仕事がんばりたいと思います。何か思うところがあった方はコメントなどいただけるとありがたいでございます。

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 実力のある人ほど控え目ですよね。森田正馬なんか自分のことを「低能」と言ってますよ。ただ「ぺーぺー」という言葉の印象が非常にビギナーっぽいのが問題なのかもしれませんね。私は気にしませんが。

  2. >あおたけさん

    コメントありがとうございます。

    > 実力のある人ほど控え目ですよね。

    なんかそう言われてしまうと、私があたかも臨床実践の実力のある人のように思われてしまいそうですが、そんなことはなく基本的には自信がないです。周囲に優秀な人がたくさんいるし。というか、後輩とかでも(私から見て)実力があると思えてしまう人が多いから…という感じでしょうか。

    > ただ「ぺーぺー」という言葉の印象が非常にビギナーっぽい

    あー。確かに。

    別のところでいただいた意見で「下に部下がついたりすると、自分は中堅だと思えるんじゃないか」というのがありました。その辺はなんとなく納得だし、そういう意味ではやはりぺーぺー感が払拭できません。

    同僚の医師は若い人がどんどん入ってくるんですが、やっぱ違いますからね。

  3. 周囲の優秀さや後輩の実力ある部分を見てとって、我が身を振り返ることも大事だけれど(謙虚にぺーぺーだと思っていることも大事だけれど)、ロテ職人さんくらいの経験を積んできたのであれば、ぺーぺーじゃあ言えないような、後輩も含めた周囲のダメさ加減をしっかり見て取ってしっかり指導するような姿勢も見せないでいると、人によっては“逃げ”に見えてしまうんじゃないでしょうか(私もれなさん的なことを、ちょっと感じました)。

    先輩風吹かせて、というか、指導者面して偉そうなことを言うのは、ぺーぺー面して他人の問題点を批判しているより、かなり周囲からの視線も厳しいものになりそうだけど(的外れな批判も含めて)、いつまでもぺーぺーとしての立場から発言していたのでは得られない、臨床家としてもワークスルーしとかないといけない段階なんじゃないか、とも思えます。書いてて適当に思いついたんですがw

    (指導者面が上手くいきすぎて教祖的存在にならないとも限らない、ってところが、また面白そうでもあるw)

  4. こんにちわ。

    ぺーぺー、という言葉の意味自体がわかりづらいですよね。

    責任がない、という意味になるのか、収入がないというのか?

    どーでしょう?


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑