Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

日本臨床心理士養成大学院協議会理事会による一資格一法案に対する反対声明について

既に各所で話題になっておりますが、日本臨床心理士養成大学院協議会(以下 臨大協)の理事会が、臨床心理職国家資格推進連絡協議会、医療心理師国家資格制度推進協議会、日本心理学諸学会連合の3団体を中心に現在検討されている、一資格一法案での臨床心理職の国資格化に対し反対の旨の声明を出しております。

日本臨床心理士養成大学院協議会

反対声明(pdf)

臨大協見解(pdf)

まあなんと言いますか、「ひどい内容」の一言につきますわな。

つなでさんの臨床心理職能メモの昨日のエントリ、事実と食い違うのでは?では、その見解における2点の事実誤認について指摘されております。簡単に2点をまとめると

1.
臨大協の言うところの「3団体」とは日本臨床心理士会、日本心理学諸学会連合、臨床心理職国家資格推進連絡協議会であるが、実際は臨床心理職国家資格推進連絡協議会、医療心理師国家資格制度推進協議会、日本心理学諸学会連合であること

2.

仮にこれが臨床心理職の国家資格化としての一資格一法案の内容についての要望であるとするならば、初めて学部教育に踏み込んでいることになる。

とあるが、二資格一法案の時点で既に「臨床心理士」の受験資格の中に

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)において主務大臣の指定する臨床心理学等に関する科目を修め、かつ、同法に基づく大学院において主務大臣の指定する臨床心理学等に関する科目を修め、当該大学院の修士課程(博士課程のうち、修士課程として取り扱われる課程を含む。)、博士課程(修士課程として取り扱われる課程を除く。)又は専門職学位課程(同法第65条第2項の専門職大学院の課程をいう。)を修了したもの

一般社団法人 日本臨床心理士会お知らせ・提言資料集国家資格関連情報『臨床心理士及び医療心理師法案要綱骨子(案)』(pdf)より

との言及がなされており、「初めて」ではない

ということだそうで。詳しくはつなでさんのブログ記事をどうぞ。

あと、はらぶろ裕’s Object Relational Worldでも言及されております。

はらぶろ 悲しいけど、これ戦争なのよね(スレッガー中尉)はらぶろ

日本臨床心理士会は当事者団体だってさ裕’s Object Relational World

その他、twitterでもちらほらと関連ツイートが。

皆様、基本的にごもっともなご意見であり、ワタクシも基本的に同意いたします。

そしてワタクシが上記リンク先の声明で一番気になった点(そして、声明の肝となるであろう点)は以下。

反対声明のタイトルは「「臨床心理職の国家資格化の動向」に関する日本臨床心理士養成大学院協議会の見解」とありますが、すぐ下の「理 由 及 び 解 説」にはこう書かれております。

1. 一資格一法案は、「臨床心理士」の国家資格化を推進する不可欠な法案とは言えない。

わかりますよね?

3団体は「『臨床心理職』の国家資格化」について議論しているわけですが、ここで臨大協は「『臨床心理士』の国家資格化」に話をすり替えているわけです。そして以下、終始「『臨床心理士』の国家資格化」の話をしています。

「臨床心理士」の国家資格化に向けて協議を重ねながら、臨床心理士有資格者の理解を得、2005年、大きな力を結集して実現の可能性が具体化したものが「臨床心理士及び医療心理師法案要綱骨子案(「二資格一法案」)」であった。

すでに、一資格一法案の検討に入ること自体、「臨床心理士」の国家資格化を放棄したと認識されても当然であるにも関わらず、「二資格一法案」をベースとする、「臨床心理士の理念を大切にする」と述べることは、臨床心理士有資格者に対する背信行為とも言えるのではないか

日本臨士会は現在の方針から「臨床心理士の国家資格化」という方針に立ち帰り、粉骨砕身の努力を傾注すべきである。

…えーと、日本心理臨床学会資格検討WG報告:「国家資格問題Q&A」のお知らせ(会員限定…ちなみにこれ一般公開すればいいのに。一般公開できない理由は何なんでしょう?)で既にこの辺は触れられてますよ。

Q4 臨床心理士がそのまま国家資格になるのではないのでしょうか?
A4 過去に民間資格がそのまま国家資格になった前例はありません。二資格一法案では、経過措置に関して、資料1の条文となっております。
すなわち、経過措置期間における試験内容の一部免除などの措置は、二資格一法案でも設けられることになっており、今回も同様の検討はありえますが、一部免除が可能か否かは現段階では不確かな状況です。

Q5 「臨床」という名称を大切にするために生じる国資格化の課題は何でしょうか?会員としてはよく分からないので是非を判断できる資料がほしいのですが。
A5 「臨床」という名称をつけることに、さまざまな理由から難色を示す人達がいました。国家資格は広く、外部の人達との合意なしには進められない状況です。2005年7月、二資格一法案が上程できなかった理由の一つとして、医療団体からの二資格一法案への反対声明がありました。そのなかに、名称に関する反対も含まれていました。しかし、あれから5年が経過していますので、関連団体と密に情報交換を継続する必要があります。

なんと言いますか、臨大協の認識は2~3年くらい前で止まってるんじゃない?って感じですよ。

ついでに

 4基本方針の2 )については次項以降に解説するが、3 )について、「臨床心理士の理念を大切にする」とはいったいどのような内容を含んだ記述なのか。この点も不明なままに議決がなされており、問題である。すでに、一資格一法案の検討に入ること自体、「臨床心理士」の国家資格化を放棄したと認識されても当然であるにも関わらず、「二資格一法案」をベースとする、「臨床心理士の理念を大切にする」と述べることは、臨床心理士有資格者に対する背信行為とも言えるのではないか。
 この議決が行われたとき、11の都道府県臨床心理士会から要望・意見・疑問点等が書面で出され、加えて少数の個人から意見が書面で出されている。また、複数の理事からも反対発言が出されている。このような一資格一法案の検討に慎重・反対の意見があるなかで、議決内容が賛成58名、反対6名(内、4名は理事)、白票8名、欠席・途中退席4名の圧倒的多数の賛成であったことは、一資格一法案が含みもつ内容を都道府県臨士会代議員が十分に理解していなかったためであると考えざるを得ない。これは、代議員の問題意識の弱さに帰されることではなく、日本臨士会、日心連、推進連の3団体が水面下で協議を重ねており、その内容が臨床心理士有資格者個人及び都道府県臨床心理士会に理解されていなかったためである。その後、日本心臨学会は2009年10月12日に資格問題に関する緊急理事会を開催し「二資格一法案をベースにして、一資格一法案の検討を進める」との採決動議を否決している。
 このように、日本臨士会は、臨床心理士有資格者個人及び当事者団体にとってその内容を十分に周知されないままに、拙速に一資格一法案の検討に入る議決を行ったものであり、その姿勢は断じて容認できるものではない。

引用長くてすみません。

「圧倒的多数の賛成であったことは、一資格一法案が含みもつ内容を都道府県臨士会代議員が十分に理解していなかったためであると考えざるを得ない」「日本臨士会、日心連、推進連の3団体が水面下で協議を重ねており、その内容が臨床心理士有資格者個人及び都道府県臨床心理士会に理解されていなかったためである」とありますが、基本的に関連情報は(若干のタイムラグはあるものの)各所で公開されてますよね?それは「水面下」とは言わないでしょう。

で、代議員の理解が足りなかったとしたらそんな代議員を選んだ各都道府県臨士会の会員個々の責任でしょうし、議決内容に対して異議を唱えることはできないんじゃないでしょうか?それって間接民主主義、代議制の否定でしょ?

少なくともこの声明に対する好意的な意見というのはネット上では見られないわけですが、諸手を挙げて賛成の人はいるんでしょうかね?

…あー、でもこの辺の人とかは賛成なのかもね。4月以降の更新はないようですが…。

開業臨床心理士のコラージュ療法&雑学日記:So-netブログ

もうね、なんと言ったらいいか…噴飯ものの「声明」でしたとさ。身内で足の引っ張り合いをしてもしかたないでしょうに…なんでもっと建設的な議論ができないものでしょうかねえ?

と他人事のようにしめてみる。

関連記事

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(炎上しやすい)気がするのでアレ

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

新着記事

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(...

記事を読む

cotreeトップ

オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、...

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ...

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

コメント/トラックバック (8件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さん

    まったくロテ職人さんが書いてくださった通りだと思います。

    臨大協見解は、昨日私がブログで取り上げた以外にも、さまざまな事実誤認を含んでいます。作成した人が、本当にこの5年間の国家資格化の動向に関するさまざまな公開情報に目を通したのかどうかも疑問です。

    なぜ「2資格1法案」の上程が流れたのか。それを踏まえて、どうしたら国家資格が作れるのか。臨大協見解には「代案」がありません。

    何より、ロテ職人さんがおっしゃる通り、民主的に選挙や代議員会で手順を踏んでいる日本臨床心理士会に対して、臨大協の手続きのあり方はどうなのかという点も、大きい問題点だと考えています。

  2. この問題に関して言えば、最も実弾(現金)を持っているところが強いんじゃないかと思いますw

  3. まあ,臨大協としては意地でも臨床心理士をそのまま国家資格にしなければ,文部科学省とグルになって資格詐欺を働いたに等しい結果になってしまいますからね。
    無理でも何でも臨床心理士資格をそのまま国家資格にしない限り、いかなる資格にも永遠に反対と言いつのるしかないでしょう。
    まあ,民間資格の取得を目的とした養成課程を大学につくること自体無理だったと思いますし,これに乗った大学も今になれば気の毒とは言え,自己責任を問われないわけにはいかないでしょう。
    落としどころとしては,1資格1法案で国家資格を作り,臨床心理士有資格者は受験の際にいささか遊離に取り扱われるという点以外に見出しようがないと思うんですが…

  4. >つなでさん

    コメントありがとうございます。

    > 作成した人が、本当にこの5年間の国家資格化の
    > 動向に関するさまざまな公開情報に目を通したのかどうかも
    > 疑問です。

    なんかネットでもたまに「(国家資格化に関する)情報が少ない!」という記述を目にしたりするんですが、そういう人は一体何を見てるんでしょうかね?

    単に自分の情報収集能力の無さを露呈しているだけのように思えてならないわけですが。

    もちろん「水面下」で行われていることはあるでしょうけれども、それにしても勉強不足としか思えない人もいたりいなかったり。

    > なぜ「2資格1法案」の上程が流れたのか。
    > それを踏まえて、どうしたら国家資格が作れるのか。
    > 臨大協見解には「代案」がありません。

    「代案」なんて出せないでしょう。だからこそ、こんなめちゃくちゃな論旨になるのでしょうし。

    > 民主的に選挙や代議員会で手順を踏んでいる
    > 日本臨床心理士会に対して、臨大協の手続きのあり方は
    > どうなのかという点も、大きい問題点だと考えています。

    どちらが「水面下」なのかって話ですよね。

  5. >すちゃらかCPさん

    コメントありがとうございます。

    > この問題に関して言えば、最も実弾(現金)を持っているところが
    > 強いんじゃないかと思いますw

    この問題に限定しなくとも、基本的に政治ってのは実弾をどれだけ持っているかでほとんど決まっちゃうでしょう。

    それを踏まえた上で一番実弾を持っているのはどこの団体ってことになるんでしょうかね?

  6. >riekさん

    コメントありがとうございます。

    > 臨大協としては意地でも臨床心理士を
    > そのまま国家資格にしなければ,文部科学省とグルになって
    > 資格詐欺を働いたに等しい結果になってしまいますからね。

    これはつまり、「臨床心理士はそのまま国家資格になる」と言明言していた人がいて、それを信じて臨床心理士資格をとった人がいたということですよね?

    「臨床心理士はそのまま国家資格になる」と言う方も言う方ですが、ぶっちゃけ、それを信じる方もどうかしてると思うのですが…

    で、そういうのを信じた人ってのはどの世代の人たちなんでしょうか?あるいは世代ではなく、地域とか大学レベルでの話なんでしょうか?

    少なくとも私の周りでは現行の臨床心理士がそのまま国家資格にスライドするなんて信じてた人はいないんですが…。

    騙す方が当然悪いのは当然ですが、騙される方も見通しが甘すぎるとしか私には思えません。

  7. >騙す方が当然悪いのは当然ですが、騙される方も見通しが甘すぎるとしか私には思えません。

    例えば昔,「臨床心理士になりたい人のためのサイト」というサイトがあって,これから心理職になりたいと思う若い方がお見えになったんですよね。
    こういう人々にとって,臨床チックな肩書きのある方は雲の上の存在で,なかなか疑えませんよ。
    確かにこういう方々に何の問題もなかったとは言いませんけどねえ…

  8. >riekさん

    > こういう人々にとって,臨床チックな肩書きのある方は
    > 雲の上の存在で,なかなか疑えませんよ。

    いや、それ以前に「臨床心理士はそのまま国家資格になる」って「断言」「公言」してた人がいたのかってことが問題なわけで。

    もしそういう人がいたとしたら、まず元凶はその人でしょ。

    それが誰なのかはとりあえず明らかにしておくべきなのではないかと。

    その後は個人的には「騙される奴が頭が悪い」ってことでいいような気がします。あくまでも個人的には。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
公認心理師の資格取得方法について
現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(

cotreeトップ
オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、

リハビリ
リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。

疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

→もっと見る

PAGE TOP ↑