Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

ぼくのかんがえたりそうのでんししょせき

公開日: : その他 ,

先日、ちょっと書店業界関係者と話す機会がありまして、恐らく書籍が紙から電子媒体に本格的に移行するのにあと4年…みたいなことを聞きました。紙媒体が完全になくなることはないだろうけれども、当然、色々対応策を考えていかねばならないってなことをおっしゃっておりましたよ。

確かにiPadはなかなか衝撃的ですし(そういや、まだ実機を触ったことないなぁ…)、AmazonさんのKindleなんかも日本語版の発売が待たれるところですよね。

iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books) iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)
西田 宗千佳

エンターブレイン 2010-03-12
売り上げランキング : 1576
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

で、自分の周りの本が電子媒体に移行したらどんな感じになるのか?そして、それを踏まえた上で理想の電子書籍ってどんなだ?みたいなことをちょこっと夢想してみましたので書いてみるという次第であります。

…の前に、ちょっと前に大学院生の後輩とちょっと話してて、お互いに「最近、本を1冊読み切るってことはあんまないよなぁ」みたいな会話をしました。そもそもなかなか小説なんかを読む機会もないですし、基本は専門書なんですが、それも「必要な箇所を読む」って感じなんですよね。主に引用文献として使うために。

ここ最近、専門書でじっくり読んでるのなんて、この本くらいのものです。

集中講義・精神分析 下 フロイト以後 集中講義・精神分析 下 フロイト以後
藤山 直樹

岩崎学術出版社 2010-06
売り上げランキング : 3508

Amazonで詳しく見る by G-Tools

…なんて宣伝はともかく、とりあえず専門書の使い方なんでそんな感じなんじゃないかな、と。そんな感じで考えると、電子書籍ってやはり検索機能は重要だと思うわけですよね。正直、索引のついてない専門書はイライラするです。

あとはですね、引用文献のページからリンクが張ってあって、元論文とかをそのままオンラインでダウンロードできたりすると最高です。あるいは、書籍だったらAmazonなりiTunesなりへのリンクが張ってあってすぐに購入できちゃうとか…で、ふと思ったんだけど、それをアフィリエイトリンクにしておくとか面白いかも。そのアフィリエイト収入が誰に入るのかはまた色んな問題があるとは思いますが。少なくともこの点については、技術的には現時点でも余裕で実装可能ですわな。

その他にはそんなに望むことはないんですが、とりあえず最低条件としてサクサクとして使いやすいインターフェースですかね。論文とか書く場合には大量の引用文献に埋もれながら…ってことはよくありますが、そんな場合に紙媒体よりも仕事がはかどるようなくらい使いやすいインターフェースであってほしいです。

「強力で使いやすい検索機能」「引用文献から元文献への直リンク」「使いやすいインターフェース」、この3つの条件さえそろえば、明日にも紙媒体からの完全移行を目指したいと思うわけなのですが、ワタクシ的には当分は様子見ですかね。先立つものもアレですし。

あ、あとは先日本を読みながらラーメン屋でラーメン食ってて思ったんですが、これ、電子書籍だったら難しいなと思ったです。その手のデバイスにラーメン汁が飛んだりしたら嫌ですから。そんなわけで紙媒体が無くなることは絶対にないと思います。ないと思いますが、個人的に困るのはラーメン食べる時くらいってのがアレですわな。

そんな感じなんですが、皆さんはいかがでしょうかね?

関連記事

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会

【告知】日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会7/29〜31@東洋英和女学院大学【生存報告】

前回の更新が4/27ということで、20日以上ぶりの更新となります。皆様いかがお過ごしでしょう

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

新着記事

cotreeトップ

オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、...

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ...

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 遠見書房主です。

    面白い記事,読ませてもらいました。

    「強力で使いやすい検索機能」

    電子書籍は,基本,PDFベースが多くなると思うので,テキスト・ベースの検索はバッチリできると思います。フォント情報もありますから,「ゴチック体を検索」なんてことも(やろうと思えば)可能でしょう。
    これはソフト上の機能で対応できると思います。

    ただ,日本語特有の「ズ」と「ヅ」とか,「ブ」と「ヴ」とか,英語を日本語表記したときの差異とか(たとえば,クライエントとクライアント),そのあたりについては,対応が難しそうです。

    索引ページ作らなくていいのなら,編集者としてはラクかも。

    「使いやすいインターフェース」
    これはソフト上というよりも,ハードの問題っすね。結局,キーボードとかほしくなりそうで,PCもって歩け,という話になりそうですが。

    ハード上の問題なら,防水とか坊油とかにすれば,ラーメン食いながらでも,風呂入りながらでもOKじゃないでしょうか。

    あと,バックライトですかね。暗いところ,明るいところで,疲れず読めるのか,って感じもします。

    「引用文献から元文献への直リンク」

    で,これが難しい。これは,ソフトでもハードでもなく,出版サイドの作業になります。リンクタグを埋め込むわけですが,すげえ,メンドクさそう。やったことないですけれども,想像するだに。

    ただ,紙媒体=電子媒体と考えるからいけないのであって,電子媒体だけのレイアウトを考えると,もう,巻末の文献一覧なんていう方式はやめにして,ページ数増えても問題ないので,全部,文献表記は,脚注にしちゃえばいいのかもしれません。ま,それもメンドクさそうですが…。

    ちなみに,アフィリエイトリンクは,小社の電子媒体には,貼ってあったりします。私が考え付くくらいなんで,もう貼っているンじゃないですかね。

    長文,失礼しました。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
cotreeトップ
オンラインカウンセリングサービスのcotree(コトリー)さんが学生向けサービスを京都大学でパイロット導入 @cotree_official

本当は公認心理師がらみで色々と書きたいこともあったりしますが、

リハビリ
リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。

疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

→もっと見る

PAGE TOP ↑