北山修『最後の授業――心をみる人たちへ』

これ出てたんですね。

最後の授業――心をみる人たちへ 最後の授業――心をみる人たちへ
北山 修

みすず書房 2010-07-22
売り上げランキング : 390
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このマス・コミュニケーションの時代に、私たちは一人の、パーソナルな心を取り扱う専門家であることを強く意識して、仕事をまっとうしたい、まっとうしてほしいと思う。――毎年、心の問題に関心を寄せ授業に訪れる新しい学生たちに向けて、著者は繰り返しこの本質的な心構えを伝えてきた。ここには、精神科医であり、かつてミュージシャンとしてマスコミを深く体験した著者の特別な思いがこめられている。

インターネットや映像メディアの発達によって、劇場的なコミュニケーションがますます高度化する一方で、私たちは、その裏側にある見えないもの、見せられないもの、見にくいものについて、そして心の裏や傷つき、死について、想い考える時間・空間を失いつつあるのではないか、そう著者は問いかけつづけてきたのだ。

2010年春の九州大学退官を前に、学生たちに向けて行った「最後の授業 テレビのための精神分析入門」と「最終講義 〈私〉の精神分析」ほかを収録。二者間の内的交流を重視する対象関係論の論者として、『古事記』や「鶴の恩返し」などの神話や昔話に紡がれた男と女、母親と子ども、そして日本人の「心の台本」を読み取ってゆく。

連想と「置き換え」にあふれる冒険的な授業からは、“人生について共に考え、自分の物語に自ら意味を与えて生きてゆこう”と謳う著者の声が聞こえてくるようだ。

ということで、NHK教育で7月26日(月)‐29日(木)に放送された「北山修 最後の授業」の内容が収録された本です。

番組も視よう視ようと思っていて、結局見逃してしまった…という私と同じような方にはお勧めかもです。

備忘録的に、と。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑