Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

昨日の精神分析学会会場で欲しいと思った本その2

公開日: : 心理・精神医学本

本日も学会はやってるわけなんですが、ワタクシはあまりに疲れたのでサクッと帰ってきましたとさ。

とりあえず以前もご紹介したこちら。

最後の授業――心をみる人たちへ 最後の授業――心をみる人たちへ
北山 修

みすず書房 2010-07-22
売り上げランキング : 5275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

〈心〉の時空に想いをこらし、患者と傷つきや罪悪感を共に見つめてきた精神分析家として、〈心〉をみる、診る、看る知恵と技術を伝えたい――。

2010年春の九州大学退官を前に、主に臨床心理学を学ぶ学生たちに向けて行った「最後の授業 テレビのための精神分析入門」と「最終講義 〈私〉の精神分析」ほかを収録。

ミュージシャンとしての体験をもとに観察し、考えつづけてきたマスコミ観、コミュニケーション観、そして精神分析の視点から『古事記』や「鶴の恩返し」などの日本の神話や昔話を読み取ることで洞察を深めてきた日本人の「心の台本」について、これまでの道のりをまじえ語りつくした。

連想と「置き換え」にあふれるユニークで情熱的な授業を語り言葉のままに収録。ライブ感に満ちた“北山修的冒険”の時間を味わってください。

NHK教育で放送予定の「北山修 最後の授業」(全4回)の授業内容をすべて収録。

何がすごいって、7月に出てもう5刷ってのがすごくないっすか?売れてるってことですわな。

・・・・・・・・・・

分析実践の進展 分析実践の進展
松木 邦裕

創元社 2010-04-14
売り上げランキング : 217285

Amazonで詳しく見る by G-Tools

精神分析という技法は、どうしても“処世術”ではまかないきれない人生の“生き難さ”に私たちが出会ったとき、その発動が要請される。そうして私たちと臨床家がふたりの旅人として探求の道に出てから先の、昏い足元を照らす灯火として、本書は、先達による知恵の蓄積と自らの臨床エッセンスをふんだんに盛り込む。「この道一筋」の著者ならではの実践論考を精選して、これからの進展に寄与すべく組み上げられた、珠玉の14篇!

これもわりと以前に出てたはずなのに気づいてなかったです。

論文集です。

つか、最近ものすごいペースで松木本出てる感じじゃないすか?

とりあえずこの2冊。まだ全部網羅したわけではないので明日も続きますです。はい。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑