Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

日本臨床心理学会編『幻聴の世界―ヒアリング・ヴォイシズ』

公開日: : 心理・精神医学本

先日、書店で見つけて気になった本がこちら。

幻聴の世界―ヒアリング・ヴォイシズ 幻聴の世界―ヒアリング・ヴォイシズ
日本臨床心理学会

中央法規出版 2010-10
売り上げランキング : 124900

Amazonで詳しく見る by G-Tools

音源が分からないのに、音や声が聞こえる現象。幻聴は、社会の医療化のなかで生み出されたもので、本質的に障害ではない。とはいえ、生活に支障をきたすことも多く、障害といえなくもない。従来の医学では薬物療法で対処してきた幻聴を、ヒアリング・ヴォイシズでは体験を重視し、自己と他者の関係性を探求することで、人生をプラスに転じていこうとする。神託か空耳か、疾病か聴声か。誰にも聞こえない声が聞こえる―その本質を探る。

白い表紙がまぶしいです。

「日本臨床心理学会編」です。「しんりん」こと「心理臨床学会」ではないです。臨床心理学会のセールスポイント(?)の一つは「当事者にも開かれた学会」であることだと思いますが(違ったらごめんなさい>関係者各位)、その辺をふまえてこの本も専門書でありつつ、専門家以外の「当事者」にも読みやすい本となっております。

ワタクシ的には最近の脳神経科学の動向を踏まえた幻聴研究の解説と、幻聴に対する認知行動療法的アプローチ(確かそうだったと思う…ちゃんと読んでないので間違ってたらごめんなさいです)についてのところが面白そうな感じでした。

つか、デイケアとか単科精神科にいると患者・メンバーからの「幻聴ばなし」ってのはたまに聴きましたが、最近この手の話ってあんま聞かないんですよねえ。患者の「体験」を重視し、その幻聴もプラスに活用していこうというのはなかなか興味深いです。

というわけで、精神科臨床の原点みたいなもののエッセンスが詰まっているのではないかと思われるこちらの本。ちょっと機会がありましたら読んでみたいと思った次第であります。

残念なのは、Amazonさんだと結構届くのに時間かかりそうってことですかね。

楽天ブックスでは在庫ありです。




幻聴の世界(楽天ブックス)

皆様もよかったらどぞー。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑